ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

「オレ、約束してないよネ…?」

コトの発端は 「大平山の駐車場は西山田林道のところがいいかナ…」 とのオレのツイートだった。



長坂林道→唐沢山→大平山と、足利山地をめぐるマイコースがある。

ウチからだと、都合 160 キロほどになるのだが、このウチ足利山地周辺は 40 キロ程度であり、そのために 120 キロも走るのか…

自転車にまじめだったころは(笑)、それでも何回か通ったモンだが、すっかり不まじめになった今、何だかとってもかったるい(笑)



この前、みんなで筑波山に行った時、女房を仕事場まで送ったその足で集合場所に向かった。

そんで、そのまま帰りも直接、女房を迎えに。

こうすれば、車載で行けるコトに、この時気づいた(笑)



そんなら足利山地コースも、そんな形で行けるだろう。

その場合、どこにクルマを止めるのがいいかナ…

いろいろ考えた結果、前述のツイートと相成ったワケ(^^)b



三連休初日の土曜日。

何だか肌寒く、コーヒーなど飲みつつ WOWOW 見たら、ちょうど映画が一本始まるところ。

思わず見てしまい、気がついたらお昼ぐらい(笑)



サボり決定(爆)



二日目の日曜日。

予報通りの雨。

ドルバックの中身を入れ替えたり、次のタイヤをどうしようか、徒然なるままにネットを彷徨して終了(笑)



最終日の月曜日。

「さぁ! どっか行こう!」 と思ったら、下の子が 「時計が欲しいから、一緒に見に行ってほしい」 と。



下の子は女子高生なのだが、友だち同士ではなく、オレと時計を見に行きたい、と言ってくれる気持ちがうれしく 「さぁ! どっか行こう!」 なんて気持ちは瞬間的に雲散霧消(笑)



もっともオレと一緒に行けば:

1.時計を買ってもらえる

2.昼メシぐらい食わせてくれるだろう

との打算もあることは否めない(笑)



時計は気に入ったモノがなく、この日は買わなかったのだが、昼メシは彼女の好きな中華レストランでお気に入りの石焼チャーハン(笑)

こうやって娘と出かけられるのも、あと何回あるかナ…



満ち足りた気持ちと、ちょっと寂しい気持ちが入り混じった、連休最終日の暮れゆく夕方。

あ、自転車乗れなかったケド、まぁいいヤ(笑)



ふと、スマホを見ると、ともさんからの着信。

( ・ω・) モニュ…?



「もしもし?」

「あ、こたさん? あのさー つかぬコトを聞くケド…」



「オレ、今日こたさんと待ち合わせてないよネ…?」



ハイ…?!

(笑)



この日。

ともさんは多摩方面の皆さんと走ったそうなのだが、くちぐちに 「ともさん、今日はこたと大平山行くんじゃないの…?」 と聞かれたそうで(笑)



「だって、こたが大平山の駐車場がどうのこうの…」

「なので、ともさんが車載して大平山行って、賀来千香子ねえさんを、どうしたこうした…」



と、そんな感じで皆さん思ってたらしい(爆)



待ち合わせなどした覚えがないともさん。

もちろん、当の本人のオレにもない(笑)



どうやら、オレの 「大平山の駐車場は…」 というツイートが一人歩きしちゃったようで、それでともさんも慌ててオレに電話をしてきた、というコトらしい。

(爆)



ありがちと言えばありがちなコトであるが、しかし。

「大平山」 イコール 「賀来千香子ねえさん」

イコール 「ともさん」 という方程式が、皆さんの脳裏にあった、というコトは、ともさんのご人徳であろう(爆)



この 3 日間。

自転車にはさっぱり乗らなかったが、何だかホッこりした連休最終日だった(笑)