ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

フレンチ・高速・ダイヤモンド

昨日のこと。

矢印東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート という、ディズニーリゾート内のホテルで食事した(笑)



女房が職場でこのホテルでのディナー招待券をもらってきたのである。

ペア招待券なのだが、せっかくなので子供たちも連れていきましょう、と。

フランス料理・中華・懐石と選べたが、まぁ子供たちにも経験させたいし、フランス料理に決めた。



ウチから高速外環に入り、首都高 6 号線を浦安でおりる。

すいていれば 1 時間もかからないのだが、大渋滞(笑)

まったく高速道路で渋滞に巻き込まれるほど、腹立たしいことはない (`´#)

予約時間に遅れるかと思ったが、最後はスッ飛ばしてやっと間に合った。



ホテル到着。

ライトアップされ、イルミネーション輝くホテルに、子供たちが反応して曰く



「うわ~… ヤバ過ぎるヨォ~ これぇ~♪」


(笑)



高校生と中学生の女の子ふたりなのだが、これぐらいの子たちにとって 「ヤバい」 は 「スゴい」 と同義語なんである(笑)

「正しい日本語を使うように、親が教育せねばならん」 とかって言われそうだけど、まぁコトバなんつうのは、時代とともに変わっていくモノなんだから、別にいいのでは…?

「ら抜きことば」 なんて、テレビ番組では普通に使われてるもんネ。



第一、かの志賀直哉だって 「日本語は不完全な言語だから、そんなもんはやめちまって、日本の国語はフランス語にしよう」 とかって言ってたワケだし(笑)

言語の鑑であり、言霊使いを生業としている作家ですら、こんな基地外じみたこと言ってるワケで、もってコトバの変遷というものは…



ナニ言ってんの… オレ…?



(爆)



しばらくロビー内をうろうろ。

イルミネーションがきれい。

家族連れやカップル、みんなウレしそうです。

やっぱり観光産業というのは、夢を売る、いや夢を見させる産業なのだと、今更ながらに痛感。



でも添乗員やってたころは、海外のこんなホテルで 「部屋が足りネェ!」 とか 「客のスーツケースがなくなった!」 なんてやってたのかと思うと、何だかしみじみしてしまった(笑)



レストランへ。

最上階のフレンチレストラン。

家族でフレンチなんて、もちろん初めて。



女房とは…?

えぇ~っと…(笑)

たぶん 20 年ぐらい前に、香港のシャングリラで喰って以来か…(爆)





やっぱりこうやって子供たちを前にすると、大きくなったもんだと実感。

同時にトシ喰ったと、感慨(笑)



基本的にメニューはコースなのだが、アラカルトでも OK だと。

でもこういう時はコースに限るよネ。

ワイン選びだって、ソムリエに 「家族連れのサラリーマンが払える程度のモノ」 と頼めばバッチリのものを選んでくれるし。

もっとも、オレは運転があるので呑めませんが(笑)



緊張気味の子供たち。

ウェイターたちも何やかんやで話しかけてくれ、和やかな雰囲気に。



料理もおいしかったです。

フランス料理なんて喰ったコトないので、善し悪しはわからんが、家族で喰えばどんなモノでもウマいし、ましてやこんな雰囲気の中で喰うのも、また楽しからずや(笑)



しかし下の子が、帰りにこっそりとオレに耳打ち。

「ねぇ、父さん… とってもおいしかったケド、ワタシ、サイゼリヤの方が寛げる…」

(爆)



いや、キミだけじゃないんだヨ。

お父さんだって、山田うどんの方がよっぽど寛げるから(笑)



料理も終盤にさしかかったところで事件発生。

女房がしてきたダイヤの指輪。



ダイヤがなくなっている


(核爆)



台座からすっぽりと抜け落ちてるそうで、女房真っ青(怖)

レストランに入る前に行った洗面所かも知れない、と。



気もそぞろの様子だったが、子供たちに知られてはまた心配させるので、とにかく食事を進める。

いや、でも見つからないだろうナァ…



めっちゃ小さいダイヤだし


(爆)



最後のデザート。

アイスクリームとフルーツとケーキに、何とかいうソースのプレート(笑)

子供たちは、これが一番ウレしかったようである(笑)



ごちそうさまでした。

いやいや、おいしかったし、楽しかった。



しかし女房はそれどころではなく(笑)

トイレに急行、そして



みつけてきた


(爆)



女房曰く、



引き寄せられた


さすがです(愕)

よく、こんな小さいの見つけたよナァ…

でもまぁあってよかった。



初めて事実を知らされた子供たちも喜んでいる。

もっとも彼女らの場合は、女房のとばっちりを未然に防げたので、そっちの方を喜んでいるのだろうが(笑)



さぁ帰り。

何だか高速はまだ渋滞しているようだ。

カネ払って時間かかるなんて、非っ常ぉ~に腹立たしいので、下の道で帰ることにした。

もっとも TDR からだったら、自転車で江戸川さかのぼっていけばいいのだが、まぁそうもいくまい(笑)

よっぽど浦安橋に出て、江戸川沿いの道を走ってやろうかと思ったが(笑)



環七も順調、 4 号バイパスなんてまさに高速状態(笑)

一般道、大正解(寿)

いい気持ちで飛ばしていると…



「あ、パパ、ロードバイクが走ってるヨ」 と女房。

最近、女房も普通に 「ロードバイク」 という言葉を使うようになった(笑)



「あ、ビアンキじゃん…」

「あらま。何色だったの?」

「チェレステだった」

「パパのと同じだネ」



「チェレステ」 も理解したようだ(爆)



どこかの帰りなのだろう。

リアランプをチカチカさせて車道左側を走っている。

こんなにクルマが飛ばしてたら、コワいだろうナァ…

思わず先週の自分を思い出した(笑)



無事帰着。

おいしかったし、楽しかった。

また行きたいケド…

誰か招待券ください…(笑)