ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

NFL 2021 Week7 CLE vs DEN  

f:id:kota-s:20211024095538j:plain

2021年シーズンも第7週に突入。

これまで、随分と試合を見たような気もするが、まだシーズン半分いってないんだネ(嬉)

クリーブランド・ブラウンズデンバー・ブロンコスの試合です。

ここしばらくは、若いQBの試合が多かったが、今日は両チームともにベテランQBの対決。

 

f:id:kota-s:20211024100321j:plain

Case Keenum:Cleveland Browns QB #5

ブランズのQBケース・キーナム

この人も、本当にいろんなチームを渡り歩いている。

バイキングス時代は、セインツとの歴史的な『ミネソタの奇跡』が印象的で、それからもけっこういい成績を残していたのだが、現在はブラウンズ。

まぁここでもバックアップQBなのだが、長らく低迷期をさまよっていたブラウンズの救世主ベーカー・メイフィールドのIR欠場により、スターターがまわってきた。

 

好きなんだよネェ、この人(笑)

何というか、フットボールに取り組む真摯な姿勢が伝わってくる、みたいな。

 

f:id:kota-s:20211024101820j:plain

Teddy Bridgewater:Denver Broncos QB #5

対するブロンコスのQBはテディ・ブリッジウォーター

この人もバイキングスを皮切りに、ジェッツ、セインツ、パンサーズと変遷を重ね、今はブロンコスに在籍。

すごくいいQBだと思うのだが、いかんせん勝てない(致命的・笑)

フットボール的には、いろいろと分析ができるのだろうが(ワタシにはできませんが・笑)、何とか大輪の華を咲かせてほしいものです。

 

さてキックオフ。

先攻のブラウンズ、開始早々の1stシリーズであっさりとTD

(爆)

 

( ;・ω・) スゲェ…

 

主力RBのカリム・ハントとニック・チャブを欠く中で、何とかというRBがするするとエンドゾーンに入ってしまった(笑)

 

f:id:kota-s:20211024103638j:plain

D'Ernest Johnson:Cleveland Browns RB #30

『何とかいうRB』

それがこの人、ダーネスト・ジョンソン

 

例によってまったく知らない人で(笑)、いろいろと検索してみたが、2019年からブラウンズに在籍しており、昨シーズンは166ラッシングヤードと、まったくパッとしない成績。

しかしこの日は違った。

この試合だけで、146ヤードを稼ぐ大活躍。

 

こんなスゴい選手がいたのか…

パワーでゴリ押しするのではない、またアルビン・カマラのようにスルスルとDLを抜けていくタイプでもない。

いや、またしてもスゴいプレーヤーが登場してきました♪

 

閑話休題

RBというポジションはとかくキツい。

そして、キツい割には給料が安い。

だいたいチームで一番の稼ぎ頭はどこもQBであり、その次はWRというのが相場。

何かの統計で見たが、RBの平均所得というのは、真ん中かそれよりも下だそうだ。

 

そんなRBの地位向上を求めたのが、元スティーラーズのレベオン・ベル。

スティーラーズ時代は『The Killer B』の一角としてメキメキと頭角を現してきたが、チームのフランチャイズタグにサインをせず、結局1シーズンを棒に振ってしまった。

 

こうした、いわば【一人ストライキ】状態が続き、後から賛同する他チームのRBも現れるかと思ったが、結局はこの人だけであった。

フランチャイズタグ拒否の背景には、様々な原因があったのだと思うが、こうした彼の姿勢はもっと評価されて然るべきだと思うのだが。

f:id:kota-s:20211024104903j:plain

Le'Veon Bell

 

こうしてランが出るのは、もちろん、OLの活躍もあってこそ、だが、解説の生沢さん曰く『これはゲーム後にトレードの電話が殺到するだろう』と(笑)

 

結局、試合は17対14という僅差でブラウンズの勝利。

ただ、ダーネスト・ジョンソンの活躍や圧倒的なスタッツの差があっても、17点しか取れなかったというのも、何だか納得がいかないが、まぁ勝てたからいいのかナ…

 

今日もごちそうさまでした。

 

f:id:kota-s:20211024111859p:plain