ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

力尽きました

さて、今日はドコに行くか…

久しぶりに手賀沼でも行ってみようか…

そんなら関宿から南下して、県道 7 号線直進ですナ。



ランラン Run …♪



今日はけっこうな南風。

なので、関宿までは鼻歌まじりだったが、南下する利根川下りではヒィヒィ

それでも、リハビリはそろそろ終わりにしたいので、一生懸命にペダルをまわす。

思えば、ココでムダなエネルギーを使ったコトが、後々響いてくるんですナァ(悔)





私設利根川給水所でドーピング注入。

あぁぁ 疲れた…

適当にしときゃ、よかった…

(笑)



さて、予定ではこれから県道 7 号線に出て、手賀沼に向かうワケだが、何だかめんどくさくなってきちゃった(笑)

県道 7 号は、狭い割にクルマが多いし、第一手賀沼に何がある、ってワケでもないんだよネ(笑)

そんなら最初から行く、なんて言うなヨ(爆)



まぁ 7 号線へは、利根運河からも行けるので、とりあえず運河に出たら、また考えよう。

と、いつもの自己欺瞞をカマす(笑)



利根運河着(笑)

左に行けば 7 号線で手賀沼

右に行けば江戸川。



が、左から女の子のローディがさっそうと駆け抜けて右に行っちゃったんで、迷うコトなく、オレも右折(爆)



江戸川に来ちゃったヨ。

しかも、また(笑)



さすがにココから葛西まで行く気もないので、適当に寅あたりまで行ったら帰ろうかナ。

あぁぁ だけど、ココから寅までは、モロに向かい風だ…

(辛_辛)



と、涙目になったところで、適当なトレイン発見。

さっそく追いかけて、無賃乗車させてもらおうと思ったが、特急列車だったようで、乗り遅れた(笑)

向かい風だ、ってのに、またムダな脚使っちゃったヨ…





こんなところがあったので、さっそく休憩ダ!

(笑)



しばらくノロノロ走っていたら、後ろからかなりのスピードで追い抜かされた。

よ~し、そんならコイツについて行ったろか!

(無謀)



いや、まじで速かった、このヒト。

オレ、もう必死。

ってか、ムリについていく必要全然ないのにネ(笑)



それでもついていったのは、チラチラ後ろ向くワケですヨ、このヒト。

そんで、オレがいるのを確認して、また一段速くなるんだよネ。

何だか小バカにされてるようで 「なにお~っ!」 とかって、トシも考えず、今までサボっていたコトもすっかり忘れ、目ぇ釣り上げてついていった。

って、眉は八の字なんです(爆)



途中、離されても、歩行者の多いところで減速したところで追いつき、また離され…

って、何やかんやで 20km ぐらいがんばりました(笑)



だけど、もうダメです。

もおぉ限界です(死)



もともと寅さん公園で引き返そうと思ってたんで、そこまではがんばるつもりだったが、その彼も寅でピットイン。

た、助かった…

って、だから、そんなに死ぬ思いで走る必要性は、ドコにもないんだってば(笑)



「参りました。とても追いつけませんでした」 と彼に話しかけたら、彼もニコッ! と笑い 「いえ、またやりましょう」 と(笑)

もう絶対やんねぇヨ(爆)



結局、彼はすぐに行ってしまったが、オレ動けず(笑)

んもう、ハァハァゼェゼェ

まわりは平和な家族連れとかばっかりなのに、オレだけ強烈なアウェイ感(笑)



帰りは追い風で楽なハズなのに、いや、ホントに力尽きちゃって、ロクに走れなかった。

別にハンガーノックというワケじゃないが、力が出ないんですヨ(笑)



フラフラんなって走っていたら、オレの目に飛び込んだ、それは黄色地に真っ赤なかかしも毒々しい、山田うどんの大看板(笑)

いつもはカップラーメン+おにぎり、なんて昼メシなのに、さすがにがっつり喰わないと、ちょっと危ないかも(笑)





チャーハンセット(笑)





ごちそうさまでした(爆)



あぁぁ こんなに喰ったの久しぶりだ。

満腹になるって、いい気持ち(笑)



江戸川にあがり、木陰でチャーハンがこなれるのを待つ。

エラいモンで、さっきまであんなにヨレヨレだったのに、食べ物補給すると、気持ちからして変わってくるよネ。

さぁ、チャーハンもこなれてきたコトだし、帰るかぁ!



やっと追い風を楽しめる心の余裕も出てきたワケで(笑)、忘れかけていた鼻歌まじりで、しゃか釈迦走っていたら、前を走っていたローディが急ブレーキ。

モノ凄い勢いで U ターンして、こっちに向かってきた。

えええ、オレ、何かしました…?!



ビビるオレの横をスカッ! と通りぬけた。

何事かと振り返ると 「大丈夫ですか!」 と土手堤の草むらに叫んでいる。

オレも慌てて引き返すと、おじいさんがママチャリごと草むらに倒れこんでいた。



ふたりで声をかけても、そのおじいさん、何の反応もしない。

声も出せないのか、失神しているのか、ままま、まさか…



が、意識はあるようで、何とか起き上がろうとするのだが、何せ起き上がれない。

こらぁ救急車呼んだ方がいいネ、と、そのローディと話し合ったが、何せ土手の上なので、あたりには何の目印もない。

Google マップで現在地の座標をメールしてとか、そんなんじゃダメかナァ



しかし、おじいさんも大丈夫、大丈夫と言いながら、何とか自力で起きようとしているので、オレが後ろから支え、彼が肩を貸し、何とか CR まで引っ張りあげた。

どこまで行くの、と聞いたら、すぐそこの東葛病院に行くという。

あ、そんならここからでも見えてるし、大丈夫かナ…



そのおじいさんと、オレたちに深々と頭を下げ 「どうもありがとうございました」 と。

いや、そんなお礼を言われるほどのことは…



おじいさん、ローディと別れ、またひとりで CR に戻ったが、何であんな草むらにダイブしちゃったんだろう。

風が強かったからバランス崩したのかナ…

まさか、マナーの悪いロードバイクに引っかけられたとか、そんなんじゃないだろうナァ…



というワケで、おじいさんの無事を祈りつつ帰着。

あぁぁ 疲れた…

明日から仕事行けるかナ…(笑)