ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

台湾ひとり旅 その4

「せっかく旅行に行ってるのに、毎日こんなブログ更新してご苦労なコトですなぁ」

という声が聞こえてきそうな今日このごろ(笑)

だって、夜はヒマなんだモン(笑)

メシ喰って、フロ入って、ビール呑んだら、もうやるコトないんだモン(笑)



というワケで 4 日め。

金門島からの移動日。





宿の朝メシ。

昨日は 「民宿」 と書いたが、宿泊と朝食がセットなので、どちらかというとB&Bに近い形態なのだろう。



このおかゆが絶品だった。

ほとんど米粒がなくなるぐらいのトロトロで、肉団子、レバーが入ってタマゴで閉じてある。

薄い塩味で、丼に乗っている油条(小麦粉をねじって油で揚げたもの)をちぎって、おかゆに浸して食べるのが現地流。



おかゆは大釜で煮てあり、おかわり自由。

思わず 2 杯も喰ってしまった(笑)





宿の人からもらった手作りまんじゅう。

うるち米に何とかいう植物で薄紅色に染め、中はさっぱりした甘みのあずきあん。

何だかとっても優しい味だった。



さて、出発までにはまだ時間がある。

ちょっと部屋で荷物整理したり、うだうだ。

チェックアウトして荷物を預けてから、宿のまわりを散策。





この宿のまわり全体が 「歴史的建築物保全地域」 というコトで、こんな洋館がたくさんある。

ほとんどが海外で成功した華僑が建てたものであり、今でも家族が生活している建物もあれば、記念館的なものもある。





洋館群。

変に手をつけずに、風格を保持できるだけの補修にとどめているのが好ましい。

これが台湾じゃなく中国だったら、ごてごてに上塗りされて、ケバケバしく下品かつ思いっきり安っぽくされちゃうところ。





このあたりでは一番有名な 「黄氏得月楼」

黄さんという大実業家の華僑が建てた家で、得月楼とは左側の楼閣。

盗賊から邸と家族、家産を守るための見張り台兼銃撃台で、四角い窓はすべて銃眼。

華僑の資産を狙った盗賊が横行していたことがわかる。





別の建物では、華僑の歴史が展示してあった。

なかなか興味深い内容だったが、このスーツケースは当時の本物だそうです。

ガラスケースとかに入れないでいいのかな…





シンガポールに出稼ぎにいった華僑が、現地で華僑として住民登録した証明書。

楊志傑さん

本籍金門島

23 才

成功して帰って来られたのだろうか。



また、こうした洋館群の他にも、ここらには伝統的な中国式家屋も多数ある。







屋根の両端がせりあがっているのは、福建省・台湾から広東省にかけての伝統的な建築様式。

新築もあったので、未だにこうした伝統的な家屋に住みたいという人がいるのでしょうなぁ。



そんなこんなでいい時間になった。

宿にお願いしていたタクシーは時間通りにやってくる。

これが中国だったら、絶対こうは行かないもんナァ…

(溜息)



運ちゃんがたどたどしい日本語で話しかけてくる。

カセットテープ(!)を聞いて、自分で勉強しているそうで、しばらく運ちゃんの会話に付き合う。



何でも彼はタクシードライバーとの兼業農家だそうで、日本から輸入された野菜や花の種を使ったら、実に良い品種ができ、それ以来日本びいきになったという。

彼はさかんに日本はいい国だ、日本はすばらしい、と絶賛していた。

どうもオレが日本人だから、適当にお上手を言っているのではなく、本心からそう思っているよう…



なんでそんなに日本がいいの…? と聞いてみたら、見てみろ、このクルマもスクーターもトラックも、ウチの畑の野菜や花の種もみんな日本製だ。

クルマもスクーターもよく走るし故障しない。

野菜も花も美味しくてきれいだ。

こんな製品を作る日本はすばらしい国だ、と。



ちょっと即物的な気もしないでもないが、でもこうして直接的に生活に訴えられると、やはり理屈抜きに実感として感じるのだろう。

「でも金門島にはあんまり日本人が来なくて残念だネ」 とオレが言ったら 「だからオレの日本語はこんなにヘタなのダ」 と返された(笑)





金門空港着。





さっそくチェックイン。





空港の売店で 「単車身活 Bicycle & Life」 を買った(笑)

さっそく読んでみたが、内容はまったく日本と同じ。

各メーカ新製品のインプレとか、今年のツール・ド・フランスの紹介とか。





ちょっと訳を考えてみたが…

カーボンホイールを踏み倒せ!

こんなモンだろう(笑)



次の目的地に飛行機が着くのが午後2時過ぎなので、ちょっと早いけど昼メシ喰っておこうかな…



空港の 「快餐(ファストフード)」 で、紅焼牛肉麺(煮込み牛肉麺)を食す。

130 台湾ドル、400 円弱。

やっぱり空港はちょっと高い。





搭乗ゲート付近では、こんなポスターがたくさん貼られていた。

何だろうと思って説明を読んでみたら、島の小学生が航空機の安全を啓蒙するために作ったポスターの優秀作品であった。



飛行機に乗る時は、携帯や MP3 プレーヤーの電源を切ろう!

危険物や液体は持ち込み禁止ですヨ!

