ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

心折れ劇場

あ、お久しぶりです。

いろいろとバタバタしてまして、珍しく気落ちしてたりしたモンですから(笑)



全然乗ってないんだよネ。

もともと気が向いた時しか乗らないから、それは別にいいんだけど、思いっきり太ってきてるし、ちょっとマズいよナ…

そんならまぁ今日は天気もいいし、行きまっかぁ

そうでっかぁ~ (ヤル気なし・笑)



と、その前に。





こんなんを買っていた。

SWANS のスポーツマスク。

何せ重度の花粉障害なモンですから ヾ(^^;障害ナノカヨ こんなんでもしないとシーズン乗りきれないヨ。

とりあえず今日、初めて装着してみる。



次。

この前ハデに 矢印自爆した時 ツブしてしまった GARMIN のセンサー。

仔細に検査したところ、ただ割れて接触が悪くなっているだけなようなので、ボンドをはがしてアロンアルファで再接着してみたところ、見事復活(笑)



ただセンサーから伸びてるツノみたいなヤツだけは、どうにもならなかったので…



(爆)



しかしこれではあまりといえばあんまり過ぎるので…



タッチペンで黒く塗ってみた(爆)

すかさず BGM は Paint it Black! by Rolling Stones(爆)



これでセンサー側の LED が、ペダルやスポークの磁石が通過するたびにチカチカ赤くなったり、緑になったりしたので、すっかり復活したものと思い、いざガーミンをオンにしてみたのだが、やっぱりケイデンスが出ないのであった  orz

どっか断線しちゃったんですかネェ~…

これだけ買うのも高いんだよネェ



やっぱ、いいか…

ケイデンスなしでも(笑)



出掛けにこんな心折れ劇場があったものの、とりあえず出発。

行く手に更に大きな心折れ劇場が待ち受けているとは、この時はツユにも思わなかったが。



あ、リドレーにまたがるのも久しぶりだ。

腹が揺れてるし(爆)



葛西臨海公園着。

一言だけツブやいてすぐ帰る。



帰り道。

ちょっとした段差を乗り越えたところで、パキン…



( ・ω・) パキン…?







( ・ω・)



えぇっと…

ボトルの水を呑んで現実逃避。



いや、そんなワケはない。

そんな。

そんなバカな。











ウッソだろー!

どーすんだヨ、これ!



(大興奮)



落ち着け(笑)

興奮してる場合じゃないし。

とりあえず写真撮って、ツイッター、そして slowbike に CRM ダ!



って、それはちょっと落ち着き過ぎ。

ってか、自分のコトなのに、まるで他人ごと(笑)

あ、 CRM には一縷の望みをかけて SOS を打ったけど、浩さんからは笑われるし(爆)、こうじさんは今筑波だからムリ、こば Q さんからはちょっとは減量しろ! と、自分のコトは 120 %棚にブチ上げた返事が帰ってきた(爆)



とりあえず家に帰る方法を考えなきゃ。

ちょっと押してみたケド、何だかハブまでおかしくなっているようで、ぐい~ん… ぐい~ん… と波打つような抵抗を感じ、最後には回転しなくなってしまう。

ここで ぐいっ! と力を込めればまた動き出すのだが、しばらくすると ぐい~ん… ぐい~ん…



ハブに余計な負担かけて、傷口を広げることはないよネ。

ここから家まで 10km ぐらいだから、 3 ~ 4 時間歩けばたどり着くだろうけど、そんなんで押し歩きは却下。



女房は仕事で夕方にならないと帰って来ないし、ってコトはタクシーで帰るしかない。

そんな時のために…

(-ι-) クックックッ…



矢印こんなアプリ を入れておいたのサ。

いや、さすがにスポーク折れを想定していたワケじゃないケド(笑)

老眼で画面がめっちゃ見にくいし、指も震えてるケド、さっそくオンだ!



クリクリクリ…

GPS がオンになっていません」

ハイハイ…



「今、あなたがいる場所はサービスエリア外です」

( ´;ω;`)



「ですが…」

( ・ω・) ですが…?



「サービスエリアはどんどん拡大していきます! 期待してネ!」

ヾ(`Д´)ノ彡☆ 今、すぐ、拡大すれ!



(泣)



これは困りましたヨ!

