ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

プチ廃墟

f:id:kota-s:20210505095604j:plain

何でしょう、このこんもりした雑木林は…

実は、コレ、ウチからすぐのところにある学校の跡地なのである。

 

f:id:kota-s:20210505100717j:plain

当然のことながら、周囲は金網が張り巡らされ、入ることはできない。

ちょっと入ってみたい気もするが、何せ超近所なので、ご近所さんに目撃されること必定(笑)

 

f:id:kota-s:20210505100938j:plain

このように住宅に隣接した部分もあるが、こういう空き地が自宅の目の前にある、ってのもあんまりいい気持ちはしない…

って、このお宅はワタシの家ではありません(笑)

 

何でも、陶磁など美術系の専門学校であったようで、オレが今の家に越してきた当時は、まだ学生もかなりいたと思う。

さすがに「美術系」であり、突拍子もない格好した若い子たちが多かったが(笑)、検索してみたら2008年に閉校していた。

 

近所には老夫婦が営んでいたパン屋があり、ここの学生食堂よろしく、学生たちがたくさん集まって来たらしい。

このパン屋さんもとっくに店を畳んでしまったが、まだウチの娘たちが小さかったころ、よく手をつないでタバコやアイスクリームなどを買いに行った。

店を閉める直前、ご主人に「店を閉めることにしたよ」と言われた時、「長い間、本当にお疲れ様でした」と言ったら、ほろほろと泣かれてしまったことを思い出した。

 

f:id:kota-s:20210505100502j:plain

確かここには立派な門扉があったように思うが、今では石碑だけ。

ご近所さんの、格好の駐車場代わりになっている(笑)

もちろん、金網の外側です。

 

f:id:kota-s:20210505103013j:plain

左側の建物は割と風化が進んでいるが、右側のはそうでもない…

 

f:id:kota-s:20210505100351j:plain

左側の建物の全景がコレだが、なんでこんなに差があるんだろう…

 

f:id:kota-s:20210505104625j:plain

f:id:kota-s:20210505103118j:plain

建物だけ見たら、まだまだ現役で使えそうだが、まわりは洪水にでも遭ったようです。

 

f:id:kota-s:20210505103522j:plain

子供ひとりぐらいがくぐれそうな隙間が空いているが、こっそり入っちゃうような元気な子供はいないだろうナ…

 

f:id:kota-s:20210505103656j:plain

このフェンスの向こうはグランドだった。

 

f:id:kota-s:20210505103741j:plain

スコアボードだったんだろうナ…

 

まだ自治会などの活動が盛んだったころ、ここのグランドを借りて毎年のように夏祭りをやっていた。

ご近所の奥さん連中が総出で、焼きそばとかカレーとか模擬屋台で売っていた、今となっては考えられないおおらかな時代だったが、確か和歌山のカレー事件以降、そんなんもなくなった記憶がある。

 

f:id:kota-s:20210505104113j:plain

立派なバックネットもある。

敷地自体は相当広いので、草野球ぐらいだったら十分できた。

 

f:id:kota-s:20210505104304j:plain

グランドの裏側。

江戸川の土手から写してみたが、何だか生えるに任せ、朽ちるに任せてる感が強い。

 

f:id:kota-s:20210505104429j:plain

あぁ…

でも、何だかめっちゃ久しぶりに江戸川に上がったような気がする…(笑)

 

というワケで、ゴールデンウイークの最終日。

何だか女房と家のことばっかりやって終わってしまいました(笑)

 

 

 

f:id:kota-s:20210505104913j:plain