ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

第 51 回 スーパーボウル



恐るべし ペイトリオッツ

恐るべし トム・ブレイデイ。

これだから、スポーツの試合、特にビッグゲームは恐ろしい。



レギュラーシーズン、チャンピオンシップそのままの得点力を発揮し、 25 点差までリードを広げたファルコンズだったが、後半、スイッチが入ってしまったトム・ブレイデイと、それとシンクロするような NE の O#

4Q で 2pt を続けて取られ、同点になったところで、ゲームは終わったようなモンかと。



スーパーボウル史上初めての OT も、あっさりとホワイトが TD

ファルコンズの悲願は夢と終わってしまった。



試合中、何度も 3Q の 3rd ダウンでファルコンズがパスを選択したシーンが 「たられば」 で語られたが、確かにそれがターニングポイントになったのだろうが、ファルコンズ D#を機能させなくした、 NE のモーメンタム。

NE のアジャストは有名だけど、ココまで見事にやられると、もう言葉もない。



でも、実に迫力のある、 NFL のトップゲームを見せてもらった。

スーパーボウル休暇を取って(笑)、朝からテレビにかじりついていた甲斐があった、というモンだ。



おめでとう!

ニューイングランド・ペイトリオッツ



すばらしい試合をありがとう!

アトランタ・ファルコンズ



次のシーズンが始まるまで、あと半年ちょっと。

長いナァ…(笑)