と、こんな感じ。



なるほどネェ… と感心してしまった。

これを見る人はもちろんだが、作る側にも安全教育を施しているワケだよネ。



「そうか… 飛行機に乗る時は携帯電話は使っちゃいけないんだ…」

と、ポスターを作る小学生も思うだろう。

実にいいコトだと思った。





ちなみに一等賞はこれ。

さすがにいいデキですナ。





立栄航空 936 便も搭乗開始。

これから、この飛行機に乗って台南という街に行きまつ。



台南はこれまで 1 回しか行ったコトがなく、その時の印象では本当に田舎の小じんまりとした街、というもの。

なのでもう一度行ってみたくて、今回再訪となったのだが、いやいやいや…

空港からホテルに向かうタクシーに乗って驚いた。

実に大都会。



こんなに大きな街だったかな…

もっとも金門島から来たから、余計そう感じるのかも知れないが(笑)、さすがに前回から 14 年も経っているので、街も発展して当たり前なのだろう。



台南の 矢印朝代大飯店 にチェックイン。







この旅行で初めての、ホテルらしいホテル(笑)

台北コンドミニアムみたいだったし、金門島B&Bだし(笑)



で、このホテル。

レンタサイクルがあるんです(笑)





こ、これは…

(笑)





(爆)





さぁ出発!

♪ランランラン…





この黄色の部分が自転車ゾーン。

90 %程度、このようにきっちりと分けられているのに感心した。

しかし自転車の姿はあまり見ない。

だって 33 ℃もあるんだモン(爆)



そう。

ここ台南は熱帯に属するんである。

オレ、GIANT のママチャリこぎながら、早くも汗だく(笑)



第一の目的地 矢印「周氏蝦捲」 到着。



台南では非常に有名なお店で、エビをからっと揚げた料理が特においしいらしい。





右がエビの揚げロール。

左は 「擔仔麺」 といい、肉そぼろ麺と言ったところか。



さすがにエビロールはウマかった。

サクサクしてるし、唐揚げほど重くないので、ちょっと小腹がすいた、なんて時に最適ですナ。

これで締めて 90 台湾ドル、270 円。

ごちそうさまでした。



さて。

オレはどこに行こうとしているのか?

台南市の西に 「安平街」 という、昔ながらの町並みを再現した、いい感じのところがあるらしい。

そこに行ってみたいのでつ。



気温 33 ℃、汗だくになって ♪ランランラン… とママチャリを漕ぐ 48 才のオッサン orz

さて、着いた、けど…



え、ここ…?!



ただの雑然とした街だった。

雑然、っつうか、他の町並みと全然変わんないじゃん。

なんで、これが 「国家指定歴史~」 なんですかネ…?





天后宮の牌楼。





このあたりが、伝統的な街並みを再現し、うんぬん… というところなのだが、いや… 全然かわんないっすけど…





めっちゃ期待はずれ。

どうしようかなぁ… とママチャリと相談(笑)





道沿いにある運河では龍船競争の練習をしていた。



とにかくこんなところで ぼぉ~ としていてもしょうがないので、とりあえず引き返そう。





台南式ウォーターフロントと言ったところか。





ワロタ(笑)

どういう意味なんダ?!(笑)



それはいいけど、ドコに行く?

赤嵌楼に行くか…

ちょうど帰りの道順にあるしネ。





赤嵌楼は国姓爺合戦でおなじみの鄭成功ゆかりの建物。

また蒋介石が大陸から逃げてきて、台湾で亡命政権をブチ建てようとした時、最後まで抵抗した何とかという青年将軍が、ここに立て篭もったのだが、名前が出てきません(笑)

興味ある方はぐぐってください(爆)



さて、ここから。

「度小月」 という、これまた台南ではとっても有名なお店があるんだよネ。

何だか喰ってばっかりだが(爆)、せっかく来たんだから…





到着。

ここは 「擔仔麺」 の専門店なんである。

さっきの 「周氏蝦捲」 でも食べたが 「擔仔麺」 となれば、こちらの方が有名。

まぁ 「食べ比べ」 だと(笑)





見てのとおり、とっても小さい。

2 ~ 3 口で食べてしまう。

上に乗っているそぼろがウマかった。

これで 50 台湾ドル、150 円。



肝心のお味だが…

どちらもウマかったです(笑)



それからけっこう走ったナァ…

どれぐらいかはわからないが、とにかくかなり疲れつつ、台南駅を経由してホテルに戻った。

とりあえず自転車を返し、さて、晩メシ…



ホテルのフロントのおねえちゃんに聞いてみたが、どれもオレが行ってきた場所ばかり。

礼を言って、適当に歩き出す。

が、とっても疲れてまつ(笑)



よっぽどホテルのレストランで喰っちゃおうかなぁ… と思ったが、何となく目にした 「民族焼肉」 という看板。

気がついたら座っていた(笑)





orz

ただの焼肉ランチじゃん(笑)

しかもあんまりウマくない(涙)



今日の夕食は失敗(笑)

こんな時もありますワ。



いつものようにセブンイレブンでビール購入。

バスタブにたっぷりと湯を張り、浸かった瞬間 「うぁぁぁ」 と声にならない声があがる。

気持ちいいっす…



さすがに今日はちょっと疲れたナ…

ブログも書いたし、ビールも呑んだし、テレビでも見ながらゴロゴロしよっと。

明日は台北に戻ります。