ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

買っちゃった  Part2

突然の臨時収入(寿)



「ベースでカネ使っちゃったもんなぁ… ちゃんと貯金しとこう…」



その瞬間、コアのオレがささやく。



「じ・て・ん・し・ゃ・・・」



( ・ω・)



次の瞬間。

オレはキーボードに向かって、ある鉄人にメールを打っていた。



-----
てっちゃん:

こんにちは こたです。

ちょいと臨時収入がありまして、どうやら自転車も買えそうな感じ…(笑)
-----



(核爆)



( ;・ω・) 決メチャッタノ…?



さっそく鉄人てっちゃんから返事が来る。

いつもの彼らしい、熱のこもった親切かつていねいな内容で、オレの購買意欲は一気に頂点へと駆け上がり、そしてキーボードもつぶれんばかりの勢いでまたもやメール作成。



-----
何だかてっちゃんのメール読んでから、買う気満々になってきたヨ!(笑)

-----



「ベースでカネ使っちゃったもんなぁ… ちゃんと貯金しとこう…」

orz



その後、てっちゃんから詳しく情報をもらい、毎日通う乗り換え駅のそばに彼おすすめのお店があった。

「もしもし! え、えっと…  GIANT の EscapeR3 なんですが、在庫はありますくわ!!」

「ございます」

「今日、行きます!!!」



「ベースでカネ使っちゃったもんなぁ… ちゃんと貯金しとこう…」

orz



その日の午後は某セミナーだった。

気もそぞろ。

全然頭に入らない。



「早く終わんねぇかなぁ…」

「しょーもねぇコト言ってんじゃねぇヨ…」

「知ってるヨ! んなこたぁ!」



と、心の中で毒づいているウチにいつのまにかセミナーは終了していた(笑)



駅からお店に向かう途中で雨が降り出したが、もうそんなコトは何のブレーキにもならず、オレはまっすぐに前を向いてどんどこ歩く。

お店着。



「あったかぁっちょいいコレください!」



「ベースでカネ使っちゃったもんなぁ… ちゃんと貯金しとこう…」

orz



が、ちょっと予算オーバーなので、とりあえず必須なモノだけを吟味して買った。

まずはメーター。

んで、スタンド。 これなかったら立ちません(笑)

次にカバー。 家の中には入れるスペースがないから(狭)



これだけ(笑)

ワイヤーロックはドラえもん号のを使えばいいし、夜は走らねぇコトにするからライトもいらん。

ボロボロのディパックがあるから、バッグも当分いらないや。



メーターやらスタンドは一服してる間につけてくれちゃうので、そのまま乗って帰ることもできたのだが、せっかくの新車なのに雨の中、ぬらして帰るのもイヤなんで、土曜日にクルマで取りに来ることにした。



アッ! という間に土曜日(笑)

ここ数日、関東では全域に大雨洪水警報っつうコトで、局地的に滝のような豪雨が降る。

お店開店時間の 10 時と同時に飛び込みたかったのだが、家の用事を済ませているウチに 12 時(笑)

メシも喰わずにお店へ。

空はおどろおどろとしておる…



すっかり調整の終わった R3 号は、その魅惑のピンクっぽいボディカラーを輝かせ鎮座していた。

が、クルマに積むには車輪をはずさなければならんコトが判明。

お店のおにいちゃんはいとも簡単に前/後輪をはずして 「こうやるんですヨ」 と教えてくれたが、今イチ自信のないオレはお店の軽トラを借りて家まで運んだ(笑)



家に着くと同時に雨が降り出した。

ホッ…

ぬらさずにすんだ…



とりあえず玄関に置いておく。







女房曰く:

「外で使うモノを家の中に入れるのはイヤなんです。だけどコレはまだ使ってないから置いといてあげましょう」



必要以上に感謝の念を示すオレ(笑)

「早く雨やまないかなぁ… 早く乗りたいなぁ…」

が、雨はますます激しくなり、雷まで鳴り出した瞬間、太陽が顔を出した(笑)



しかし、ウチの前の道ですら水没しているこの状態で、後輪に泥よけのない R3 号が走れるワケがない。

念のため、てっちゃんに 「泥よけなくて水たまりとか走ったら、びちゃびちゃになるかな…」 とメールしてみると 「カッパが必要なぐらい濡れるヨ」 と(笑)



おとなしくあきらめた。



そして今日。

7 時ごろから目が覚めてしまったオレはさっそく準備。

上の子のカロリーメイトみたいなヤツをボリボリかじりながら、ボトルにドリンクを仕込み、デジカメやら携帯をディパックに入れ、いざ出発!







