ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

T/C

TC ブルース

T/C

Words:kota Music:どなたか曲つけてください(笑) 客が白と言えば白と言い 黒と言えば笑顔で黒と言う そう私は添乗員 自分を殺しプライドも捨て パスポート片手に今日は中国明日はアメリカ そう私は添乗員 小旗ふりふりビジネスバッグたすき掛け 日本しか知…

添乗奇譚

T/C

あちこち添乗に行ってますと、いろいろな目に遭います。 楽しかったことや苦労したこと、悔しかったり、悲しかったりしたこともあったわけですが、時には 【恐い思い】 をしたこともあり、ここではそんな経験をちょびちょび書いてみたいと思います。 ちなみ…

独り寝

T/C

たいてい添乗員の部屋というのはシングルです。 これは別に連れ込んじゃうとか、そんなことをするためではなく、何かトラブルがあれば徹夜の時もあるし、そうでなくともお客さんから電話がかかってきたり、その日の精算やレポート書いたり、と遅くまでバタバ…

添乗員はモノを知っているか

T/C

人から職業をたずねられて、 「旅行屋です」 と答えると、たいてい 「へぇ~ いろいろなところに行けていいですねぇ~」 とか、 「今度、おいしいレストランとか穴場を教えてくださいよ」 とか言われます。 もちろん、普通の人よりはあちこち行ってることは…

必要経費

T/C

また中国の添乗の話しです(笑) 日本でも昭和 40 年代の初めごろまでは、あちこちに蒸気機関車が走っていました。 今もイベント列車などは多く走っていますが、あのころはまさしく現役であったわけで、私も何回か乗ったことを覚えてます。 中国では、その蒸気…

ある出会い

T/C

中国某市の市民フェスティバルに、日本の某歌手が招かれました。 ちゃらちゃらしたタレントではない、音楽一筋で生きてきた筋金入りの人です。 で、この公演の手配一切をうちの会社で引き受けることになり、私がその担当になりました。 とかく、思ったように…

添乗員は飛行機がキライ

T/C

私は飛行機が嫌いです。 怖いからです(爆) 航空機事故に遭う確率は、交通事故のそれよりも低く、またきちんとした理論で設計され、 「飛ぶ」 ことが科学的に立証されていても、上空でぐらぐら揺れるととたんに恐怖心に駆られます。 私の添乗員としての渡航回…

ぷぅ~

T/C

1995 年、日本航空がベトナムのホーチミン市(旧サイゴン)に就航した時のことです。 かねてよりベトナムには一度行ってみたいと思っており、趣味と実益を兼ねてベトナムへの団体旅行を作るべく営業を進めていたのですが、うまい具合にツアーができました。 出…

線路越しの和解

T/C

満州開拓青少年義勇軍 ---------- 第二次世界大戦は多くの悲劇を生み、今もなおその傷跡に苦しんでいる方、また忘れがたい心の傷をおわれた方がたくさんおられます。 中国残留孤児問題もその中のひとつであり、いわゆる「孤児」を生んだ原因のひとつに「満州…