ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

第 70 回 甲子園ボウル





凄い試合だった。

もうただただ一言。

凄い試合だった。



初めて甲子園ボウルをまじめに見たが(笑)、最初はやはり NFL に比べて迫力やスピードに劣り 「まぁこんなモンか…」 ぐらいに思っていたが、とんでもない。

両チームの引き出しの多さ、前半まで反則ゼロという真摯な姿勢、そして何よりも優勝にかける両チームの意気込みに圧倒され、気がついたら正座していた(笑)





前評判通り、立命館の RB 西村君のランプレイはすばらしかった。

シーズン 900 ヤード、 1,000 ヤードも視野にって、どんだけ凄い RB なんだか…





そして早稲田の QB 政本君の再三に渡るロングパス、それを確実にレシーブする WR 陣。

さらに彼のスクランブルも度々あり、 4Q にはびっくり仰天の 50 ヤードスクランブル!



んもう、自分の部屋にいた下の子がどうしたのかと様子を見にくるぐらい、声出してしまった(笑)



第 4 クオーター。

残り時間あと 3 秒。

点差は 28-27 で立命館わずか 1 点のリード。



早稲田オフェンス陣が必死にゲインし、残念な反則罰退もあり、残り 55 ヤードからの FG

ここで早稲田のヘッドコーチから絶大な信頼を持たれるキッカーの佐藤君登場。



決まれば早稲田の逆転優勝。

はずせば立命館 5 年ぶりの優勝。



しかし、 55 ヤードって…

NFL だって 55 ヤードの FG なんて、あんまりないヨ…

しかも逆転優勝がかかってる大一番。





しかし、佐藤君はニコニコしながら登場。

40 ~ 50 ヤードなら決める! 練習では 60 ヤードだって決めてる!

(絶句)



超絶キッカー。



ここには早稲田側の戦略があった。

TD 逆転も狙えるシチュエーションで、確実に FG を取って 1 点差とし、最後の攻撃で彼のキックが届くレンジまでボールが進められれば、 FG を決めて逆転優勝という、ココでもチームの彼にかける信頼が絶大であるコトがわかる。

ずっと正座しているので、すっかり足がシビれてしまったが(笑)、んなコトも忘れてテレビ画面を凝視。



ロングスナッパーがスナップ!

フォルダーがキャッチ!

佐藤君がキック!



が…

無情にもボールはわずかに届かなかった。



躍り上がる立命館の面々。

泣き崩れる佐藤君と早稲田の面々。



結果は残酷だ。

どちらかが必ず勝者になり、一方は必ず敗者になる。



しかし…

確かに結果は結果であるが、全力を出し切った両チームに観客もオレも惜しみない拍手を送った。

解説者も最後は涙声だったし、トシ取るにつれて涙腺がユルユルになってるオレも、もちろん滂沱の涙(笑)



第 4Q は両チームとも負傷者続出。

立命館 RB の西村君も足が攣ったし、つまりそれぐらい、両チームとも体力の限界を超えた、出し切った試合であった。



立命館の諸君、おめでとう!

早稲田の諸君、残念だった!

だけど、オレにとっては両校ともに勝利者です。



明日は X ボウル。

つまり、社会人日本一が決まる。



そして来年 1 月 3 日はライスボウル

明日の社会人勝者と立命館大学の一騎打ち。

うぁぁぁ めっちゃ楽しみダ…



昨日土曜日は録画していた NFL3 試合を絶叫とともにテレビ観戦(笑)

そして今日は感動の大学日本一(涙)



自転車キラいなオレだが、ますますキラいになりそう…

(笑)



*****

画像はすべて関係サイトから無断で貼ってしまいました。

悪いことだとわかっていますが、それぐらい今日の試合には感動しました。

どうぞお許しください。



感動すればパクってもいいのか!

はい、まったく言い訳になってないコトも、よくわかっています。

<(_ _;>