ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

( ・ω・)モニュ…? な話

その 1
-----
とある公園の前を通りかかった。

若いおかあさんと小さな男の子が遊んでいた。

そこへひとりの男性が現れ…

「たっくぅ~ん!」

そしたらそのおかあさんが…

「あ! あっちゃん! あっちゃん! パパが帰ってきたヨォ~♪」



( ・ω・)? たっくんなの…? あっちゃんなの…??

ヾ(`Д´)ノ彡☆ ドッチヤネン!



その 2
-----
社用で外出した。

ちょうど昼どきだったので、駅の立ち食いそばを食べた。

ターミナル駅なので、お客さんもひっきりなし。

もちろん厨房は大忙し。

そこで 60 前後ぐらいの品の良いおばさんが現れ、厨房に向かって叫んだ。

「×△▼に行きたいの!」

店内のお客さん、厨房の中の店員等しく…



( ;・ω・)?



「×△▼に行きたいの!」

いや、あの…



しかしさすがに客商売。

店員すかさず…

「横の階段を下りると改札口がありますから、そこの駅員さんに聞いていただければ、詳しく教えてくれますヨ!」

「ありがとう」

そばを頼むこともなく、何事もなかったかのように立ち去るおばさん。



( ;・ω・) ナ、ナンナンダ…?

あとで店員たちの話が耳に入ったのだが、このおばさん、たまに現れては同じコトを叫び、その都度、店員は同じコトを答えているらしい。

きっとボケてるんだろうネ…



その 3
-----
大雨、大風の朝。

やっと会社にたどり着いたオレは、喫煙室でタバコを吸いながら外を見ていた。

カサも役に立たないぐらいの強い風プラス大雨で、道行く人はみなぐっしょりと濡れている。

そこへ両手にブ厚いファイルをたくさん抱えた OL が、カサをさしつつヨロヨロと歩いていた。

今にも吹き飛ばされそうな様子。

「ア… 危ない、アブない…」

と思ったのも束の間。

強烈な追い風にあおられたその子、思わずバランスを崩し、前のめりになったかと思った瞬間…



ヘッドスライディング



しかも…



水たまりに



( ;・ω・) ウ、ウワッ…



通りかかった人たちに助け起こされたが、水たまりにヘッドスライディングしちゃったもんだから、その女の子、見るも無惨に身体前面びっちょり。

しかも、これ朝のことだから、かわいそうにその子。

今日一日この服で会社にいなきゃいけないんだろうネ…

帰りの電車とかどうすんだろか…



って、これは 「( ・ω・)モニュ…? な話」 じゃなくて

「( ´;ω;`)ウゥ…(泣) な話」 ですナ(笑)