ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

静岡遠征始末 ~後編~

9 月 26 日(日)

朝、目が覚めたらみっちーさんはすでにいなかった。

オレ、全然知らなかった(笑)



さすがに呑み過ぎたかな…

あぁ… 頭痛ぇ…



シャワー浴びて階下へ。

このホテルにはパンとコーヒーのモーニングサービスがあるのである。

頭痛いけど、喰うモノは喰います(笑)



パン 3 つとゆでたまごをむさぼり喰っていたら、 HIDE さん、みっちーさん登場。

「おはようございまぁ~す!」



夕べ、あれだけ呑んだのにパンにマーガリンつけて、ゆでたまごに塩かけてむさぼってるオレを見、一瞬であるがおふたりに 「こ、こいつ、よく喰えるナァ…」 という表情が浮かんだことをオレは知っている(爆)

そのうち儀助さんも登場し、さて、そんならそろそろ行きますか。

チェックアウトの時、オレの部屋のキーが見当たらず、ちょっと皆さんをお待たせしてしまったが、無事見つかり、ホテル出発。





TEAM 輪舵(Linda)勢揃い。

赤とチェレステが交互に並びました(笑)





オレ(笑)  photo by 儀助さん

本当は左側に HIDE さんが半分写っているのだが、 HIDE さんの所属事務所は通していないので、トリミングさせていただきました(笑)

って、オレ、足短かっ!

orz





住宅街に佇む登呂遺跡(笑)





遺跡の前で寄り添う儀助さんの LOOK とオレの Bianchi(笑)





あ、こっちでも寄り添ってる(笑)

HIDE さんの Bianchi とミッチーさんの Anchor





駿河湾沿いのいちごラインにて。

ここでも赤とチェレステがお行儀よく交互に並んでます(笑)

この道は右手に駿河湾を望む、気持ちのいい道だった。

ただ交通量もかなりあり、けっこうクルマは飛ばしていたので、ちょっと注意は必要ですネ。

それと向かい風がしんどかった…(辛)



さて、ここから…

いよいよ本日のメインイベントである日本平ヒルクライムが始まるっす。

儀助さんはヒルクライムもロングもいけるオールラウンダーだし、 HIDE さんもみっちーさんもバリバリのクライマー。

オレはと言うと、体重過多だし、箱根もスルーしちゃったし(笑)

ヤダなぁ… ( ´・ω・`)



と、とにかく用意ドン!

オレ、早くもハァハァハァハァ…(笑)

儀助さんは自分のペースで粛々淡々と登ってるし、 HIDE さんも涼しい顔でぴったり着いてくる。

みっちーさんは 「ボクはヘタレで遅いですから一番後から行きます」 とか言いつつも、これまたぴったりと(笑)



オレ、あんまりハァハァ言うのも恥ずかしいので、できるだけ呼吸を整えたが、そんなんムリだってば(笑)

ピークを目の前にして、オレ、ついに足着き(爆)





これで標高どれぐらいあるんだろう…

ルートラボでは最高点で 400m ちょいだったので、そこまでは行ってないけどネ。





サドルバッグの下にヘバりついてる輪行袋がマヌケです(笑)





到着!

疲れました(死)



しばし休憩。

そして始まりました、お約束の 「交換試乗会」 と 「ホイール交換会」 (笑)



HIDE さんの Bianchi B4P フルカーボン。

とにかくソフトで乗りやすく、身体にやさしいバイクという感じがした。

オレのはアルミなんで、身体にキビしいバイクです(爆)



みっちーさんの Anchor RNC7 クロモリ

しなやかですネェ…

シャッ! シャッ! と小気味良く進んでいく加速感が気持ちいい。



HIDE さんは儀助さんのホイールと交換。

このタイミングでシャマル様が間に合わなかったのはまったく残念。



「隣の芝生はきれいに見える」 とは言うものの、やはり皆さん、いいバイクをお持ちです。

それぞれに個性があって、自転車って本当におもしろい。



ちょっと雲が厚くなってきた。

それにつれて、気温も下がってきただろうか…



さて、下り。

「大好きな下り!」 と HIDE さんうれしそう(笑)

