ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

湯野上温泉家族旅行

先週、南会津湯野上温泉に家族旅行に行ってきた。

東武線内の広告で湯野上温泉を見て以来、一度行ってみたいと思っていた。

そのころは自転車にまじめだったコロなので、自転車で行く気だったが、まったく不真面目となった今、もちろん電車で(笑)



上の子の就職も決まり、 4 月から新社会人。

仕事が始まれば、そうそう休みも取れないだろうし、家族で行くなら今かナァ… と。

そんなワケで、 3 月下旬という、新緑でもなければ紅葉でもないという、とっても中途半端なこの時期に(笑)





特急スペーシア鬼怒川温泉乗り換え、会津鉄道の AIZU マウントエクスプレスで湯野上温泉

名前はかっちょいいが、要するにただの気動車で、座席も全席自由。

4 人掛けのボックスシートがひとつだけ空いていたのでラッキー♪





湯野上温泉駅着。





多少は雪が残っているだろ、とは思っていたが、こんなに積もってるとは…(絶句)



駅からは大内宿へ。

会津城下から日光市を結ぶふたつめの宿場町であったそうで、何でも重要伝統的建築物群という指定を受けたらしい。





こんな藁葺の民家が並ぶ、情緒あふれるストリート。

この日はいい天気だったが、昨日は吹雪だったらしい(笑)

しっかし風が冷たい。





つららもつらつらと下がっている(笑)





真下にいたら、危険です(笑)



まぁほとんどは食べ物屋とお土産物屋なのだが、お団子からお餅やら、美味しそうなモノがたくさん。













(笑)



宿場町の終点には小高い山、というか丘があったので上がってみたが…





ムリ(笑)





道だけは雪がないが、屋根やら山には雪が積もりっぱなし。



さっきから、色んなモノを食べてる割にはお腹がすいてくる(笑)

風が冷たいし、かなり寒いので、何かあったかいモノでも食べましょう。





というワケで、けんちんそば。

ココは一本の長ネギを箸がわりにそばをすするという 「ねぎそば」 が名物なのだが、長ネギ嫌いなんです、オレ(笑)





石原屋さん。

ごちそうさまでした。



大内宿を堪能したオレたちは、次の目的地である 「塔のへつり」 へ。





風化と侵食を繰り返して、こんな奇景ができあがった。

「へつり」 とは、このあたりの方言だそうで、川に沿った絶壁のコトを言うらしい。



実は 「へつり」 には漢字がある。

それがコレ。




(画像ハ拾イモノ)



改めて漢字って、表意文字なんだと認識させられる(笑)





後ろ姿(笑)





吊橋を渡って、こんな先端まで行ける。

落ちるなヨ(笑)



古びたお土産物屋があったので入ってみる。

温かいミソ汁を振る舞われ、人心地がつく。

自家製ミソだそうで、さっそく買いました(笑)



さぁ、そろそろ今晩の宿に向かいましょう。

宿は 矢印「こぼうしの湯 洗心亭」 さん。

温泉がめっちゃ楽しみ♪



ウチはオレと女房、娘ふたりなので、温泉はオレひとり。

女三人が温泉に漬かったら、さぞ長いだろうナァ…



露天風呂から眺める雪景色は最高。

あぁぁ 気持ちいい…

来てよかった…



ホカホカになったところで部屋に戻るが、待てども待てども女三人は帰って来ない(笑)





すいません、ガマンできませんでした(笑)



やっと女三人が帰ってきたところで夕飯。





大変美味しゅうございました。

ごちそうさまでした。



部屋に戻ってからも、ゆっくり呑むつもりでいたが、ビールと熱燗を二合ほど呑んだところで、もうオレは十分(笑)

親子四人がひとつの部屋で川の字で寝られるなんて、また次があるのかナ…

おやすみなさい。



おはようございます(笑)

が、女三人はどよーんとしている。

寝起きが悪いのかと思ったら、オレのいびきがモノ凄過ぎて、まったく寝られなかった、と。



女房 「廊下に蹴り出してやろうかと思った」

上の子 「隣の部屋の人が怒鳴り込んでこないか、まじで心配だった」

下の子 「ドライヤー口にねじ込みたかった」



<(_ _;>

<(_ _;>

<(_ _;>



気を取り直して、朝風呂(笑)

あぁぁ まったくもって気持ちが良い(幸)





朝ごはんも大変美味しゅうございました。



宿のクルマで湯野上温泉駅まで送ってもらう。

予定では駅のあたりを散策して、お土産でも買いぃの、ゆっくり昼メシでも喰いぃーの、というつもりだったが、駅前には何にもありませんでした(笑)

予約してある電車まで、あとまだ 3 時間ぐらいあるんですが(笑)



家族会議の結果、こんな何にもないところにいてもしょうがないので、早く帰って、ウチでゆっくりしましょう、と。

というワケで、特急券を払い戻し、トコトコと帰るコトにした。

こっち方面からだと、春日部に帰るのもめっちゃ楽だワ。





湯野上温泉駅は、こんな情緒のある駅。





待合室にはいろりがあり…





こんな昭和の薫り。





外には足湯(笑)



というワケで、文字通りトコトコと帰ってきた。

一泊二日の短い時間だったが、やっぱり家族と出かけるのは楽しい。

できれば毎年、一泊でもいいから、どこかに行きたいモンです。



おわり