と、ふと 「△■病院」 が目に入る。



病院ならタクシー呼べるよネ。

祝日で休みだろうけど、宿直の人とかいるだろうから、ワケ話して中に入れてもらって、タクシー会社の電話番号を教えてもらおう。

が、玄関から公衆電話の脇に貼ってある電話番号一覧表が見えた(笑)



やれやれ、これで一安心だけど…

あ…



カネないや



(爆)



給料日前だから、財布の中には確か 5,000 円ぐらいしかなかったような気がする…(貧)

ここから 5,000 円で帰れるかなぁ…

ウチ帰っても誰もいないし、まったく…



一難去ってまた一難



orz



あ、そうだ。

下の子はおばあちゃんの家に行く、って言ってたナ。

おばあちゃん(つまりオレの母親・笑)に 10,000 円ぐらい借りて、それを下の子に持ってこさせて、待たしておけばいいヤ。

そんで、その 10,000 円はトボける、と ヾ(^^;ロクナ死ニ方シナイ



下の子の携帯に電話。

出ない。



(爆)



途方に暮れかけた瞬間、下の子から電話が!

「もしもし!」

(笑)



「そ、そんなワケなのでおばあちゃんから 10,000 円借りて、そんで…」

「(溜息)」

「もしもし…?」



「ワタシの机のシートの下に封筒があって、そこに 10,000 円入ってるから、それを使っていいヨ」



(爆)



何というしっかりした子だ(泣)

オレよりしっかりしてんじゃん(自爆)

って、オレ何だかとっても情けないし  orz



「ありがとう! ユイさん!」

「絶対返してよネ!」



さすがに子供からの借金(しかも中学生・爆)をトボけるワケにもいかないので、これは何かお礼も添えてお返しさせていただこう。

というワケで清々しい気持ちでタクシー会社に電話。



気持ちのいい春の日の中、何台ものロードバイクが江戸川を駆け抜けて行く。

それを病院の前から見ているオレ(悲)



タクシー到着。

運ちゃん、オレを見るなり 「あれ、自転車ですかぁ」

「あ、はい… いや、実はこれこれこういうワケで…」



運ちゃんいわく、このタクシー会社では自転車はお断りなんだそうである。

江戸川にほど近いコトもあって、よくロード乗りから呼ばれるそうなのだが 「このキズはタクシーに乗せる前にはなかった」 とかってクレーム付けられたり、無理やり後部座席にバイク乗せてドロドロのチェーンでシートを汚されたりと、トラブルが絶えないのだそうだ。



そんなんで最初は断ろうと思ったらしいのだが、涙目になっているオレを見て 「まぁいいか…」 と思い直したらしい(笑)

もっとも花粉症だから眼が赤いだけなんですけど(爆)



前後ホイールをはずし、これは後ろのトランクへ。

ちょうど病院の前にスポーツ新聞が捨ててあったので、これでドライブトレインまわりをくるみ、そぉ~っと後部シートへ。



が、この運ちゃん、とってもいい人で、バイクがずれないようにゆっくりめに走ってくれたり、自転車を積むためでも呼べる配車係の人の名前を教えてくれたり(笑)

いや、走りに来てタクシーで帰るなんで初めてだし、できればあまりお世話にはなりたくないんですが…(笑)



自宅着。

おカネは 3,000 円ちょいで(笑)、これだったら下の子のへそくりの在り処など聞き出すコトもなかった(笑)



とりあえずシャワー浴びて、ショップに修理見積もり依頼のメール。

いや、でも原因はわかってるんだよネ。



この前、ハデに自爆した時、スポークにもキズいっちゃってたワケだが、スクラッチ状のひっかきキズではなく、一部がえぐれたような、相当深いキズになっていた。

どんだけ買ったばかりの自転車をハデにコカせてるんダ! って話しだが(爆)



そこがやはり強度的に弱くなっていて、さらにここんとこまったく乗ってなくて体重増加しまくりのオレがのしかかったモンだから、ちょっとした段差の衝撃がきっかけで パキン… と。

おそらくそんなトコだと思う。

折れたスポークの隣のスポーク見ても、やっぱりキズが入ってるしネ。



その辺も正直にショップへのメールに書いた。

どうせプロが見ればわかっちゃうだろうし、ハブまで回転がおかしくなってるから、ショップにお願いせざるを得ないし。



ほぼ 1 ヶ月ぶりに乗ってこれか…

けっこう修理代高くつくだろうナァ…

R3 に履かせてる Racing3 を持ってくるかネ。



あ~ぁ…(泣)



走行時間:  5:01'03

走行距離:  96.69km

平均速度:  19.3km/h

最高速度:  57.2km/h  ←タクシー乗ったから(笑)