ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

不動峠走行会 やっぱりいろいろありました

slowbike 峠部会の走行会で、筑波山不動峠に行って来た。

ちなみに slowbike には 「峠部会」 なんてモノはない。

筑波山に行きましょう♪」

「そうしましょう、そうしましょう♪」

と集まった人たちを、オレが勝手に 「峠部会」 にしちゃったのである(笑)



当日。

8 時に流山ヤマザキ DS に集合。

オレ先着。

さっそく CRM に 「着きまつた!」 を流す。



ほどなく携帯が震える。

ぷち。

お! 今日の先導役のこうじさんからダ!



寝坊しました。


(爆)



いや~ 今日も何だか 「そんな感じの」 予感がするナァ~…(笑)



浩さん、てるさんも到着。

こうじさんがいないんじゃ道もわからんので、とにかく待っていたが



めっちゃ寒い



いい感じで暖まってた身体も、汗で冷えてきまつた。

3 人で日なたに移動したり、足踏み(笑)したりしたが、凍死寸前。



「こうじさん、きっと すいませぇ~ん! とかってゼエゼエ言いながら来るだろうネ」

「そらーそうだヨ。 寒いっすネェ… とかって普通の顔で来たら、おらぁキレるゼ」



(笑)



「すいませぇ~ん!!」



予想通りに登場(笑)

頭から湯気立ててるし(爆)



ひとりホカホカ状態のこうじさん以外、オレたち 3 人は飢えと寒さのために身体が動かない。

とてもこんな状態では自転車に乗れないので



「あ~ なんか暖かいモンでも呑まないと身体動かねぇナァ…」

「そうそう… あぁ 寒みぃ…」



「おごらせていただきます」 <(_ _;>



(笑)



あ、そうですか…?

すいませんネ、何か催促しちゃったみたいで(笑)



身体も暖まり、飢えと寒さから解放されたオレたち。

さっそく出発しようとしたが、なぜかこうじさんのサイコンが動かない。

表示はされるのだが、ゼロ表示からカウントしないのである。

センサーの位置を直してみたりするが、反応なし。



「電池切れじゃない…?」

「そうかも… 何せ買った時の



お試し電池から替えてないし」



電池切れだヨ! ヾ(`д´)ノ彡☆



(笑)



しかし CR2032 は



売り切れ



(笑)



まぁコンビニはそこら中にあるだろうし、とにかく出発しましょう。

というワケで、先導役のこうじさんはスピードもペースもわからないままに走り出す。



こうじさん、いきなり道の反対側にダァッシュ!

( ・ω・) ドーシタノ…?



コンビニがあるんです!



え、どこ…?

コンビニなんて見えないじゃん…



とにかく先導役の後を追うオレたち 3 人。

ほどなくこうじさん U ターン。



ツブれてました!



(爆)



というワケで slowbike 峠部会(仮称・笑)初の走行会は、波乱含みで始まった。

あぁぁ…

こんなスタートだったら…



きっと今日も何かがあるに違いない…



!i!i!i!i!i ○| ̄|_ !i!i!i!i!i



って、出発までにこんだけネタがあるのも、どーなんダ! って気もするんです(笑)



ようやく 「ツブれていない」 コンビニを発見し、電池購入。

見事に生き返ったこうじさんのサイコン。

さぁ気を取り直して、レッツラゴー!



こうじさんを先頭に粛々淡々と走るオレたち。

これで道を覚えて、今度はひとりで行ってみようと思っていたのだが、早くもわからなくなってるし(笑)



一面、見渡す限りの田んぼの中の農道とか

用水路脇の軽トラがちょっとコワい田舎道とか

バイオハザードの舞台となりそうな無機質な研究所が建ち並んでいたり



こうじさん…

よくこんな道知ってるネ…



(笑)



自分がドコにいるのかもわかりません。

置いてかれたら絶対帰れないので、とにかくみんなからはぐれないようにしなきゃ…





何だか刑務所の塀の中のようだが(笑)、コンビニの駐車場です(笑)

1 回めの休憩地点。

同じ趣味同士の人が集まると、話もハズみますナ。



さぁ出発。





到着(早!)





