ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

混沌

昨日の昼前のこと。

携帯が震えた。



ぱかっ



すもちゃんからダ!(笑)

早くも夏の沖縄行きのコトだろうか(笑)



「バイオ 4 買ってみようかな(笑)」



(爆)



相変わらず (笑) と 「句読点」 を混同しているようだが ヾ(^^;アンタモネ それはともかく…



んで、しばらくメールのやりとりが続き…



「今買った(笑)」



(核爆)



何という決断力プラス行動力。



これはオレも、うかうかとしていられない!

ゲームだ!

GCバイオハザードだ!

やらねばなるまい!



と鼻息も荒く、モノすごい意気込みで PC オン!

アップスキャンコンバータもオン!

ゲームキューブもオンオン!



おどろおどろ~ん…

前回までのセーブ地点でジルちゃんがたたずんでいる。



「え~っと… 次はドコに行くんだっけ…」

そうそう…

寄宿舎へ向かう途中だっけ…



洋館から寄宿舎へ行くには、途中にある水門を開放して貯水池の中にある通路を出さなければならず。

その水門を開けるためには 「四角クランク」 っつうのが必要です。

DS-Lite 版だったら、四角クランクは納屋にあるんですが、 GC 版では見あたらない(笑)

すみずみまで探すが、やはりない。



( ・ω・) ドコニアンノ…?



仕方ないんで外に出たところ、寄宿舎への道とは違う方向に別の道がのびている。

てってってってっ と軽快に進むジルちゃん。

いかにも! ってな感じの不気味な小屋に到着。



恐れを知らない勇気凛々のジルちゃんと必要以上にコワがる小心モノのオレ。

この凸凹コンビ(笑)は、それでも中に入り…



「あ… アイテムボックスがあるじゃん」



んで、あらよっと! と下にさがった奥に 「四角クランク」 がありまつた。

これで水門が開けられるゼ! と戻ろうとしたところ、いきなり誰かに殴られた(痛)

昏倒するジルちゃん。

ムービー開始。



出た…

オレがもっとも 「コワい」 と感じる 「リサ・トレヴァー」 である。





ネ、不気味でしょ…?(泣)

「リサ」 というかわいらしい名前とは裏腹に、この不気味さ…



実はこのヒトは 「洋館」 の設計者であるジョージ・トレヴァーの娘なんですネ。

そもそもの元凶である 「アンブレラ社」 から、社員保養所建築の依頼を受けた著名な建築家のジョージ・トレヴァー。

完成後、ジョージは妻のジェシカ、 14 才になる娘のリサとともに館に招かれますが 「洋館の秘密」 を知っているジョージは家族もろとも抹殺されます。



妻のジェシカと娘のリサも、ともに 「T-ウイルス」 を注入され、生体実験の生け贄に。

ジェシカはすぐに死亡してしまうが、リサは体質とウイルスが妙にマッチングを果たし、意志のない活ける屍として生き続けるコトになります。



彼女はヒトの皮で作ったマスクをかぶっており、そこには母親のジェシカも含まれています。



「私はママと一緒にいたいだけ」



と、ゲームが進むに連れて彼女の真情がわかってきます。



最後は 「ママァー!」 と叫んで自らを葬るリサ。

不気味な外見からは想像もつかない、悲劇的な経緯と哀れな末路に涙。





「う~ん…」

昏倒から覚めたジルちゃん。

目の前には鎖を引きずり、手かせをはめられたリサの不気味な姿。

この時点でリサを倒すコトはできないので、さっ! とリサをかわし、先に進むワケですが…



案の定、殺られました(逝)





気を取り直してゲーム再開。

今度はリサもかわし、寄宿舎へ一直線。

殺虫剤で巨大ハチを掃討し、首吊り死体に怯えながらもアイテムを取り、ウイルスに感染した鮫・ネプチューンの待つ大水槽へ。



DS-Lite 版とは全然違う複雑な構造の大水槽。

ワケわかりません(笑)



ココを抜けるには水槽の水を排水しなきゃならん。

制御室に入り、排水ポンプを動かした途端にネプチューンが耐圧シェルターに体当たりしてきまして。

鳴り響く緊急ブザー。



「どどど、どーすんだ コレ!」



オレ、半泣き(笑)

手当たり次第にコントロールパネルとか油圧バルブをいじりますが、効果なし。

シェルターの耐圧限度が徐々に迫ってくる…



ネプチューンの再アタック。

シェルター崩壊。



画面には



「You are Dead」 の無情な文字…



むむぅ~…



仕方ない…

ネットで見つけたアンチョコを読む(笑)



1.排水スイッチを押す。
2.メインシステムの制御装置を調べて耐圧シェルターのセーフティを解除。
3.耐圧シェルター制御用レバーを下げる。
4.油圧量の調整装置を調べてバルブを操作(机の上の白いボードを参照)。
5.メインシステムの制御装置を調べて耐圧シェルターのセーフティをもう一度解除。
6.耐圧シェルターの制御用レバーを下げる。
7.排水スイッチを押す。


(出典: nextbiohazard Series  ~攻略&情報サイト~) 



複雑…(泣)



手順をアタマに叩き込んで、再び開始。





ネプチューンが来る!

どかーん!

緊急ブザー!



「え、え~っと… 排水スイッチ押して、シェルターのロックを解除して、レバーをさげて…」



ぶーぶーぶー ← 心理的圧迫を加える緊急ブザー



「耐圧限度  70 %」



げげ!



「何番のバルブをいじんのかな… え、えぇ~っと…  1 番のバルブをまわして… も 1 回セーフティロック解除、レバーを下げて…」



ゴゴゴゴゴ…



シェルターを防御する鋼鉄のシャッターが無事降りてきまつた。



┌┤´д`├┘ ふぅ…



あとは簡単。

小っちゃいサメは無視して、先にどんどん進みます。

一番でっかい親分サメのそばを通るとお約束のように息を吹き返して、心臓がトビ跳ねますが(笑)、電源ユニットを水槽に落として感電死。



そんなこんなで寄宿舎も終了し、必要なカギも手に入れて再び洋館へ…



んで、唐突に思った。



「オレもバイオハザード 4 買おうかな…」



(爆)



行動と結果が一致しないという 「衝動買い症候群」 を遺憾なく発揮した日曜の午後であった(笑)