ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

Death Stranding Reverse Trike その1

とりあえずパーツ類を広げて、タグを付けてみた。

 

こんなパーツが1個しかないランナーにタグを付ける必要はない(笑)

 

タグが足らなくなったので、マスキングテープで代用してみたが、わざわざプラスチックのタグ付けなくても、これでいいんじゃネ?

!i!i!i!i!i ○| ̄|_ !i!i!i!i!i ソノ通リ

 

これらのパーツ群がABS製。

当初、目論んだチャージャーズカラーでの塗り分け塗装だが、ボディはABSではないのでスカイブルーで塗れそうだが、肝心の黄色のところはすべてABSだった(笑)

SMOちゃんが教えてくれたように、メタルプライマー吹いてから、薄ぅ~く黄色を吹いて、塗料に含まれた溶剤が浸透しないうちに乾燥、また薄ぅ~く塗るを繰り返す作戦もあるのだが、エアブラシ持ってないヨ(笑)

 

で、すっぱりとあきらめました。

とりあえず作るコトが大事なんだし。

エアブラシほしいナ…(心叫)

 

この辺だけは黒く塗っておこう。

世界の田宮模型様謹製セミグロスブラックのスプレーを利用。

砂吹きもちょっとだけウマくなった(ような気がしないでもない・笑)

 

で、このプラモデルは何とはめ込み式(笑)

全体的に硬めの印象だったが、なるほど、だからABSパーツが多いのか…

 

見た目はおもちゃそのもの(笑)

 

カチャカチャと組んでいく。

しかし、けっこう見た目が複雑なので、取り付ける方向を間違えたコトもしばしば。

はめ込み式だから、また外して組み直せばいいのだが、前にも書いた通り、けっこうキツめなので、外す時はていねいにしないと【また】痛い目に遭う。

 

何だか複雑な前ホイールも完成したが、塗装してないとめっちゃ安っぽい。

ま、塗ったとしても、前のビラーゴさんのようにガタガタになっちゃうんだけどネ!

そーゆー意味では、こっちの方がオレには合ってるかもネ!

 

もう何のパーツなんだか、さっぱりわからん(笑)

 

あ、前輪が付くワケか!

でも、何だかアニメのロボットみたい(笑)

 

できた(笑)

朝5時ぐらいから作業を始めて、午前中で終わってしまった。

後はデカール貼るだけだが、何だかやる気も失せてきたので、これは来週にしよう…

 

サムが配送する荷物ケースも付いてくる。

このパーツはABS製ではないので、例によって平筆でペタペタと塗ってみたが…

あ、どうせなら『サム指名依頼』のゴールドで塗ればよかった!

シルバーだったら『指名なし依頼』になっちゃうじゃん!

って、実にどーでもいい(笑)

 

まぁそんなワケで1年塩漬けにして、他のプラモデルで練習までした『Death Stranding Reverse Trike』だが、あんまりおもしろくなかった。

メッキ剥がしたり、細かくマスキングしたりとか、老化+緊張で震える指を押さえつつ色塗ったりして作ったビラーゴの方が数倍楽しかった。

 

なに、この『おもちゃ感』

(笑)