ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

朝飯

相変わらず 「バイオハザード三昧」 の人の道をはずれた爛れた生活を送っちょるワケですが(笑)

最初のころこそ何回も殺しちまったジルちゃんも、最近では滅多なコトでは死ななくなりまして、グレネードガンやらそれで使う火炎弾、硫酸弾などの非人道的装備も着々と進み(笑)、ビューティフル・キラー・マシンと化しつつあるという(笑)



なのでこのブログの TOP 画像もジルちゃんにしてみました(爆)

まぁこれは 「ゲームキューブバイオハザード」 のキャプチャー画像なので、 DS-Lite のそれではないんですけどネ。

nextゲームキューブ版バイオハザード これもスゴイことになっちょりまして、この前行ったヤマダ電機で 「現品限り 8,000 円!」 とかってあったんで、思わず手が延びましたが、なぜか 「三国志」 を買っちまったというワケわからなさ(笑)



と近況報告はコレぐらいにしといて ヾ(^^;報告シナクテモイイデス

今日の本題は 「朝飯」 (笑)



たいていの皆さんは朝飯食べてくると思うんですが、ワタシは食べません。

いや、 「食べられません」



会社が遠いんで、朝早いからネ。

だいたい 5 時過ぎに起きて 6 時前に家出るワケだから、顔洗って着替えてっつうのが精一杯。

とても朝飯なんて喰ってる時間はありません(泣)



酒飲みでタバコ吸って、熱くて辛くてしょっぱくて油っこいのが好きという短命路線まっしぐらのワタシですが、それでも今のところは健康体(除・体型・爆)なので、前日に深酒したとか、そんなんでもない限りやっぱり腹は減るワケです。

特に真冬の寒い朝なんかは、途中駅の立ち食いソバにふらふらと吸い寄せられるコトもしばしば。

あるいは朝マックとか。



ホントは家でしっかりと朝飯喰ってきたいんですよネ。

もしかしたら、一日のうちで最も食欲があるのは朝かも知れない。



朝飯喰うなら、これはもう 「ご飯」 です。

いや、別にパンでもいいんですケド、どうせ喰うなら 「米」 がいい。



というワケで、ワタシの 「理想の朝飯」



ご飯
-----
炊きたてが望ましいですが、昨日のご飯でも全然オッケー。

ただ 「冷蔵庫のご飯をレンジでチン」 はカンベンしてほしい(笑)



みそ汁
-----
豆腐と油揚げがワタシにとってのベストマッチ。

よくありがちな 「わかめ」 は、わかめの香りがみそ汁全体ににおってしまうのでキライ。

ミソはやはり白ミソがいいなぁ…

これにちょい七味を振るです。

嗚呼…



納豆
-----
納豆大好き(笑)

スーパーで売ってる 「カップ納豆」 でいいです。

これにタレとちょっと多めのカラシ、醤油をちょい垂らしてぐりぐりかき混ぜ、暖かいご飯にでろでろ。

それをお行儀も何もなく、掻き込む。

幸福。



ウインナー
-----
よくスーパーとかでふた袋がテープでくっつけられてるウインナー、あるじゃないですか。

あれが実は大好きでして(笑)

子供みたいなんだけどネ。

ころころとフライパンで炒め、カラシ醤油かけて ぱきぱき! っつう歯ごたえ。

弾ける肉汁。

漂う芳香。

至福。



目玉焼き
-----
黄身は半熟が鉄則。

最初は白身の部分を食べ、残ったとろとろの黄身をご飯に乗っけて醤油かけて喰う。

生たまごをかけるのも好きなんですが、半熟たまごの方が単純にウマイと思うんですよネ。

結婚当時にこうやって食べたら女房が目ぇ丸くしてた。

「そんな食べ方見たことない」 と。

だがオレの実家で、お袋がこうやって喰ってるのを目撃し 「さすが親子だ」 と妙に感服したそうです(笑)



きゅうりの漬け物
-----
浅漬けで十分。

醤油に七味を多めにかけて、それで ぽりぽり と喰う。

美味なる哉…

女房には言えませんが、これだけはお袋が漬けたヤツの方がうまいです。

なのでたまに実家で飯喰う時に、きゅうりの漬け物があったりするとむさぼり喰ってます(笑)





と、こういうメニューの場合、どれぐらい飯が食えるかというと…

たぶんドンブリ 2 杯ぐらいはイケます。

それで満足した後は、熱い緑茶をすすりながら一服。



(´▽`)はぁぁ・・♪(うっとり)



決めた。

今度の休みの日は、女房にお願いしてこのメニューで朝飯を作ってもらおう。

もう朝昼兼用でもいいんダ!

これを喰って至福の時を味わうのダ!



これは一週間かけて女房の機嫌を取り結んでおかねばならん!

まずはスガシカオの CD を買ってやろう!

それから何かかわいい鉢植えダ!

次にいつまでもダラダラ呑んでねぇで、さっさと夕飯喰って片づけを手伝おう!

フロも今まで以上にピカピカに掃除してあげよう! (フロ掃除が大好きでして、オレ・笑)



って…

オレ、もしかして…



飼い慣らされてる…?



