ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

親知らず~サイクルハウス~バイオハザード 4

と、ちくにいのスタイルをパクってみた(笑)



昨日のブログでもちょこっと書いたが、どうも歯が痛い。

今、治療中の奥歯なのだが、その下に親知らずが眠ってるんですワ(笑)



かなり前からわかっていたのだが、別に痛みがあるワケでもなく 「もしかしたら一生痛まないかも知れないし、もし痛み出したらその時に治療しましょう。それまではなかったコトにしときましょう」 と、実に話のわかる歯医者さんと、痛みに極度に弱いオレとの合意事項(笑)

今のこの歯の痛みが即親知らず! ってワケでもないのだが、どうにも痛いので歯医者に電話。



「すぐに来ていいヨ」



とのコトで、すぐに行った(笑)



歯自体の痛みはそれほどでもないのだが、そのまわりの歯茎が腫れてるんだよネ。

で、そこが痛い…



「ちょっとハレてるネェ…」



と、先生。

とりあえず消毒してもらって痛み止めと化膿止めのクスリをもらった。



一昨日の土曜日は 80km ちょいを走り、昨日の日曜日は 100km ぐらい走ってこようかな… と思っていたのだが、こんな状態で自転車に乗り、つまり



血行をよくしちゃって



ますます痛みがヒドくならんだろうか…



「あ、あのぉ~… 今日はおとなしくしてる方がいいですかネ…」

「そらーそーだヨ。それから今日は酒もダメネ」

( ´・ω・`) ヤッパリ…



ウチに帰ると、女房と子供たちは出かける支度をしておる。

「ドコ行くの…?」

「子供たちの服買いにいきます。どうせパパは自転車乗るんでしょ。ワタシたちは 新車 で買い物してきますから」

「あ… いや… あの、今日は…」

「いってきまぁ~っす!」



と、みなまで言わさんウチに、すでに彼女らは出かけてしまった(笑)



ヒマだなぁ… ( ´・ω・`)



ふと目についたカーポートの見積書。

せっかくの新車なので、今までのように雨ざらしにせず、カーポートつまり屋根をつけようと業者さんに見積もりを頼んでいたのである。



ちょっと予算オーバーだよナ…

やっぱりついでに自転車置き場も作ろうとしたのがオーバーの原因ですよネ(笑)

「カーポート + まわりのフェンス」 で、自転車置き場をすっぽり囲むんじゃなくて、それぞれ別個に考えた方がいいのかも知れない。

っていうか、予算がないんだから(貧笑)



なんか、アルミの骨組みにビニールかぶせた簡易ガレージの自転車版があったよなぁ…

あれ、何て言うんだろう…



適当なキーワードでぐぐるが一向に出て来ない。

むむぅ~…



誰もいない日曜日の我が家で、オレのうめき声が響く(笑)



で、ありました。



「サイクルハウス」 と言うらしい。







これだったらウチの裏側のスペースにも作れそうだナ…

今はクロスバイク 1 台だけど、もしかしたらロードバイク買っちゃうかも知れないし…(予定は未定・笑)

このタイプだったら 2 台はいけるよナ…

値段も高くないし…



というワケで、サイクルハウスの問題をあっさり解決したオレは、実にひさしぶりに 「バイオハザード 4」 をプレイするためにゲームキューブの電源を入れた(笑)

すっかり忘れ去られていたゲームキューブには、うっすらとほこりがかぶっていた。



「忘れ去られていた」 と言えば…



何だか今年の夏ごろに 「新しいコトを始めたい!」 とか言って、何か買ったような気もする…

ウマく思い出せないのだが、 4 本ばかり何かが張ってあって、黒い四角い箱にケーブルつなげて…

おにぎりみたいなプラスチックの板か指で、 4 本の何かを弾くような…



(核自爆)



決して 「忘れた」 ワケでは…

ずぅ~っと 「気になっては」 いたのですが…

し、しかし…



言い訳しません



(根性無)



そんなワケで、久しぶりにバイオ 4 を始めたワケだが ヾ(^^; 「何カ」ヲ練習シロヨ 今までと同じようにやってもつまらんので、 「シカゴタイプライター」 や 「無限ロケットランチャー」 はたまた 「ハンドキヤノン限定仕様」 なんて隠し武器は使わずに、通常武器で、しかも初期装備状態から始めるコトにした。



さすがに昼も夜もプレイしまくっただけあって、指が覚えていた(笑)

やっぱり初期装備状態だと、ガナードには 「ハンドガンで頭を撃って蹴り」 または 「足撃ってベリートゥベリー」 が基本だナァ…



結構楽しいや(笑)



いつの間にか夕方。

何となく空腹を覚えたオレは、台所からカップラーメンを取り出し、ずるずると喰う。



歯が痛いとゆーのに



(自爆)



と、そこへ女房、子供たちが帰ってきた。

部屋に残るカップラーメンの芳香。



「パパ、歯ぁ痛いのにカップラーメン食べたの…?」

「え、あ… はい…」



「さすがだネ!」



ナニが…? (笑)



こうしてオレのダラダラ日曜日は終わった(泣)