ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

ごはん

美味しいんですワ…

ごはん…

(笑)



まぁ一年中いつ喰ってもウマいのが 「ごはん」 ですケド、特に最近は何だかとってもウマい。



「天高く馬肥ゆる秋」

ならぬ

「天高くオレ肥ゆる秋」

っつうコトで(笑)



ウマいと感じるのは、たぶんもうひとつの要因がありまして。

ちょっと前に持病の腰痛がまたヒドくなり、 2 日ほど会社休んじまったんですが、その時につくづく考えた。



「何でオレの腰は痛いのダ…」



レントゲンとか精密検査をしたコトもあったんですが、特に骨まわりには異常なし。

ヘルニアとかもなし。



原因を特定するコトはできなかったんですが、まぁ 「太りすぎ」 と 「運動不足」 が大いに影響してるだろう、と。

なので 自宅→駅 と ひとつ手前の駅→会社 を往復歩くコトにしまして、濃い HR/HM 聞きながらぽてぽて歩いてるワケなんですが、やっぱり前より調子いいような感じです。

となると…



やっぱりメシがうまくなる



(腹)



昨日のこと。

朝、電車の中でモノ凄い空腹を覚え、たまらず駅の立ち食いソバ屋で 「かき揚げそば」 を。

昼、社食のランチが 「三元豚のロースカツ定食」 で、たまらず喰う。

夜、女房が町内会の会合とかでいなくて、メシの用意はしていったんですが、慌てて作ったらしく牛肉にちょいとガーリックを加えて炒めたヤツと、昨日の残りの鮭フライ。

取り合わせ的にはどうかと思う 「牛肉炒め」 と 「鮭フライ」 だが(笑)、



「女房がいない」

   ↓

「制止するヤツがいない」

   ↓

「がんがん喰える」



っつう方程式(笑)



んでビール呑みながらぱくぱく食べてたら、下の子が 「はい」 とか言ってごはんよそってくれた。

「あ~ パパ、まだビール呑んでるから、ごはんはまた後で…」

「とっても美味しいから一口だけでも食べてみて」

「はい…」



で、喰ったら…



ウマかった(福)



もう酒なんか呑むのやめて、ごはん食べてしまった。



しかも 3 杯



orz



最近、ウチでは nextここの合鴨米 を喰ってるんですが、もちろんオレには味の差なんてわからないケド、しかしウマいモノはウマい。



おかずと一緒に咀嚼してる時の、あの得も知れぬ幸福。

そして喉元を通過する時の、あの得体の知れない僥倖(笑)



I love ごはん(笑)





どうやって喰ってもウマいごはんなんですが、特にオレは何かかけて喰うのが好きで。

例えば、麻婆豆腐をごはんにかけるとか。

もちろんカレーライスとか中華丼なんてのも大好きで、みそ汁をごはんにかけてむさぼり喰うのも恍惚。



あるいは牛丼系。

未来永劫続けてほしい吉野屋様謹製の牛丼に、醤油をちょいたらした生たまごとたっぷりの紅生姜。

そこに七味をぱらり。

周囲も気にせずガツガツ喰う。



陶然



(笑)



I love ごはん(爆)





昔、中国にいたころ。

中国のごはんはいわゆる 「陸稲」 なんでパラパラしてるんですが、これに中国の総菜がよく合うんですよネ。



「木須肉」 豚肉とたまごとキクラゲを炒めたもので、ちょいとトロみがついてます。

「魚香肉絲」 ピーマン、タマネギ、細切り豚肉を辛みそで炒め、こいつにもちょいトロみ。

「トマトとたまごの炒め物」 中国ではトマトを炒めます。好きずきあるでしょうが、オレ的には熟した甘いトマトがこの料理にはぴったりで、トマトがはんなりしてきたところでたまごを入れて、わー と炒める。



この 3 つの料理は、中国のどの家庭でも普通に作ってる、まさに 「お総菜」 でして、こんなんをパラパラのごはんにダラダラかけてカッ込む、っつうと…



絶頂



(笑)





誰か…

ワタシを…



封印してぇぇ!!!