さすが 「大好き」 というだけあって、 HIDE さんめっちゃ速いです。

昔はオートバイで峠を攻めていた、というだけあって、峠の走り方を身体で知っているんでしょうネ。

オレなんか怖くて、とてもあんなスピードでは走れない。



あれよ、あれよと言う間に見えなくなった HIDE さんと、ぴったりとくっついて快走していくみっちーさん。

「もう少し路面がよくないとナァ…」 と文句言いながらもオレをブチ抜いてスッ飛ばす儀助さん。

オレ、もう必死で後追っかける(恐)



でも確かに下りは気持ちいい。

「ごほうび」 とはよく言ったモンです。

あとで HIDE さんに聞いてみたら、ほとんどブレーキは使わなかった、と。

スゲェ…

オレなんか手が痛くなるぐらい、ブレーキ握ってたのに(笑)



下界に下り、昼メシ。

HIDE さんとみっちーさんは 「ラーメン」 と言うと、オレが連想されるようで(笑)、何という光栄な(爆)

なのでやっぱりラーメンを喰います(笑)





とんこつチャーシューメン大盛り(爆)

あ、いけネ!

写真撮る前にハシつけちゃったヨ(笑)



無我夢中



(笑)



しかし隣の HIDE さんは、何だかあまり食欲がなさそうで、つけ麺を一口食べてはしばしハシが休む。

そらそーだよネ。

昨日、あれだけ走った上に、深酒で睡眠時間も短かったろうし、それで今日は日本平だもんネ。



オレはとんこつチャーシューメン大盛りを余す所なく完食(笑)

そこへ HIDE さんが…



「あの、こたさん… もしよかったら、このつけ麺…」







(核爆)



また、やっちまったヨ! ママン!

ほとんど残ってた HIDE さんのつけ麺も喰っちまったヨ!!



i!i!i!i!i!i! ○| ̄|_ i!i!i!i!i!i! オワタ…



げっぷ

「でも、 HIDE さん、このつけ麺のタレは、ちょっとキツいかもネ」

「あ、う、うん…」



しかし彼の顔には 「全部喰ってから言うか…」 との表情が、ありありと浮かんでいた(爆)



無事メシも喰ったので、さっそく静岡駅まで向かいましょう(満腹)

東静岡を過ぎたあたりで…





でかガンダム発見(笑)

あ、そういえば、ここも目的地のひとつだったっけ…(笑)

遠くから写したら、やっぱり小さくなってしまったので、こんな風にしてみた(爆)



途中、信号待ちをしていたら、 HIDE さんのバックパックからヘルメットフォルダーの網がハミ出ていた。

それを直しつつ、以前から思っていたことを HIDE さんに言ってみる。



「ねぇ、 HIDE さんさぁ… このフォルダーの網って、オレ何度見ても 網タイツ に見えるんだけどさぁ、そんなことない…?」

「は…?」

「しかもオレのヘルメット白だから、白のランジェリーに網タイツみたいに見えるんだよネ」

(爆)

「そんなら、こたさん、ヘルメット、ピンクに塗っちゃえば? ついでにフリルも付けてさぁ♪」

ふたり、核爆

変なおっさん(笑)



静岡駅到着。

でっかい駅であり、日曜日の午後なので人通りも多い。

しかしそんなことは一切おかまいなく、自転車バラして輪行袋に詰めるおっさん 4 人(笑)





完成(爆)

4 つも輪行袋が並ぶと、さすがに偉観(笑)

しかもポップな看板の前で、何かのオブジェみたい(笑)



それぞれ帰りのチケットを買い、喫茶店でしばしまったり。

いよいよ遠征の終わりが近づく…



後編・完