ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

タイヤをどうしよう

トイレには、それはそれはキレいな女神様がいるというが。

タイヤには何かいるのだろうか。

とかって、おセンチ(死語・爆)なワタシ♪

orz



ちなみに 「おセンチ」 って入力しようとしたら 「汚染値」 とかって変換しやがって ATOK のヤロー ( #`´)



見事にクギを踏み抜いてしまった先日。

ぽっかりと 5mm 程度の穴があいており(笑)、裂けているワケではないのだが、これはやっぱりダメだろうナ…



いろいろとネットで検索してみたところ、出先などで、タイヤに穴が空いてしまった場合は 矢印タイヤブート というのがあるらしい。

見ての通り、タイヤの裏側からパッチを貼るのだが、やはり 「応急」 の域は出ないらしい。

ぐっさりと奥まで穴が貫通してしまった場合、走行性能やグリップの低下(たぶんオレにはわからないだろうケド・笑)はもちろん、チューブの内圧に耐えられずバーストする危険性も多分にある、と。



( ´・ω・`) ソウダヨネェ…

もう背に腹は替えられないッス(泣)



思うに、どんなに耐パンク性能が高いタイヤとか、高価なタイヤを履いても、こんな風にクギとか踏んじゃったらパンクするよネ。

だから安物でいい、というワケではないが、今回はなるべくサイフにやさしい方向で考えたい。



その前に、今まで履いてきたタイヤを振り返る(笑)

まず完成車についてきたヴィットリアのザフィーロ。

通称 「鉄板」 というそうだが(笑)、それでもコイツには 5,000km 以上乗った。

最後はケーシングも見えちゃうし、サイドも裂けてブツブツ穴が空いてきたので交換。



次はミシュランのクリリオン・カーボン。

これはいいタイヤだと思う。

しばらくビアンキで乗ったが、その後 R3 に移植。

2 台合計で 3,500km ぐらい走り、今でも R3 で走っているが、ビクともしない(笑)

評判通り、 5,000km はイケそうです♪



まだまだいけるクリリオンを R3 に移植したのは  矢印Hideggle から新製品が発売されたから(笑)

それがブリヂストンサイクルのエクステンザ RR2X

乗り心地に優れたロング最適タイヤということで、大いに期待。

しばらく走ってみて、これはイイ! ( ・∀・) と思ったところでパンク(爆)



ガラスの破片でも踏んだのだろうか。

リアが 2cm ほどざっくりと裂けてしまった。

さすがにこれ以上は乗れず、傷モノと無傷な方と一緒に丸めて物置に放置。



で、泣く泣く今のタイヤであるユッチンソンのアトム・コンプを購入。

さすがにけっこうな値段がするだけあって、オレなんかにはもったいないタイヤであり、最低でも 2,000km は乗ろうと、洗車の度にスポンジできれいに洗い、異物なんかのチェックをしていたとゆーのに。

まだ 1,500km ぐらいしか乗ってないとゆーのに。



(泣)



実は次期タイヤには 矢印ゴミタリアのカリプソ にしようと思っていた。

ネット上でも、もっぱら 「しなやか」 「乗り心地がよい」 という評判だし、 10,000 円でお釣りがくるので、まぁいいかナ… と。

しかもオレのまわりでは、ゴミタリアに乗ってる人はいないので、ネタ的にもいいかと(笑)



しかし、それは。

今のタイヤが天寿を全うした時であり、このように突然死に至った場合の心の準備というか、資金の準備がないっすヨ(笑)



でもタイヤがないと走れないし(笑)、明日からまた週末だし。

で、まぁ選択肢としてはいくつもなく、とにかく小物ばっかり買っちゃって、もうカネないからなるべく安くあげたい。



CBA では、パナレーサーのカテゴリー S を投げ売りしているようだが、何だかあまり評判も芳しくないようなのでパス。

で、結局 RR2X をもう 1 本買うことにした。



物置に放置された無傷な方の RR2X はまだ 200km ぐらいしか走ってないし、それを前にハメて、新しい方を後ろにして、適当にローテーションすれば、大丈夫だろう。

週末には間に合わせたかったので、またワイズでも行って買ってくるかと思ったが、ふと見た Amazon では 「お急ぎ便利用」 にて、注文の翌日、つまり今日には配送される、とのこと。

思わずポチ。





さっきも発送のステイタスを確認したが、発送準備中だと。

ホントに今日中に来るのかな…



って、今度はホントに長持ちしますように…(祈)

ってか 【普通に】 もちますように…(頼)