ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

床屋の快感

こんなおっさんにもかかわらず、今までずっと美容院で髪の毛を切ってきました(笑)

というのも、女房が…



「あんたはただでさえ不細工なんだから、せめて髪の毛ぐらいはきちんとしなさい」



とかってヌカしやがって(笑)



その 「不細工」 と結婚したのはドコの誰だ! っつうの(笑)



でもホントは、ウチは女房と子供ふたりとも女の子なんで、みんなで美容院で髪切れば 「家族割」ヾ(^^;携帯カヨ とか 「会員割引」 「予約割引」 など、各種多彩な割引がキクんで、そっちの方が重要視されてるんだろうと。



まぁオレはどっちでもいいんです。

ただ、今まで行ってた美容院で、この前キレちゃいまして(笑)



予約制なんで、きっちり予約してその時間に行ったにもかかわらず、イスに座っててるてる坊主みたいなカッコ(笑) させられたまま、 1 時間ぐらい待たされた。

オレはウトウトと寝てしまったんだが、ハタと気がついてもまだ髪の毛は長いまんま。



怒髪天を突いた。



髪の毛だけにネ(笑) ヾ(^^;



その日は結構忙しかったようで、結果的にはそのまんまほっとかれたワケなんですが、だったら 「予約」 の意味がないよネ。

まぁ結局はそこで髪の毛は切ってもらったんだけど、一応言うだけのコトは言ってきた(笑)



なのでその店へは二度と行けません(笑)



「もう! せっかくいろんな割引が利くお店だったのに!」



とは女房の恨み節(笑)



んで、次からは別の店に。

その店も、この前ブログに書いたんですが、いつの間にか 「ネイルサロン」 になっちまい(笑)、非常に入りづらい(笑)



昨日のこと。



「ねぇパパさぁ…」

「はい?」

「明日からまた中国出張なんでしょ?」

「そうですヨ」

「今度は 1 ヶ月ぐらい行ってるんでしょ?」

「そーなんですヨ(泣)」

「髪の毛切ってきたら?」

( ・ω・) ドコデ?

「もう床屋でもいいじゃん」



と、女房との会話。



というワケで、もう 10 年以上ぶりぐらいに床屋で髪の毛切りました(笑)



いや。

実に。



気持ちよかった(快感)



女性にはわからんだろうが、伸びたひげをじょりじょりと剃ってもらうあの悦楽。

ぽんぽこぽんぽこすっぽんぽん! と適度なリラクゼーションを促す軽快なテンポのマッサージ。

鼻の穴から耳の穴まで、体中の穴という穴、すべてをクリーンにしてくれる来世的清掃サービス。



気持ちいい…



(笑)



いったい、こんなすんばらしいサービスをしてくれて、いくら取られるんだろうとちょっと心配だったワケだが、 3,600 円ポッキリ(笑)

おまけにカネ払う時にはタバコを 1 本くれたし、市町村のゴミ袋とかポケットティッシュまでくれたし。



言うコトありません



(笑)



そんなんでさっぱりした頭になって家に帰ったワケだが、女房曰く。



「余計おっさんになっちゃったネ」



(笑)



だってオレおっさんだし(笑)




キレイな頭になって、今日からまた中国です。

このブログは飛行機の中で書いてるっす(笑)



今回は 5 グループを連続でこなすワケで。

いちいち日本から添乗してたら、航空運賃が 5 回分かかるワケでしょ?

それなら現地にずっといた方が安上がりなワケですよネ(笑)

なので、 10 月いっぱいはずっと中国に居っぱなし(泣)

帰国は 11 月 1 日です(長)



まずは大連に行き、関係者と打ち合わせ。

その後、夜の飛行機で北京に行きます。



んで、明日から長期戦スタート(泣)



さてさて…

どーなるコトやら…(笑)