ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

巻き爪 Returns Part2

というワケで、今日こそは爪を切るのだ! との誓いを胸に抱き、家路についたワタシですが、帰宅途中、子供から携帯に電話がかかってきました。

「パパァ~ 今日、何時頃帰ってくるの?」

「今、○▽駅だからもうちょっとで帰るヨ」

「ママがいないから、早く帰ってきてネ」



( ・ω・)ママイナイノ?



ドコ行ッチャッタノ…?



家出?



(笑)



と、まったく全然違う方向で話しがおもしろくなるような事態ではまるでなく(笑)、そう言えば町内会の打ち合わせがあるとかって言ってたっけ。



でも、これはナイスタイミングであります。

女房がいないこのすきに、爪を切ろう。

アイツに見つかった日にゃぁ



「だから早く病院行きなさい、って何度も言ったでしょ!」



と正論で責めたてられるので、実際返す言葉がない(笑)



んでさっそくフロ入り、メシもそこそこに再び爪切りに挑戦。



まずは普通のタイプの爪切り。

てんでダメ。

とにかく爪が食い込んでるんで、爪切りの刃の間に爪が入らないんですよネ…

子細に観察してみると、食い込んでる部分は、ななな なんか赤紫色っつうか、そんな色になってきちゃってて、見るからに恐ろしい… (怖)

そのうち、目とかクチとか生えてきちゃって、話しかけてきそうな雰囲気 ヾ(^^;人面瘡カヨ



次の手段

この前買った世界の田宮模型謹製のプラモデル用精密ニッパー(笑)

でもなー これまだ使ってないしなー せっかく買ったプラモデル用ニッパーのデビューが 「巻き爪治療」 じゃ、ちょっとかわいそうな気も…(笑)



で、ごそごそと引き出しを漁っていたら、すんばらしいモンがありました。





(笑)


画像は適当にネットから拾ってきたヤツなんですが、とにかくこういうヤツ。

いつの間にこんなモンが…(笑)

確かによく切れそうだが…

でも、なんかちょっとコワイ…(笑)



で、さらに爪を子細に観察してみたところ、おもしろいコトに気が付きました。

ちょっと説明しにくいんですが、食い込んでるとばっかり思っていた親指の爪ですが、それは右半分の部分で、左半分は爪の下の皮膚の部分から、浮き上がってる感じです。

何でこういうコトになったのか、まぁオレは爪じゃないんで ヾ(^^; 彼女の気持ちはわかりませんが、とにかくそんなんで隙間があります。

そこにニッパー爪切りの先端を挿入してみたところ…



ジャストフィット


(笑)



爪の脇からニッパーの鋭い切っ先を入れて、それで食い込んでる部分をカットするワケですネ。

まぁそれはそれで痛かったんだけど、今となってはそれしか方法がないワケで。



で、その時に痛感したコト。



突き出た腹がじゃまで、爪がよく見えない



(爆)



じっくりと観察しようとしたら、何かヨガのポーズみたいになっちゃって、股関節が悲鳴あげたし(笑)



ニッパー爪切りを握り、格闘するコト 10 分。



食い込んだ先端部分は見事にカットされ、赤紫色になっていた皮膚が破れ、鮮血とか、とてもココでは書けないような白っぽい液体とかも少なからず噴出したワケですが(恐)、とにかくミッション完了。



ハァハァ…



で、しゅこしゅことマキロン吹きつけ、そ知らぬ顔で雑酒飲み始めたところで女房が帰ってきました。



ナイスタイミング(笑)


というワケで、意外とあっさり解決した今回の 巻き爪 Returns  ですが、なぁ~に、伸びたら伸びたで、そん時ゃそん時っすヨ。

何せオレの座右の銘は 「結果オーライ」 だから(笑)