(笑)



中国では朝飯っつうと普通はおかゆです。

で、実はワタシはおかゆが苦手でして。

別に 「キライ」 ではないのですが、自分で好んで食べようとは思わない。

たいがいメシはお客さんと一緒に喰いますので、お客さんから 「よかったら食べて」 とかって、おかゆに合うような梅干しとかをもらったりするんですが、デブの一般的通念として



酸っぱいのは苦手



っつうのがあるんで(笑)、おかゆと梅干しという組み合わせは、ワタシにとっては朝から結構な辛苦であったりします。

お客さんからいただいたモノは 「あ~ ありがとうございます!」 とかって、さもうれしそうにもらうんですが、できればほっといてほしいんですが…(笑)



朝飯は泊まってるホテルで喰うのが普通ですが、最近はアメリカ式のバッフェが多いですネ。

特に大都市のホテルは 100 %そうです。

なのでそういう時の朝飯はぱくぱくいっちゃうんですが、イナカの街に行くとそうでもないコトが多く。

特にワタシは中国でも辺境の街ばっかり行かされてたんで、その街一番のホテルに泊まってもおかゆは 「あわ」 とか 「ひえ」 だったり。

決して貧しいから、というワケでもないのでしょう。

もしかしたらその辺の食習慣なのかも知れないし。

だけどお客さんの中では 「こんなモン喰わすのか!」 とかって無意味に怒ってるヒトもいましたけどネ(笑)



以前に上海で喰ったおかゆはウマかった。

今でも覚えてますケド、海鮮おかゆでして、干した貝柱とか小エビとか入ってまして、しかもアワビもちらほら。

絶妙な味加減で、これはウマかったなぁ…

後にも先にも、こんなウマいおかゆは喰ったコトなかったです。



同じ中国でも北方と南方では食習慣も大きく変わり、広東地方とか香港あたりに行くとたいていは 「飲茶」 です。

だいたい香港人は家で朝飯と喰うというコトがほとんどなく、出勤途中で 「酒楼」 というレストランに寄って、飲茶の小さいセイロを 2 ~ 3 つ。

それに 「プーアル茶」 という発酵茶を呑むのが普通です。

このプーアル茶も、ちょっとクセがあり、カビのようなにおいがするっす(笑)

最初は 「なんだ、これ~」 って感じですが、呑み慣れると実にウマいんですよネ。

どうしてもダメな場合は、プーアル茶に菊の花を入れた 「菊普茶」 っつうのもあり、コレもオススメです。



昔は種類ごとにセイロに入れられ、それを駅弁のように持ったおばさんがテーブルの間を練り歩く。

んで、自分の好みのモノがきたらセイロをサッと取るワケで、喰った後はセイロをそのままにしておく。

勘定の時は左手を挙げて、手の平に右手で何やら書き込むサインをします。

するとボーイがすっ飛んで来て、テーブルの上のセイロを数えて精算。

つまり回転寿司みたいなもんですが、最近ではセイロ売りのおばさんとか勘定用のボーイを置いとく酒楼も減ったようで、伝票に自分の喰ったものをマークして、それで精算(つまり 「さくら水産」 方式・笑)というのが多いようです。



アメリカあたりでも、ホテルで喰う分には中国と事情は変わりません。

しかし数年前。

確かアトランタだったと思うのですが、でっかい展示会があってホテルがまるで取れません。

ワタシが添乗で行くツアーもその展示会目当てなんで、あんまり会場から遠いホテルじゃダメだし…



で、ランドオペレーター(現地の手配屋)が苦肉の策で取ってきたホテルが 「モーテル」 (笑)

日本で 「モーテル」 っつたら、ナニでありアレである皆さん御用達みたいなイメージがありますが、アメリカではビジネスマンが出張の時に普通に泊まったり、あるいは家族連れなんかも平気で利用するみたいな感じです。

もちろんホテル並みの設備ではないワケですが、バスルームだってちゃんとあるし、寝る分には何ら困るコトはありません。



んでまぁ 「モーテルに泊まるんですか…」 と絶句するお客さんにそのコトを説明。

その時にコーディネーターとして同行してくれた在日アメリカ大使館の商務官や、お客さんも若い人たちばっかりだったんで、それもおもしろいネ、といい方向に(思うツボ?・爆)納得してくれました。

しかし、その時の朝飯。



そのモーテルにはレストランなんかないんで、そこから歩いて 5 分ぐらいのレストランで朝飯を喰ってくれ、と。

んで、 「はい、これ食券ネ」 と渡されて。

んで、てくてく歩いて行ったら、アメリカによくありがちなガソリンスタンドにちょっとしたメシが喰えるトコが併設されてる、みたいな。

よくテレビドラマとか映画なんかであるでしょ?

そんなトコ。

そんなトコでメシ喰うのも初めてで(笑)



もう見るからにトラックの運ちゃんみたいな、チェックのシャツ着て(笑)、ヤンキースのキャップとかかぶっちゃって、腕まくったらタトゥがスゲーとか、そんなんばっかり。

まぁ特に危害を加えるとか、そんなんはまるでなく、ごくごく普通の店なんですが、そんな中にスーツ着てネクタイしめた東洋人たちが数人で入っていく、っつうのも非常に



場違い



(笑)



そこで長年のナゾが解けたコトがあり。

ホテルの朝飯でベーコンとか喰うと、スゲー真っ平らっつうか、ぺっちゃんこじゃないですか。

普通に焼いたらベーコンの端っこがびらびらしちゃいますよネ。

「なんで真っ平らなんだろー」 とかって思ってたんですが、そこのガススタンドレストランで、目の前でベーコン焼かれて初めてわかった。



ベーコンに重しを乗せていた



(笑)



言われてみりゃぁごもっともで(笑)

ナニも不思議なコトはなく(爆)





と、いつものように朝飯喰わずに電車の中でこの駄文を書いていると…

やっぱりスゲー腹減ってきて…

早く昼飯を喰いたい、週明けの朝でありました(腹)