ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

シルクロードの歴史・考古・美術

この前、新聞を読んでいたら、立正大学が 2014 年からウズベキスタン政府と行っているシルクロードの仏跡調査が一応の収束を見た、それを記念して講演会を実施する、との記事を見た。

予約不要、参加無料とのことだったので、さっそく行ってみた。



ウズベキスタンといえば、旧ソ連を構成していた中央アジアの国のひとつで、首都のタシュケントをはじめ、サマルカンドやフェルガーナ、ブハラといった、かつてのシルクロードの要衝を擁する国。

またカラテペやテルメズなど、数々の遺跡があることでも有名である。



講演会は午後 1 時半からなので、ちょっと早めに行って、最寄り駅である大崎でラーメンでも食べようかと思っていた。

大崎着。

まずは大学の場所を確認しておくことが先決なので、テレテレと歩き出したが、迷った(笑)



道行く人に、立正大学までの道のりを訊いてみたところ 「え! 立正大学ですか! 遠いですヨ!」 と(笑)

オレは、そんなに迷ってしまったのか…

_ノ乙(、ン、)_



ほどなく到着したのだが、今から駅まで戻ってラーメン屋に行く時間もないし、第一、ラーメン屋なんて一軒も見なかったヨ。

大学入り口に立っていた警備員に、この辺で食事ができるところがないか、訊いてみた。

シルクロードの講演を聞きに来た、といったところ、それなら学内の学生食堂でどうぞ、と。





「今日のラーメン」 エビのあんかけ塩ラーメン。

400 円也。



何の縁もゆかりもない、立正大学の学生食堂で、大学生たちに混ざってラーメンか…(笑)

ごちそうさまでした。





会場は学内の石橋湛山記念講堂。

600 人ほどが収納できるそうだが、ほぼ満員となった。



講演はウズベキスタンの研究者がメインとなってのもので、ロシア語からの通訳付き。

ということは、実質の講演時間は予定の約半分か…

眠くなってきちゃった(笑)





実際の講演内容は、この予稿集に収録されていた。

もちろん、 100 %このままではないのだが、まぁこれを読めばいいのか…

と、半分ほど聞いたところで退場(笑)



何か展示物でもないかと思っていたが、そういったモノもなく、何だか消化不良。

帰りの電車の中で予稿集を読んでいたが、やっぱり眠ってしまった(笑)

ま、オレ程度だったら、しょせんこんなモンでしょう(笑)