ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

ペイトン・マニング引退



ついに、というか、やっぱりと言うべきか…

デンバー・ブロンコスの名 QB ペイトン・マニングが引退を表明した。

NFL 史上 No.1 となるキャリア通算パス 7 万 1,940 ヤード、 539TD は輝かしい記録として、永く語り継がれることだろう。



スーパーボウルをピークに、来シーズンの去就がささやかれていた。

現役を引退するのか、あるいは継続か。

引退した場合は、どうするのか。



ジョン・エルウェイGM のように、チームを指導する側になるのか。

それとも、どこかの記事にあったが、弱小チームに移籍し、自分の力でチームに貢献しようとするのか。

個人的には、今シーズン 4 勝 12 敗と絶不調だった、我がサンディエゴ・チャージャースに行ってもらいたいところだが(笑)



ペイトン・マニングと言えば、やはり 「オーディブル」 が思い浮かぶ。

オーディブルとは、ボールスナップ直前に相手のアライメントを見て、プレイコールの内容を変えるコトで、今では多くのチームが実践しているが、頻繁にオーディブルを行うのは、彼が初めてとか。



通常、プレイコールは HC やオフェンス・コーディネーターが決めるモノであり、よくテレビで映される、 HC なんかが付けているヘッドセットは、次のプレイコールを各コーディネーターと話しあったり、その結果を QB に伝えたりする時に使われる。

QB のヘルメットには、その指示を受けるレシーバーが仕込まれているが、マイクはないので、指示は一方通行となる。

それを、ガシガシ変えちゃったのが、ペイトン・マニングその人。



直前で指示が変わるので、他のプレーヤーたちは、それはそれは大変だと思う。

当初は、かなり嫌がられたんじゃないかネ(笑)



しかし、その効果は今回のスーパーボウル制覇が示すように、絶大であり、結果を重視するプロスポーツの世界においては、やはり肯定されるべきモノなのだろう。



ブロンコスと言えば、リーグ No.1 の守備力であり、それは先のリーグチャンピオンシップやスーパーボウルでも遺憾なく発揮された。

ボン・ミラーとデマーカス・ウェアのデビルツインズ(笑)の破壊力は凄まじかったし。

しかし、 D#と O#は、やはり両輪であり、 O#チームの力は、この人に依るところが大きい。



すばらしいゲームの数々を見せてくれて、ありがとうございました。

来シーズンは、ちょっと寂しくなりますナ。