ついに来ちゃったヨ…

筑波山不動峠



確かに前から一度来たかったところではあるが、関東の自転車乗りの間ではめっちゃ有名なところだしナァ…

とにかく今日の目標は足つきなし、っつうコトにしよう。

どうせ速くは走れないんだし。



しかし、ここで誰から先に行くかでもめる(笑)

結局、トシの順(笑)ということになり、まずは江戸川の蒼い稲妻こと浩さんスタート!

続けて睡眠たっぷり取ったので体力は余裕だゼ! と、こうじさんスタート!

さらに今日は手組みホイールで参加です、いろんなモノをたくさん持ってるゼ! てるさんスタート!



みんな激速



( ・ω・) ウソ…



え、え、え、そんな速さで登っていっちゃうの…?!

確かにオレを除く全員はめっちゃ細くて、見るからにクライマー体型なんだが、それにしても…



しかも浩さんとてるさんは初峠。

初めてで不動峠、っつうのもスゴいけど、どうせペースがわからなくて途中でヘバるに違いない。

稲妻なんてアウターで登っていっちゃったし(笑)



でもまぁみんなオレよりずっと若いしナァ…

若いっていいナァ…

などという話を、帰ってから女房にしたら



「まぁまぁ何ですか 若い人たちと一緒になって」



と言われた(爆)



まぁそうやってヘバってる横を、のったらのったら登るオレが抜いてやるヨ。

ヒヒヒ ← slowbike 伝統のひとこと(笑)



例によって時速 10km/h ぐらいでのんびり登る。

そんなにキツい峠ではないけど、まぁ 10km/h ですから(笑)



「ここらで半分」 と教えられたコンクリートブロックを通過。

そろそろヘバってる連中と会うかしら… と思いつつ、えっちらおっちら登っていくが



誰もいない



(笑)



あのままのペースで行っちゃったのネ(笑)



ラストの 10 %表示の坂。

よいしょ、よいしょと登ってゴール。





やっぱりみんなはとっくに到着していた(笑)



トップはやはり浩さん。

15 分だって(凄)

やっぱり平地で速い人は登りも速いナァ…



「浩さん、初めての峠はどうだった…?」

「あ、キツかったっすヨ」



心がこもってネェヨ



(爆)



続けててるさん、こうじさんと到着したらしいが、みんな 16 分とか 17 分とか。

オレ…?



24 分



(爆死)



いーの。

とにかく足つきなしで、ゴールしたから。

って、あんだけ遅かったら、そらー 足もつかんでしょう って話です。

!i!i!i!i!i ○| ̄|_ !i!i!i!i!i



さて、ここから。

さらに上もあるらしいのだが、ちょっと時間も押せ押せになってるので、ここで引き返し。

ダウンヒル開始。



平地でも登りでも速い稲妻・浩さん先頭、その後をおっかけるてるさん、アッ! という間に見えなくなり。

オレはその後で 「そうでっかぁ ほんなら行きまっかぁ」 とのんびりスタート。

こうじさんは 「安全第一」 ということで(笑)、殿をつとめる。



路面はかなり荒れてます。

おまけにところどころ濡れてたり、落ち葉がスゴいのでコワい。

こんな道、よく飛ばせんナァ… と思いっきり他人事で(笑)走っていたら…





ウソだろ…



またパンクしちゃたあヨ!







この前もこのメンバーでパンクしてるし、この前も山でパンクしてるし…



パンク大魔王降臨ですか



!i!i!i!i!i ○| ̄|_ !i!i!i!i!i



涙目になったところでこうじさんに追いつかれる。

とにかく先におりて、先行してるふたりにこの状況を伝えてください、オレもなるべく早く行きます!



