ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

今日は

 バレンタインデー。

 学生のコロも今もとんと縁が無かったワタシには、別にどーでもいい日であります。

 が、この前の日曜日。

 家のふたりの子供たちはキャーキャー言いながらチョコレートを作っており、何でも友達にあげるそうです。

 「友達? 好きな男の子にあげるんじゃないの?」

 「違うヨ。○▲ちゃんと◇○ちゃんと▽■ちゃんにあげるんだヨ。 友チョコ だから」

 「友チョコ…?」

 要するに女の子が、仲のいい女の子の友達にあげるのを 友チョコ というんだそうで、本来の主旨からはどんどん離れていきますが、まぁもともと根拠のある日でもないワケだし、それはそれで微笑ましいのではないかと、納得しました(笑)

 「でもさー 好きな男の子にはあげないワケ?」

 「ママがあげちゃダメ! だって」

 ( ・ω・)…?



 で、女房に聞いてみました。

 「ネェ、何で好きな男の子にあげちゃいけないの?」

 「だってあの子の好きな子のお母さんと、PTAで一緒なんだモン。何かあって気まずい思いしちゃイヤじゃん」

 「あ、あのさー… 別に子供のやるコトなんだから、そんな変なコトにはならないんじゃないの? 第一、子供同士のつきあいに、大人がそうやって自分の都合でクチ挟むのは どーなんだ?」

 「ウルサイ。アンタは黙ってなさい」

 「ハ、ハヒ…」

 (笑)



 キッチンでは相変わらず子供たちがキャーキャー言いながらチョコレートを作っておる。

 「でもさー 男子ってホントにバカだよネ」

 「そうそう!」

 「ダレもアンタにチョコなんかあげないのにさー なんかそわそわしちゃって、わざとひとりになったりしてさー♪」

 「えー おねえちゃんのクラスもそうなのぉ? わたしのトコなんか、一週間ぐらい前から変にカッコつけちゃってさー 普段はサッカーとかやんない子が、いきなりサッカーしたりしてんだヨ!

 「見え見えだよネェ~♪♪」

 (姉妹ふたりで) 「ギャハハハハハハ!」



(泣)

 こ、これが5年生と2年生の会話だろうか… もしかして育て方を間違ったのではないかと、心配になったその時、上の子が、

 「ネェ~ パパぁ パパも子供の時は、 変にカッコつけたり、いきなりサッカーとか やってたの?」

 「べべべ、別にぃ~ そんなコトするワケないじゃん。普段通りにしてたヨ」

 「ふ~ん… じゃぁ チョコなんて1個ももらえなかったんだネ! かわいそうだから、コレあげる! はい、 余ったヤツ 」

(泣)



 横で女房が大笑い(笑) オマエハ笑エル立場ナノカ…?(笑)



 ちょっぴりほろ苦いチョコレートを味わった日曜日の午後であった。