ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

クマさん

今朝のこと。

始発電車に乗ろうと、列を作って待っていた。

と、隣のおじさんの携帯に着信。



「もしもし?」



特に気にもせず、文庫本を読むオレ。



「もしもし。はいはい… え… そうなの…? 困るナァ…」

どーした、おじさん?(笑)



「なんでシノザキのヤロー、休んでんだヨ。穴あいちゃうだろ」

「あいつ、今日来るって言ってたゼ。いい加減なヤツだナァ…」



察するところ、何かの現場の人員アサインだろうか。

今日、来るはずのシノザキが、突然休んでしまったので人繰りがつかん、と。



「うん、うん… わかった。じゃぁオレから 「クマ公」 に電話してみるワ」

「大丈夫だ、オレが絶対行かせるから。また電話する」

( ・ω・) クマ公…?



長屋にでも住んでんのか



(笑)



「クマ公」 にシノザキが休みやがったから、オマエ代わりに出てこい、とかって電話すんだろう。



電話をかけはじめるおじさん。

あ、もしもし!



クマさんかい…?Docomo_hart



(爆)



「朝早くから、ごめんネ。あのサー 今日シノザキのヤローが突然休みやがってさー」

「そんで悪いけど、クマさん、これから出てきてくんないかなぁ」

「あ、いやいや、今からでなくても… ひ、昼からでもいーんだけど…」

「あ、でもホントはできるだけ早く来てくれると助かるんだけどネ…」



めっちゃ低姿勢



(笑)



さっきエラそうに 「クマ公」 なんて呼んでた、あの勢いはどうした…!?(笑)

まぁでも、そうだよネ。

今日はお休みのはずのクマさんに朝っぱらから電話して、休日出勤してくれないか、って言ってるワケだから、そらーそんな風に腰を低くしなきゃいけません。



そのおじさんはオレの左となり。

オレが真ん中で、オレの右にはおねえちゃんが立っていたのだが、そのおねえちゃんもクスクス… って言うか何て言うか(笑)



「悪いな、クマさん… あ、そ、そうそう! 前から約束してた、呑みに行こうって話、きょ、今日行こう! ナ、それがいいヨ! ウマい小料理屋があんだヨォー」

あーあ ついに酒でツリ始めちゃったヨ(笑)



「え… なに…? ダメ…? なんで…? た、頼むヨォー クマさぁ~ん」

そーだ! クマさん、もっとネバれ! 小料理どこじゃネェ! 大料理にありつけるゾ!



「え…? あ… あぁぁ… そうなんダァ…」

「わかった… 何とかするヨ… ごめんヨ、朝早くに電話しちゃって」

ぷち…



( ;・ω・) ど、どーした! おじさん! そんな簡単に引き下がっていーのか!



途方に暮れたように、天を仰ぐおじさん。

あそこまで低姿勢かつ酒でも釣れなかったクマさんだが、いったいクマさんに何を言われたと言うのダ!

どーしたクマさん! いったいアンタに何があったんダ!



もう列に並んでるオレたち全員、さすがにガン見はしないものの、なんでクマさんが出て来られないのか、そしてこのおじさんが次にどう出るのか、めっちゃ気になってる(笑)

隣のおねえちゃんなんて、さっきまで携帯いじってたのに、そそくさとしまい込んじゃって、心なしかおじさんの方に耳傾けて来てるし(笑)



気を取り直したように、どこかに電話をかけるおじさん。

もうオレたちの耳、全員…







(爆)



「あ、もしもし! オレ、オレ!」



「ダメだ、クマ公のヤロー…



朝っぱらから酒呑んじゃったんだってサ!」



(笑)



オレとおねえちゃん、ほぼ同時に ぷっ! (爆)

いや、このおじさんにとっては大変な事態なのだから、笑っちゃいけないのだが(第一、全然知らない人だし・爆)、何だかコントのような進行に、オレたちの表情は引き攣れっぱなし(笑)



さー、どーする! おじさん!

シノザキはいきなり休んじゃったし、頼りにしてたクマさんは朝っから酔っぱらってるし!



ほら、早く結論だせヨ。

もうすぐ電車が来ちゃうじゃねぇーか。

ため息ついてる場合じゃネェだろ。

オラオラ、どーすんだヨ。



しばらく、あぁでもない、こうでもないと電話で話していたおじさんだったが、どうやら結論が出たようだ。



「じゃぁもうしょうがねぇナァ…」

「今日は…



なかったコトにしよう



(爆)



い、いーのか、それで…?!

何の現場か知らんケド、なかったことにしちゃっていーワケ…?!



そこへ計ったように始発電車入線。

隣にいたねえちゃんは、オレの正面の席に座り、思わず目が合ってしまい何となく会釈(笑)

おじさんは、車内では電話をかけることもせず、もうどうでもよくなったのか、固く目をつぶった。



そんな週末の朝だった(笑)