ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

Death Stranding Reverse Trike その0

悪戦苦闘の結果、ガタガタのオートバイができあがった、オレの約40年ぶりのプラモデル制作活動。

 

元はと言えば、デスストなんだよネ(笑)

思いっきりハマって、思いっきりやり込んだゲームだが、このゲームに登場してくる乗り物のひとつに『リバーストライク』というのがある。

 

↑ これ。

 

で、何でもフィギアとかで有名なコトブキヤさんという会社から、このリバーストライクのプラモデルが発売される、というコトで、思わず予約してしまった(笑)

さっそく作ろうと思ったのだが、何せ40年近くも作っていないので、まずは練習ということで、ビラーゴさんを作ったワケで、結果はご承知の通り(笑)

 

このリバーストライクにはきちんと色も塗ろうと思っていたのだが、組立説明書を読んで力が抜けた。

例えば、ボディのメインカラーの塗料の配合は…

 

(Mr.Colorにおいて)

  • 71/H-55:ミッドナイトブルーを60%
  • 67/H-39:パープルを20%
  • 80/H-35:コバルトブルーを15%
  • 1/H-1:ホワイトを5%

ヾ(`д´)ノ彡☆ デキルカ!

 

もっとも、これはあくまでも参考値であって、要は自分の好き勝手に塗っちゃえばいいのダ。

 

これがオリジナル。

ちなみにこの画像はオレのPS5からのキャプチャーで『いいね』が60万を超えてるコトに気づいてほしいの(笑)

しかもブリッジリンクには一切接続していないので、全部NPCからのいいねだという(馬)

めざせ! 100万いいね!(鹿)

 

ゲームがどんどん進行してくると ↑ このように自分の好きなようにカラーリングを選ぶことができるようになる。

オレはこの組み合わせが好きなんだが…

 

はい、オレが応援しているロスアンゼルスチャージャーズのチームカラーであります(笑)

 

ま、この色だったらスカイブルーとか、ブライトイエローみたいなありがちな色のスプレーを買えば何とかなるだろう、ぐらいに思っていたのだが…

 

( ・ω・)…?

 

え、色塗れないの…?!

『ABS製パーツ』ってなに… (?_?)

 

いろいろネットで検索してみたら、とっても硬い材質ではあるのだが、塗料、特にラッカー系に弱く、塗料に含まれている溶剤が材質に浸透して ボロッ… と崩れてしまう、と。

ヾ(`д´)ノ彡☆ マヂカッ!

 

さらにいろいろと検索してみると、サフを吹くとか、ラッカー系でもごく薄く吹き付け、それを何回も行うコトで塗れるというような記事もあった。

実際、ゴリゴリに塗って、チッピングまでしてる人もいたので、塗れるコトは塗れるのだろうが、おそらく、こういう人たちはいわゆる『ハイアマチュア』であり、オレなんぞより遥か彼方の高次元のおられる人たちなのだろう。

 

というコトは…

『オレがやったら絶対失敗する』

『やめとけ』

ってコトなんだろうナ…(涙)

 

さらに箱書きには、こんな記載が…

塗装はやめとくか…

 

せめて組み立ててからクリアでも吹こうかと思っていたのだが、クリアこそまさにラッカー系なので、せっかく組み立てたリバーストライクにクリアをかけて、全体がボロボロと崩壊する、と。

_ノ乙(、ン、)_

 

とりあえず、箱を写してみた(現実逃避)

 

予約特典の『ブリッジスプレート』

これが欲しくて予約したようなモンです。

もったいないので、まだ開けてもいない(笑)

 

ゲームでは、施設地下の駐車場から乗り物を出す時に、こうやって出てくるワケ。

つまり、できあがったプラモデルは、この上に置いて飾ってネ! というコトなのだが、何とかこいつを複製して、いろいろと使いまわしたいの(笑)

 

けっこうパーツ類もあるよナァ…

どうしよう…(悩)