ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

クイズ◆ービー





♪ロォ~○ ロォ~○ ロォ~○ォ~
♪ロォ~○ ロォ~○ ロォ~○ォ~
♪ロォ~○せぇ~やぁ~くぅ…







さぁ! 今週も始まりました□泉のクイズ◆ービー。

まずは回答者のご紹介です。



1 枠

皆さんおなじみ、沖縄の無尽蔵胃袋美少女・華吉さぁ~ん!

華吉: 「こんばんはぁ~ よろしくお願いします」

□泉: 「相変わらず食べてんのかい?」

華吉: 「そうでもないですヨォ~ だいたい一般人の 4 ~ 5 倍、ってトコっすネ」

□泉: 「あ、そう…」



続いて 2 枠

最近、めでたく結婚宣言をされた沖縄のマルチエンターティナー兼マルチヲタ・えぃみぃさぁ~ん!

えぃみぃ: 「こんばんはぁ~ "ロォォォォ~ック!" えぃみぃどぅぇ~す!」

□泉: 「結婚すんだって! よかったネェ~」

えぃみぃ: 「ありがとうございまぁ~す!  v(δ.δ) テヘ!」

□泉: 「よ、よかった、よかった…」



つ、続けて 3 枠

凶暴な性格そんまんまの風貌ですが、実は天使の歌声! 親分こと AHO-WADA さぁ~ん!

AHO-WADA : 「なんだ、ゴラァ! 凶暴な性格そんまんまの風貌だとぉ~! おめぇ、番組終わったら、ちっと裏に来い!」

□泉: 「す、すいませんすいません。と、とにかくよろしくお願いしますぅ」

AHO-WADA : 「おう! まぁよろしく頼むゼ!」



さ、最後 4 枠はこの方!

終わりのない仕事、果てしない労働に命の灯火を日一日と削ってるちくをさぁ~ん!

ちくを: 「あ~ どもども。よろしくネェ」

□泉: 「次の休みはいつ?」

ちくを: 「一ヶ月後… かな… (泣)」

□泉: 「ま、まぁ適度に休んでホドホドにネ…」



今週はこの皆さんでお送りして参ります。







それでは最初の問題です。

『最近 ○゛ が復活してしまい、もしや不治の病ではないかと怯えている小心モンの こた ですが…』



華吉: 「はぁい! はぁい! はぁい!」

□泉: 「お、もうわかったの? はい、華吉さん!」

華吉: 「でぶ!」



ぶぅぅ~



□泉: 「でぶはでぶなんだケド、問題は違うんダヨ。最後まできけヨ!」





『最近 ○゛ が復活してしまい、もしや不治の病ではないかと怯えている小心モンの こた ですが、ぺたぺたとクスリを塗りたくっても一向によくなりません。そこで病院に行くコトにしましたが…』



えぃみぃ: 「はぁいハート はぁいハート はぁいハート

□泉: 「さすが 新妻 は返事もイロっぽいネェ~ はい、えぃみぃさん!」

えぃみぃ: 「でぶハート

□泉: 「で、でぶはでぶなんだケド…」



『最近 ○゛ が復活してしまい、もしや不治の病ではないかと怯えている小心モンの こた ですが、ぺたぺたとクスリを塗りたくっても一向によくなりません。そこで病院に行くコトにしましたが、その病院での…』



AHO-WADA : 「ぱん! ぱん! ぱん!」

□泉: 「わ、 WADA さん! わかったら 発砲 すんじゃなくて、ボタンを押してください!」

AHO-WADA : 「なんだゴラァ! てめぇ、オレに命令すんのか! 番組終わったら…」

□泉: 「裏でも表でも行きますから、は、はい! どうぞ回答を…」

AHO-WADA : 「でぶ!」

□泉: 「き、聞いてる…? オレの話…?」



『最近 ○゛ が復活してしまい、もしや不治の病ではないかと怯えている小心モンの こた ですが、ぺたぺたとクスリを塗りたくっても一向によくなりません。そこで病院に行くコトにしましたが、その病院での診察光景を妄想した こた の期待を裏切る悲喜劇がおきました。その悲喜劇とはなんでしょうか?』



ちくを: 「ぁぃ」

□泉: 「お! ちくをさん、さすがに残業・休出続きで死にそうだネェ… はい、どうぞ!」

ちくを: 「でぶ…」

□泉: 「………」





□泉: 「って、あんたら、このクイズはこういう形式じゃないだろ。フリップに書くんだヨ! さぁ一斉に開けてみましょう!」





華吉
-----
ごついおじさん医師に触診されるに三千点。



えぃみぃ
-----
美人の看護婦さんにマッサージの講習をされるが、こたさんの野性が目覚めてしまい、その後、その病院に通院できなくなるに 4500 点。



AHO-WADA
-----
美男の看護師さんにマッサージの講習をされるが、こたさんの理性が覚醒してしまい、その後、その病院に通院できなくなるに 5000 点。



ちくを
-----
美男の看護師さんにマッサージの講習をされるが、こたさんの母性が覚醒してしまい、その後、別の病院に通院することになるに 5500 点。





□泉: 「さぁ、回答が出そろいましたが、本日のゲスト回答者、本人の こた の答えは!?」



こた
-----
その病院は 「医師指名制」 であり、待合室にはポラロイドで撮した医師、看護婦などの源氏名とスリーサイズ、得意ワザが書いてある。

まずは 「ごついおじさん医師」 は有無を言わさず排除。



□泉: 「はい! 華吉さん、残念でした!」

華吉: 「ちっ… また Wii リモコン、ブチ当ててやる…」



次に 「美男の看護師」 にも一瞬、食指が動きかけ、これはいよいよ禁断の 801 の世界に突入かと思われたが、そこまでのフロンティア精神はないので、これも排除。



□泉: 「はい!  AHO-WADA さん、ちくをさん残念でした!」

AHO-WADA : 「なんだゴラァ! てめぇ、オレに恥かかせやがったナァ! いい度胸じゃねぇか!!」

□泉: 「ちょ、ちょっと… け、警察、警察呼べぇ! あ! ロケットランチャー持ってんじゃネェーか! どこに隠してたんだ、そんなモン… 警察じゃダメだ! 自衛隊呼べぇ!!!」

ちくを: 「あ~ぁ…」

□泉: 「あ… 倒れちゃったヨ、ちくをさん… もうダメかな… おぉ~い! 組合に過労死だとか何とかって騒がれる前に、カネで釣っとけ!」



厳正な審査、選考の結果、最後に残った レイナさん

黒のボンテージ、真っ赤なピンヒールに思わずくらくら来たオレであり、レイナ様に導かれるままにプレイルームへ。

しかしポラロイドに書かれた本人のプロフィール 「真性女王様」 の項目は、わざとのように小さく書かれており、それに気づかなかったオレ。






びし! びし! びし!

「ヒィ~…」

「さぁ オマエの一番恥ずかしいところを見せてごらん」

「アヒィ~…」

「この特大ギルトが入るようにしてあげようね…」

「え゛…!」



「違う、違う! オレは ○゛ の治療に来たんだあ~ あぁ… ぁぁ… ぁ…」





□泉: 「ってか、この番組、こーゆー形式だったか…?」



( ;ω;) 余計痛クナッチャッタヨ…





出演協力: 華吉・えぃみぃ・AHO-WADA ・ちくを (文中敬称略)