ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

孤独のグルメ



今更だよナァ… これも(笑)



ずいぶん前に、飛行機の機内映画で初めて見た。

その時は 「おもしろいナァ」 で終わったが、つい最近、 Amazon プライムビデオで全部見た(もちろん、無料分のみ・笑)。

松重豊扮する主人公・井之頭五郎が、ただひたすらメシを喰いまくる【だけ】なのだが、何だかとってもいいです。



俳優ってスゴいナァ
-----

心の中のナレーションは、松重豊本人だが、やっぱりその表情がスゴい。

表情だけですべてを物語るって、俳優の真骨頂だと思うのだが、それを地でいってます。

撮影の前には、できるだけお腹を空かせて臨むらしく、その空腹さも一役買っているのだろうが、待望の食事が運ばれ、一口食べて ほわ~ん としているところとか、エンジンがかかって後半戦を一気に突っ走る疾走喰いなど 「メシ喰ってる!」 感満点。



よく喰うよナァ
-----

とにかくよく喰う(笑)

身長こそ 180cm を超える大男の松重さんらしいが、あんなに細い身体なのにネ。

たぶん、毎回二人前以上は喰っているのではないか。



すると、やっぱり数千円はするよネ。

こちとら、コンビニのカップラーメンとか、せぇぜぇが社員食堂で一杯 300 円のソバとか喰ってるのに(貧)

個人経営の輸入雑貨商って、そんなに儲かるのかナ。

クルマも BMW だしナァ



何でも喰うよナァ
-----

まぁこういう番組の主人公を務めるぐらいだから 「コレだけは食べられません」 ってのがあっちゃぁダメなんだろうが、何でも美味しそうに食べるナァと感心する。

もちろん個人的な好みはあるだろうが、肉でも魚でも野菜でも、それこそ何でも実に美味しそうに咀嚼している(笑)

食欲バンザイ! である(笑)



どこでも入るよナァ
-----

この手の番組って 「何ヶ月先まで予約で一杯」 とか 「今、セレブの間で人気沸騰」 とか 「銀座で発見! おとなの隠れ家」 とか、あるいは 「ミシュランに載っているラーメン屋」 とか、そんなんがクローズアップされる傾向があるのだろうが、さにあらず。

地元の人しか知らない大衆食堂とか、絶対にガイドブックには載らない焼肉屋とか、そんなんが多い(笑)

大当たりのお店もあれば、実は 「む、むむ…」 だったお店もあるんだろうか(笑)



ココだけが残念
-----

オレの見誤りであれば、申し訳ないのですが…

何かの回で、井之頭五郎が満足そうに 「ごちそうさまでした」 と手を合わせたその先のお皿に、パセリが残っていたような…



もし、そうであれば。

ぜひパセリも食べてほしかったです。



個人的に、出された食事を残すのはモノ凄く抵抗があるので(特に定食類)、とにかくキレいに食べてしまうオレ。

もちろんパセリも美味しくいただきます。



パセリって、千切りキャベツの彩り、スーパーの弁当のビニール製のバランぐらいにしか思ってない人もいるのだろう。

でも、パセリは立派な食物です。



ずいぶん前にテレビのクソドアホなインタビューアーが、パセリ農家の人に向かって 「でも、パセリって食べる人いないですヨォ~」 と笑いながらマイクを向け、農家の人曰く 「そうですか。美味しくできた、と思っていたんですが」 と答えるシーンがあった。

オレはもう申し訳なさで一杯になったが、これを見て 「そうだ、パセリも食べよう」 と思った人がいたなら、このクソドアホインタビューアーも、クソ以外に役に立ったのかも知れない。



あ、横道にそれてしまった(笑)



そんなコトを思いつつ、昨日は仕事が休みの上の子と昼メシ。

最近、疲れ気味のようなので、好きなモノを食べさせようと思ったのが 「ラーメンが食べたい」 と(笑)

「お寿司が食べたい」 ぐらい言うかな、と思っていたが、もしかしてオレの財布を気遣ってくれた…?(笑)



で、ふたりでラーメン屋に入り、お腹いっぱい美味しくいただきました、という話し(笑)