ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

病院にいってきた その 2

そんなワケで、人生初の入院(笑)

着替えなども一泊分しか用意してなかったので、数日分の用意を女房に頼む。

たまたま大学が休みで家にいた下の娘からも 「なにか欲しいものある?」 と言われたので、ヒマつぶしにキングダムの単行本を持ってきてもらうコトにした。



ウトウトしていたら、さっそく女房と娘がやってきた。

数日分のシャツやらタオル、肌着、スリッパ、短パン…

そして、下の娘が 「はい、父さん、キングダム持ってきたヨ」





(核爆)



最新刊からせぇぜぇ 5 ~ 6 巻程度のつもりだったのだが、第 1 巻から持ってきてくれた(笑)

おかげで、回診に来る先生とか看護師さんから 「うわ! スゴいですネェ~」 と(笑)





せっかくなので、背中が ぐぐぐ… とせり上がり、なおかつ脚の部分も ごごご… と、くの字に隆起する介護ベッドの利点を活かし、めっちゃ楽な姿勢になったところで、文字通り腰据えて全巻読むコトにした(笑)





ちなみにコレは、下の娘のお見舞い。

トリコローリみたいでいいでしょ♪」

た、確かにカラフルではあるが、オレのトシと入院中という立ち位置も考慮すると、このように万国旗よろしく飾っておくのがいいだろうと結論(笑)



ちなみにちなみに奥のリラックマは、オレの出張とか、こんな入院など外泊の時に必ずついてくる。

って、下の子が密かにオレのバッグに忍ばせてるからで、バッグを開けるとリラックマが顔を出し、吹き出す、という(笑)





読書ちう



こうして生活環境が整い(笑)、懸念された出血もその後はなく、発熱や痛み、吐き気なども皆無。





点滴もアップグレード ヾ(^^;がーぜデ抑エタダケジャン





だけど、食事は相変わらず流動食。

「少しずつ量が増えてきますからネ」 と看護師さん。

「こりゃぁ、腹が減るだろうナァ」 と思っていたが、なんせ動かないし、意外と重湯って腹持ちがいいので、さほど飢餓に苦しめられるというコトはなかった。



もちろん、酒とタバコは厳禁。

古い日本映画で、デカい大学病院の待合室のそこここに灰皿が置かれており、みんなスパスパタバコを吸っているシーンがあったが、まさに隔世の感がある。

あぁ でも一服したい…



→その 3 に続く ヾ(^^;マダヤンノカヨ