とりあえず 1 枚(笑)



か、軽い…

すんごい軽い…

ドラえもん号がすごく鈍重に感じる。



近所の江戸川サイクリングロードにあがって、走りながらギアチェンジの感覚、シフトダウン/アップを繰り返してみる。

フロントとリアの最大比同士での組み合わせは極力避けるようにお店のにいちゃんから言われていたので、それをきっちりと守りながら走る。



アッ! という間に 30km ぐらい出ちゃいます(速)

ドラえもん号で、ここまでのスピードを出すのはかなり大変だったのだが、 R3 号ではちょっと力を込めればすぐに行ってしまう。

正直、こんなに差があるとは思いませんでした。



ドラえもん号ではちょっとツラかった 「野田橋」 まで、いともたやすく着いてしまった。

メーターの距離計や速度計も快調にテンポがあがる。



次の目的地。

野田橋から 20km 程度の 「宝珠花橋」 へ。

土手添いのサイクリングロードなんで、橋がいい目的地になるんだよネ。







連日続く豪雨で、河川敷もすっかり水没。

ここは河川敷のゴルフ場なんだよネ。

巨大な水たまりとなっちょります。



そうかと思えば…







ウマもいた(爆)



R3 号は快調に走り、第 2 の目的地であった 「宝珠花橋」 到着。







身体は全然余裕なので、夏休み中にドラえもん号でも行けた、この先の 「3 本煙突」 まで行こうかと思ったのだが、天気がおかしくなり始めたし、今日は初日なのでこの辺で引き上げるコトにした。

ここまでは向かい風だったので、帰りは追い風。

速度 30km/h をキープできるようにガンバる(笑)



が、どうもチェーンが音を立てるんだよネ。

よく見てみるとチェーンがフロントディレイラーのチェーンガイドにふれている。

カラカラカラカラ…

何台ものロードバイククロスバイク、マウンテンバイクともすれ違ったが、こんな音立ててるのはオレだけ(笑)



おっかしぃなぁ…

このまま家に帰らずに、春日部のお店まで行って調整してもらおうかと思ったが、とりあえず帰宅。

マニュアルとかお店の 「メンテナンスマニュアル」 というサイトを見つつ、チェーンガイドを見てみた。

これ自体は当然固定されているので、工具があれば調整できるのかも知れないが、ドライバーとペンチ、ニッパーぐらいしか持ってないオレにはいじれるワケもない。



で、しばらくいじっていたのだが、どうやらフロントディレイラーとシフトレバーの位置表示がずれており、レバー上ではきっちりと [2] であっても、実際はかなり [1] 寄り。

なので、ぎりぎり [3] あたりまでシフトレバーの表示をまわしてみたところで、カラカラ音はしなくなった。

実際に見てみても、チェーンはチェーンガイドにはふれておらず、ちょうどよいと思われるところで回転していた。



とりあえず問題解決したオレは、今まで カラカラカラカラ… 音たてて、しかもチェーンとかにも余計な負担をかけて走っていたのであろう、今までの走行に納得が行かず、もう 1 回でかけるコトにした(爆)

今まで以上に快調になり、まったくカラカラ音もしなくなった(寿)



が、しかし。

「3 本煙突まで行ったろかぁ~!」 と絶叫した時点で、ポツポツと雨が降り出したので慌てて U ターン(泣)

フレームとかハンドル、スポーク、ギアまわりなどふける範囲のところはキレいに拭き、メーターをはずす。

もう家には入れてもらえないので(笑泣)、なるべく風雨の来ないところに置いてきっちりとカバーをかぶせた。



終了後の楽しみはメーター。

安物だけど、走行時間と走行距離、最高速度、平均速度なんかがリアルタイムで表示され、記憶されるんだよネ。

一瞬だけど、追い風にも乗って速度 40km/h オーバーの時もあったし。

ちょっとコワかったケド(笑)

これをエクセルで整理して、きちんと記録を作ろう…

毎月ごとにシートを変えて、月間最高とか月間平均なんかも出せるよナ…

一年間でどれぐらい走れるかな…



で、メーターを見てみると…







( ・ω・)



ハンドルからはずす時に、ウマくはずれず、ちょいと力をいれて押さえながらはずしたんだが…

その時に裏側のリセットボタンを結果的に長押ししてしまい…



なかったコトになった



(泣)



ま、まぁ今日は 「慣らし」 というコトで…



orz