と言いながらも…

ひっくり返した写真など撮ってるワケですけどネ(爆)



さすがにこんだけやってりゃぁ手際もめっちゃよくなり、 5 分ぐらいで完了。

もはやチューブ交換だけは自転車屋並み(自爆)



タイヤもチューブも替えたばっかりなんですけどネ…(泣)

でもまぁパンクする時はパンクする、っつうことで。



でもしない時はしない。

現にこうじさんなんて 3 年ぐらいパンクしてないらしいし、浩さんなんて一度もない、と。

!i!i!i!i!i ○| ̄|_ !i!i!i!i!i  コノ差ハ何…



あんまり皆さんをお待たせしても申し訳ないので、とにかくそそくさと終わらせて下り出す。

あ、みんな待っててくれてる…

ありゃ、みんなカメラ向けてんじゃん(笑)



ヤ、ヤメテ…

撮さないで…



が…

しゃーと走って来たところをカメラで撮影されるなんて



ツールドフランスみたい



(爆)



ステージ優勝した時のように、両手をあげてガッツポーズしてやろうかと思ったが、あんまりスピードが出ててコケそうだったのでやめた(笑)

これでコケた日にゃぁさらにネタ提供しちゃうし。

おまけにてるさん・浩さんなんてムービー撮影してたらしいし(爆)

YouTube やニコ動なんぞに投稿されたら、コトである(笑)



あぁぁ… 疲れた…(笑)

さて、やっと昼メシです。

こうじさんお薦めのラーメン屋へ。





今日も喰います。

味噌バタコーンラーメン。

orz



こうじさんが、この店の餃子無料券を用意してくれていたので、ありがたくいただく。

ラーメンの向こうにある皿が、それです。

すでにありません(笑)



あぁ…

でもラーメン、めっちゃウマかった(福)

やっぱり峠の後は炭水化物っすよネェ(肥)



すっかり満腹/満足の 4 人。

あとは帰るだけだが、太陽との勝負でもある。

しかし全員がライトを持っているので、暗闇でも安心♪

そう思ったオレがバカだった。



さぁそろそろライトオンですかネェ…

こうじさんとオレは同じ閃 305



てるさんは 200 ルーメンの、何だかサーチライトみたいなごっついヤツ。

極めつけは浩さん。

350 ルーメンの T-REX だって(爆)

これはもう凶器に近い(笑)



こうじさん、オレが 100 ルーメンで細々と走ってるでしょ。

んで、後ろから 200 と 350 に照射されるワケですヨ。



自分のライトがいらない



(笑)



って言うか、



自分のライトの存在意義がない



!i!i!i!i!i ○| ̄|_ !i!i!i!i!i



しかも浩さんとてるさんのリアライト。

ブラックバーンのマーズかな…

これも、もはや兵器に近い(笑)



ふたりのうしろについたら、めっちゃ後悔した(笑)

目がツブれます(痛)



特に浩さんの 前:T-REX /後:マーズ の光モノぶりと言ったら、これはもうすでに自転車ではない。

無音でふたつの光が高速移動してるワケだから、これハタ目から見たら UFO と思われるかも(笑)



これで 「ライトマニア」 の 矢印とまぬさん が一緒だったら、エラいことになってただろうナァ…(笑怖)

警察に捕まるかも知れない(爆)



そんなワケで朝の集合地点のコンビニに無事帰着。

相変わらずいろんなコトがあったケド(笑)、とっても楽しかった。

こうじさん、浩さん、てるさん、ありがとうございました。



浩さんとは、すでにまとまっている某商談の確認。

てるさんから、また魅惑の商談が持ち出され…



オレの物欲も T-REX



(爆)



再会を約し、みなさんと別れてオレは江戸川へ。

何度か段差で 305 が消えるが(笑)、バンバンと叩き復活(爆)

いい感じで 30km/h 巡航、 「ポニーテールとシュシュ」 を歌う声にも一段と力が入る(爆)



自宅着。

今日のメンバーからも続々と 「着きまつた」  CRM が入る。



みなさん、お疲れ様でした!

ありがとうございました。

またよろしくお願いします <(_ _)>



フロに入り、気持ちよくさっぱり。

「パパ、ごめん、ビール買ってくるの忘れた」 と女房。

「いいヨ、いいヨ。オレが買ってくるヨ」 と、非常に機嫌のいいオレ。



ポニーテールとシュシュ」 の続きを歌いながら、近所のコンビニに行ったら



臨時休業だった



!i!i!i!i!i ○| ̄|_ !i!i!i!i!i



走行時間:  6:42'05

走行距離:  150.14km

平均速度:  22.4km/h

最高速度:  43.2km/h





「 8,000 点を超えたので保存できません」 と。



!i!i!i!i!i ○| ̄|_ !i!i!i!i!i