ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

タブレットに外付けキーボードをつないでみた

この前買った HUAWEIandroid タブレット Mediapad M3

初めて買った中華タブレットというコトで、若干の不安はあったものの、あまりのデキの良さに驚嘆、毎日便利に使っちょります(^^)



購入の目的は、長い通勤時間の間に kindle 本を読むことと、動画を見ること。

kindle 本はともかく、動画については、今年から NHK-BS での NFL 中継が週二本から一本に減らされてしまったこともあり、その分、ネットから試合のハイライト動画を落としてみているので、出番として考えれば増えている。

そんな中で、電車の中でブログの下書きとか、友人ブログへのコメント書き込みとか、そんなんもできればいいかナァ… と思い始めた。



となると、やはり外付けのキーボードは必須。

いろいろとネットでの情報を漁った中では、 TABLET2CASE 社の COOPER BACKLIGHT EXECUTIVE 2-in-1 というのがよさそうだったので、さっそく注文、さっそく配送された。





こんな感じのミニキーボードで、タブレットとは青歯で接続する。





タブレット本体は、かなり原始的な方法で固定されるが(笑)、特にゆるい感じもなく、しっかりと固定されている。





後ろはこのように衝立というか、フリップというか、とにかくこんなん(笑)





で、ふたつが合体するとこうなる、と。

何だか極小ノート PC のようだが、 PDA にハマってたころを思い出す(笑)





おもしろいのは、こうやってバックライトが光るコト。

七色に変化するそうだが、あんまりきらびやかになっても困ります(笑)



ハード的に合体ができたので、次にソフト的にも合体、つまり Bluetooth を使って、タブレットとキーボードを接続せねばならん。

両方の電源を入れ、タブレット側からキーボードを探させるワケだが、あっさりと発見。

次に PIN コードを入力しろ、と。



ここで悩んでしまった。

PIN を入力するにも、まだタブレットはキーボードを認識していないワケだから、キーボードから PIN を入れるコトはできない。

かといって、タブレットの画面にはソフトキーボードは表示されず、これでどうやって PIN を入れろ、というのか(笑)



が、ダメ元でキーボードで入力してみたら、あっさりと PIN が入力できた(笑)

ウジウジ思い悩む前に、いろいろやってみろ! というコトか。





こんな感じで android のエディタ上でテキストを入力、できたら全選択してコピー、タスクスイッチして、ブラウザに移動して、テキストを貼り付ける、と。

キーボードショートカットも、 Windows と同様にできたし、タスクスイッチもちゃんと Alt + Tab でできた。

ウマくできてんナァ…



この記事もタブレット+キーボードで書いてみたが、やっぱりちょっと疲れました(笑)

小さいキーボードには、 PDA 時代から散々触ってきたので、慣れているつもりだったが、やっぱり久々だと取りこぼしも多く、ストレスたまります(笑)



このキーボードは US 配列なので、慣れ親しんできた日本語キーボードではない。

なので、特に記号などの入力の時は、指が泳ぐ(笑)





また、各キーの配列と大きさがこんな感じなので、 Enter を押すつもりが Shift を押したり、 Backspace のつもりが f12 キーを押したりと、なかなか楽しませてくれます(笑)

しかしまぁ、思った以上にタッチもよく、また IME として使っている Google 日本語入力と相性もいいので、これは買って正解だったかも。

あとは、どれだけ通勤電車の中で、睡魔に負けずにコイツを使えるか、ですナ(笑)