ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

日光へ行ってみた  Part2

酔いに任せて熟睡した翌日、 7 月 22 日。

それでも 4 時に目が覚める(老)



窓を開けてみる。

快晴。

心の中で舌打ちするオレ(笑)



う~…

昨日の疲れが取れてないゾ…

脚が重いぃぃ~…



でも、さすがにこんないい天気だし、せっかくココまで来たので、やっぱり予定通りに進めるとしよう。

自転車乗りが自走して日光まで来て、やるコトはただひとつ。



いろは坂を上がる。

(笑)



ってか、オレ、自転車乗りじゃないし、第一、自転車キラいだし…

(笑)



半乾きのジャージ着て(笑)、昨夜買っておいた朝メシ用のおにぎりをほおばり、さっそく出発。

ホテル前の 119 ~ 120 号線、通称 「日本ロマンチック街道」 とか言う、ワケわからん道を進む。

さっそく上り勾配(笑)



昨日から、インナーローに入れっぱなしのギアは一向に変わる気配を見せない。

う~…





神橋到着。

この時点で 6 時前。

朝日に輝いてます(笑)



ココからはゆるやかな上りが続く。

普段だったら、いかに峠アレルギーのオレでも、アウターでまわせるぐらいの斜度だが、何せ昨日の疲れを引きずってるので、全然前に進まない。



しっかし、昨日の暑さがウソのように涼しい。

ふと道路標識の上に掲げられた温度計を見たら、何と気温 16 ℃

涼しいワケだし、朝からミネラルウォーターをガブ呑みしたから、 OPP 気味(おなかピーピー・笑)になってきたヨ!





馬返し着。

もうココまでで、わずかに残っていた脚が半分ほど削られる(笑)



ちょうどウマい具合にトイレがあったので、 OPP 気味でもあったし、いろは坂を上る前に自分を軽量化。

で、せっかく塗りたくったアソスクリームを拭き取っちゃった(爆)



さぁ。

いろは坂である。

帰ろうかナ…(笑)



いろは坂は第一と第二に分かれ、馬返しから明智平、ゴールの中禅寺湖までは第二いろは坂を上る。

一方通行であり、一度入ったら引き返せない。

帰るなら今のウチ(笑)



しょうがネェ

イヤだケド、行くか… ヾ(^^;何シニ来タンダヨ





いろは坂第一のカーブ!

いろはのい!

全線に渡って、カーブの写真撮ったろか! と思ったが、さすがにヤメた(笑)



いろは坂入り口から明智平までは約 7km

そして明智平から終点である中禅寺湖までは約 3km であり、全線 10km 弱。

斜度自体は緩やかです(平均勾配 4 %)。





あ、けっこう登ってきたナ…

でも、ギアは相変わらずインナーロー(笑)



でも、だんだんキツくなってきた。

1km ごとに標識が出ているが、大きなお世話(笑)

もうすぐ明智平ダ、そこまでがんばれ、がんばれ…





明智平は閉まっていた(爆)

でも、無理やり入ったった(笑)





やっと着いた…(疲)

でも、いい天気だナァ

昨日の 「日光地方大雨洪水警報」 って、何だったのかナ…

さて、中禅寺湖まで、あともうちょっとダ!





で、いきなりトンネル(笑)

早朝でクルマがびゅんびゅん飛ばしてて怖かったので、側道を走ったの(笑)



で、明智平から中禅寺湖までは意外なコトに下りだった。

ってか、この辺の予備知識は、意識してあんまり仕入れないコトにしてる。

世の中、知らなくてもいいコトもあるような気がして(笑)



いくつめかのカーブを曲がった時…

中禅寺湖が見えた。

早朝で誰もいないのをいいコトに、高々と片腕あげて声を上げてしまった(笑)



めっちゃウレしかったです。

そんなにキビしい道でもなかったが、でも有名ないろは坂を自分の脚だけで登り切ったと思ったら、何だかとってもウレしかった(単純)







うぁぁ…

しばし佇む。



せっかくココまで来たので、いろいろ見てまわろうかと思ったが、朝早くてドコも開いてないし(笑)、今日はロングを走って帰宅しなければいけないので、帰るコトにした。





朝の中禅寺湖畔を抜け、第一いろは坂を下る。

ココであるコトに気がついた。



いろは坂は上りと下りで完全に一方通行だから、第一いろは坂を通るのは、下るクルマだけ。

こんな朝の時間帯に早々と中禅寺湖を後にするクルマもなく、というコトは…



下りのいろは坂、貸し切り



(笑)



おおぉぉ~っ!

上りも下りもキラいなオレであるが、さすがいろは坂だけあって、路面はキレいだし、しかも誰ぇもいない貸し切りとなれば、誰に遠慮するコトもなく、思い切って走れる。





貸し切りでつ!





誰もいません!



いろは坂来るんだったら、早朝から上って、さっさと下るコトをオススメします。

誰もいないいろは坂なんて、この時間帯ぐらいしかないヨ。

最高に気持よかったヨ!



アッ! という間に馬返しまで下ってきた(笑)

ホントに、アッ! と言う間。



あぁぁ

でも気持ちよかったナァ

やっぱり来てよかった♪



というワケで、 Part3 に続く…