ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

保冷ボトル試走編

さっそく使ってみた。

まずは保冷ボトルに半分ぐらい氷を入れて、麦茶を投入。

キャメルバックにも半分ぐらい氷を入れて、こちらにはポカリスエット



キャメルバックの方が保冷効果は低いだろうから、まずはこっちを消化して、次に保冷ボトルの効果を確認しましょう。





灼熱の江戸川ロード(笑)

両脇はジャングルと化してます(笑)





とりあえずディズニーリゾートまで、 50km /約 2 時間を走ってみた結果。



保冷ボトル
-----
半分入れた氷はまったく残っていなかった。

しかし麦茶はまぁまぁ冷えた状態で残っていた。



キャメルバック
-----
効果の程はみなさん、よくご存知だと思う。

さすがに保冷ボトルほどの効果はなかったが、それでも灼熱の江戸川であるコトを考えると、保冷効果は十分に合格点なのではないか。



次にいざ呑む時の使い勝手。



保冷ボトル
-----
まずフタが思ったように パカッ! と開かない(笑)

ボタンを押してもまったく開かない時が数回あり、不良品かと思ったぐらい。

また飲みくちはキャメルバックやシロクマのように 吸い出す/握りしめる→ドバッと出る というプロセスではなく、ただ吸口があるだけなので(だから開閉式のフタがあるんだネ)、非常に飲みづらい。

中に氷が残ってたりすると、それが吸口をふさいじゃって、肝心のドリンクが出てこないワケです(笑)



キャメルバック
-----
これまた、皆さんよくご存知だと思うので、くだくだしくは書かないが、やっぱり飲みやすいネ。

もちろん、慣れもあるんだろうケド、やっぱり自転車にはこういうボトルの方が飲みやすいです。



そんなワケで、例によってディズニーリゾートのまわりを一周し、葛西臨海公園で薄着の女の子たちを視 k …

で、その後も例によってカップラーメン食べた(笑)





帰り道の補充。



キャメルバックに氷を全部入れて、ポカリスエット

全部入りきれずに、ちょっと残っちゃったので、グビグビ(笑)



保冷ボトルにも氷を全部入れたら、麦茶が相当残っちゃった。

さすがに全部は飲めないので、頭からカブったった(笑)

コンビニの冷蔵庫から出したばかりの、ヒエヒエ状態だったので、思わず悲鳴がでたの(爆)



行きは半分ぐらいしか氷を入れなかったワケだが、さすがにいっぱいまで氷を入れると、保冷効果も抜群。

25km 、つまり半分ぐらい帰ってきたところで、キャメルバックのポカリスエットを、冷たいまま飲みきった。

で、まったくクチをつけてなかった保冷ボトルの中身を氷ごと、キャメルバックへ。



その後の 25km も、キンキンかつヒエヒエな状態で、最後まで美味しく麦茶がいただけた(寿)



そんなワケで、どちらにも氷をたっぷりと入れ、まずはキャメルバックから呑み、なくなったら保冷ボトルから移し替える、という使い方がいいみたい。

保冷ボトルは吸口が飲みにくいしネ。



というワケで、保冷ボトル試走編でした(笑)