ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

誤配

「Dr.Vape」 というのを買ってみた。

電子タバコの一種なんだが、ニコチン・タールともにゼロという、え、それってタバコじゃないじゃん(笑)

フレーバーを楽しみ、水蒸気を吐き出して、吸ってる感を味わうという、ある意味、女々しい商品(笑)


f:id:kota-s:20200216171304j:plain

こんなケースに入ってます。


f:id:kota-s:20200216171321j:plain

中身はバッテリーが仕込まれた本体部分と、フレーバーのカプセルが 3 セット。

それから充電用の USB アダプタ。


f:id:kota-s:20200216171338j:plain

本体はこんな感じ。

ピントが後ろに行ってしまったが(笑)



肝心の吸い心地であるが、前述の通り、タバコとは言えないと思うので、フラフラ感もノドへのキックもなし。

ただ、水蒸気はモクモクと盛大に出るので(笑)、まぁそれなりです。



例によって Amazon で買ったのだが、配送予定日は平日。

平日は家には誰もいないので 「玄関置き配」 を選んだ。

業者さんに留守宅に何度も足を運ばせるのは申し訳ないしネ。



さっそく Amazon から 「配達完了しました」 メールが届く。

ごていねいに、玄関先に置いた様子も写真に撮られ 「ほらほら、こんな風にちゃんとお届けしましたヨ!」 というコトなのだろうが、これが後に物議を醸し出す(笑)



だって、この玄関、ウチじゃないんだモン(爆)



ヒドくぼやけた画像だったし、スマホの小さな画面で見たので、思わず、老眼鏡をかけ直し、しげしげと見てみたが、どう見てもウチじゃない。

家人に聞いてみても Amazon からは何も配達されていない、と。

やっぱり誤配だ。



女房の話によると、ご近所にウチと同じ名字の家があるという。

サカキバラなんて、決して多くはないであろう名字の家が、ご近所にあったとは、まったく知らなかった(笑)

「そっちのサカキバラさんに配達されたんじゃない?」 と女房。



それは十分に有り得る。

さっそくその家を教えてもらい、行ってみたのだが、ご不在のようであり、しかもそれらしいモノも見当たらない。

夜だったので、玄関先を自転車のライトで照らして、もしかして商品が置いてないか、確かめたかったが、見るからに不審者なので(笑)、通報される前にやめた(笑)



む~ん…



まぁ、でもこういう場合は Amazon に連絡だよネ。

で、購入履歴のページからその商品を選んで、画面の指示に言われるがまま、スマホをつついていたら Amazon のカスタマーセンターに電話がつながった(笑)

オレの名前や買った商品名が見事にヒモ付けられており、名前や商品の説明など一切することがなく、すぐに要件に入れた。



究極の一対他、 CtoB であるが、まぁちょっとだけ不安にもなりました(笑)

って、さんざん Amazon で買い物しておきながら、今さら何言ってんダ! って感じもします(笑)



結局、カスタマーセンターとのやり取りでは、今回の請求分は払い戻しをします、同じ商品を明日再発送します、というコトに。

至極妥当な線である。



翌日。

Amazon から 「払い戻し手続きが完了しました」 と 「商品を発送しました」 のメールが同時に届く。

(対応速過)



帰宅してみたら、ポストと玄関先に 「Dr.Vape」 がひとつずつ置かれていた。

(爆)



あっちのサカキバラさんが 「あ、こりゃぁ、向こうのサカキバラさんだナ」 とかって、わざわざポストに入れてくれたのだろうか。

それとも、センターから配送ミスを指摘された配送業者が、どこに置いてきたかもわからないはずの商品を、どういう方法を使ってか探し出し、オレの家に再配達したのか?



でも、料金は払い戻されてるワケだから、今回の注文はなかったコトになっており、つまり後者はあり得ない。

となると、あっちのサカキバラさんか…



もしそうなら、お礼の一言でも言わねばならんが、もし違っていた場合、顛末を説明するのがめんどくさいし、向こうも 「何、言ってんだ、こいつ…」 みたいになるのがイヤ(笑)

やっぱり素直に Amazon に申し出るべきなんだろうが、もう払い戻しはされてるワケだから、一個は返品しなきゃいけないのかナ…



ま、何か言ってくるまで、ほっておこう(笑)


f:id:kota-s:20200216171359j:plain