ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

餃子とボタンと主義思想

世間を賑わした、いわゆる 「毒入り餃子事件」

イージス艦衝突事件なんて、えらいモンが発生してしまったおかげで、すっかり影を潜めてしまった感がありますが…



中国公安省の発表に、警察庁長官が不快感を表明しましたネ。



中国側曰く 「(有機リン系農薬成分の)メタミドホスが袋の外から中にしみこんだ可能性がある」 と指摘するとともに、日本側が捜査に非協力的と批判、と。

これに対し日本側は 「日本での混入の可能性は極めて低い」 と判断しており、根拠となる 「包装袋の外側から内側へ浸透しない」 との実験結果を中国側に渡していると反論、だと。

(記事引用はいずれも Asahi.com)



未だに事件の真相は解明されておらず、餃子の原材料に農薬が残留していた可能性や、また製造過程で誤って混入した可能性も極めて低いという発表が真実であるならば、誰かがどこかで人為的に混入させたワケで。

それがこのように中国側も日本側も、責任のなすり合いや互いに攻撃するだけという様相を呈しては、消費者の中国離れはますます進んで行くと考えざるを得ず。



今ならまだ修正が効くでしょうが、一歩間違えば 「ボタンのかけ違い」 はますます進行し、双方の 「不信感」 は増長するばかりだと思うんですが…

日本側は毒物の分析結果や、異なる製品の流通ルート、また外装からは浸透しないという実験結果を提出したとされていますが、おそらくそれは確かに提出されているのでしょう。

そして中国側に、過去のメタミドホス事件の記録や天洋食品内を撮影したビデオテープの提供を求めているが、未だに 「探してる」 などというコトで提出されていない、と。

おそらくそれも真実だと思います。



こうして見ると、日本側は実に理路整然と論理を進め、またそれを側面から実証する物証なども提出、それに対し中国側は闇雲に日本側を批判するだけで、こちらが突っ込むと 「探している」 などと逃げを打っているように見えます。

たぶん真実は、かなりそれに近いのではないかと思え。



多くの日本人は 「なんだヨォー! 中国ヨォー! フザけんじゃネェーヨ!」 となるコトでしょう。



しかし、ココで忘れてならないのは 「民族性の違い」 です。

中国人は何よりも 「メンツ」 「対面」 を重んじ、時にそれが 「理性」 を越え 「非論理的」 「感情的」 にまで発展してしまうコトがままあります。

なので、中国人同士のケンカっつうのは凄まじく、 「殴り合い」 っつうか、むしろ 「殺し合い」 (怖笑)



ましてや、今年は国家の威信をかけた 「北京オリンピック」 の開催を控え、名実ともに世界の大国に食い入ろうとしてるワケですから、こんな 「毒餃子事件」 なんてのには、一刻も早く幕引きしたいのだろう、と。



この 「国家の威信」

そう言えば、何となくかっちょいいですが、有り体に言えば

「"中国ってすげぇナァ!" とかって世界中にアピールできればいいのダ。そのためには出稼ぎとかまわりの百姓とかがどんなにエラい目に遭っても関係ないもんネ。うじゃうじゃ 14 億もいんだから、痛くもかゆくもないズラ」

というコトかと(爆)



実際にメインスタジアムである北京の、通称 「鳥の巣」



(新華社ネットより)



信憑性ではいささかクエスチョンの香港筋からの報道では、今までの工事中に少なくとも 10 人以上は犠牲になっている、と。

これが海外でも報道され、何とかという国家機関がわざわざ記者会見を開き 「現在、調査中である。もし事実であれば必要な改善を行う」 と言ってましたが、あれからどーなったんだろう…

全然、情報が入ってきませんが(笑)



また今朝の 「聯合早報網」←中国語ネットニュースの総合ポータルサイト では、北京オリンピック開催中の水源を確保するため、近郊農民に取水制限をしていると報じています。

ちょっと引用。

「北京西北の赤城県では、農民は井戸から 1 日 2 回しか水をくむことができない。当局から当地ダムの水の使用を禁じられているためである。また農民は灌漑水が比較的少なくてすむとうもろこしの栽培しか認められていないが、とうもろこしの売却値は米や他の野菜類と比べても安い。そのため政府は一人あたり 30 米ドルの補償を行ったが、それすらも全員には行き渡っていない。もはや北京近郊の農民は暖を取る石炭すら買うことができず、とうもろこしの茎を燃やして冬を過ごすしか術がないのだ」



こういう現状に対して、ある農民が答えて曰く。

「個人の利益は国家の利益のもとにある。私は政府のこのようなやり方に反対ではない。オリンピックの成功のために、私は政府のやり方を支持する。中国は必ず勝利するのダ!」



もっともそうしたやり方に異議を唱える人もいます。

「私はオリンピックに最初から反対してる。我々の水資源は根本的に不足してるのだ。このようなやり方は聞いたことがない」

(訳責・いずれもオレ)



このように日本では 「人権侵害」 「人権無視」 ともとられ、何が何でも与党に反対するしか能がないアホ野党どもの格好のネタになりそうですが、中国ではこれがまかり通ってしまう。

草の根の不満は徹底的に押さえ込み、強行に強行を重ねてもやり遂げる覚悟のオリンピックが迫ってきた最中に、降ってわいたように起きた 「毒餃子事件」



早く忘れさせたい、というのが中国側の本音であるような気がします。



と、いつものように話が横にそれましたが(笑)、とにかく中国人とまともにつきあおうとすれば、この 「メンツ」 というモノを考えなければなりません。

今回のように、中国人とコトの白黒をはっきりさせる場合は、オレの経験から言ってこれまで日本側がやってきたような 「物証を並べて、理路整然と論理を進め」 というのは、実はあまり賢いやり方とは言えないような気がします。

もっと言えば、 「一番やってはいけないやり方」 とも言えるか、と。



逃げ道を一本作ってあげないといけないんですネ。

孫子の兵法にて曰く、 「囲師は闕く」 と。

何回かこのブログでも書きましたが、 「囲師」 とは城を囲む軍隊のことで、 「闕く」 とは、もともとつながっていた部分に生じた隙間のこと。



大勢の兵隊が立てこもっている城を攻める時、城の四方八方を隙間なく包囲してはいけない。

攻城戦というのは、城に立てこもっている方が圧倒的に不利であり、それを知っている守城側には、もはや逃げ道がない。

なので、 「窮鼠猫を噛む」 の喩え通り、やけくその捨て鉢、一か八かで総攻撃をしかける可能性もあり、そうなれば有利なはずの城を攻める側にも、予想外の損害を被りかねない。

しかし、城の一部を包囲せずに逃げ道を用意しておけば、守城側は命惜しさで一目散に逃げ去り、結果的に自軍の損害を押さえて城を占領できるのだ、と。



孫子の兵法というのは、 「戦略」 や 「戦術」 という前に 「人間論」 だ、という見方があります。

この 「囲師は闕く」 は、その最たるものだと思えるワケですが、この辺にうまく中国人とつきあっていくための秘訣があるように思えます。



勘違いしないでいただきたいのは、だからと言って 「中国側に譲歩しろ」 と言っているワケではありません。

自分が正しければ堂々と主張するのは当然ですが、オレが言っているのはその方法論であります。



今回の日本のやり方は、オレが見ても正しいやり方だと思います。

しかし、それを 「正しい」 と感じるのは、オレも含めた日本人のみ、あるいは日本人とある程度の価値観を共有できる一部の国のみであり、そのことをもっと考える必要があるのではないか?



それと同じことは中国にも、当然にして言えるコトです。

自国の価値観のみでは国際社会では通用しないコトをもっと胸襟を開いて謙虚に受け止めるべきです。



以前、中国の 「行け! 行け! ドンドン!」 的な盲目的な経済発展に苦言を呈した西側の某人物に対して、中国人が答えて曰く。

「先進諸国もこうやって発展してきたはずだ。それを今になって、なぜ中国だけに苦言を呈するのか!?」



資本主義は 16 世紀に成立したと言われています。

16 世紀から現在に至る 400 年以上の歴史の中で、いわゆる先進諸国は産業革命や植民地経営、またまさしく 「行け! 行け! ドンドン!」 の姿勢で大いに発展してきました。

しかしその反面、貧富の差や公害病、環境破壊などの負の遺産も残してしまい、今はその火消しに懸命になっています。



そして中国では皇帝を頂点とした絶対君主制の時代が四千年も続き(!)、それから一転、価値観が 100 %異なる共産主義社会へ突入、経済の破綻を見るやまたもや 180 度方針を変え、今や 「赤い資本主義」 となり。

つまり、先進諸国が 400 年も試行錯誤してきた資本主義を知らずして、ほぼ突然に近い形で資本主義化してしまったため、 「アメリカとか日本がやってきたコトを、何でオレたちがやっちゃいけネェーんだヨォ!」 と短絡的になってしまうワケで。



今は先進諸国がかつて強行したような 「弱肉強食」 の時代ではなく、 「協調の時代」 です。

自国の利益だけではなく、地域の、世界全体の協調を考えなければいけない、そうでなければ地球もろとも滅びかねない時代であり、その中で自国の価値観、倫理観のみで不毛な言い争いを続ける日中の司法トップたち。



一番の被害を被るのは日中の消費者、つまりは国民であり、また端的には天洋食品JT フーズ(両者にまったく責任がないのであれば)なのであります。



中国の餃子、ウマいんですけどネ…(泣)