ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

週末酔いどれ日記

画像があんまりありません(笑)



先週土曜日は自転車友だちとの飲み会だった。

場所は新宿だったので、ちょっと早めに行ってマイ・フェイバリット・つけ麺 「満来」 の 「ちゃーざる」 でも喰うか…

それから、ブラブラしてようかナ…



「満来」

知る人ぞ知る、超ド級チャーシューで高名なお店。



一時はオーナーの高齢化に伴い、閉店になったようだが、オーナーと長らく苦楽を共にしてきた方が、そのノウハウを持って、満来の並びに同様のお店を開店。

それが 「らぁーめんほりうち」 さん。

その後、閉店したハズの満来も、どうしたコトか再オープンし、同じようなお店が二店舗並ぶコトと相成った。



どちらもウマいのだが、どちらかと言うとほりうちさんの方が、ややあっさりめ。

小麦の香りがしっかり残ったもちもち麺と、ホロリと崩れるチャーシューはどちらもさすがのウマさ。



で、今回は 「満来」 の方へ。

さすがに週末の土曜日とあって、お店は長蛇の列。

「ほりうち」 はすぐにでも入れそうだったので、よっぽど 「ほりうち」 にしようかと思ったが、新宿に来るコトもあまりないので、ココは満来へ。





30 分ほど並び、ようやく 「ちゃーざる」 とご対面。



むぅ~ん…

ウマい♪



が、しかし。

つけ汁がちょっとぬるくて、冷水でしめられた大量の麺とも相まって、最後はほとんど冷麺状態。

そこへ、チャーシューからの脂が固まりつつあり、ラストはちょっと辟易してしまった。



熱盛りだったら、こんなコトはないのだろうが、あるいは替えスープとか…

ま、そんなコト言ったらキリがないケド。



かなり苦しい状態となった太鼓腹を抱え、すっかり様子が一変してしまった新宿西口あたりを逍遥。

その昔、勤め先がこの辺にあったのだが、よく昼に行ったメシ屋とか、そんなんもすっかりなくなり、ちょっと残念。



ブラブラした後、東口へ。

今日のお店の場所を確認した後(ちょっと迷ってしまった・笑)、歌舞伎町をウロウロ。



が、歌舞伎町自体はウロウロしても、そんなにおもしろいトコでもないので、適当なマンガ喫茶に入り 「カバチタレ」 を読む(笑)



カバチタレ」がめっちゃ面白く、アッ! という間に時間が過ぎ、慌ててお店へ。

しかし、ココでもちょっと迷ってしまった(笑)



「日本鮮魚甲殻類同好会 新宿えび通り本部」

何というインパクトのネーミング(笑)

しかし、そのわりには、何度、聞いても覚えられません(爆)



今日は総勢 10 名という大所帯だが、半分は初めてお会いする方々。

人見知りの激しいボクは、ちょっと心配だったが、同じく人見知りの激しい T さんがいてくれたので助かった(爆)



それにしても暑い…

オレたちの席のすぐ裏に 「自動天日干し機」 とか言うのがクルクルまわっており、そのあおりで、モノ凄く暑いんです。




(画像提供 M さん)


常に体温が高いデブのオレには耐え難く、思わずトレーナーを脱いでしまい、半袖 T シャツ一枚に(笑)

同じテーブルにはセーターとか着てる人もいると言うのに、何だか凄く変な絵(笑)

でも途中から男気のある O さんが、すっぱり脱いで同じく T シャツ一枚になったので、助かった(笑)



いきなり特大舟盛りが三皿も運ばれてきて、うぉ~っ! とか思ったが、アホなオレはチャーざるを平らげていたので、さすがにあんまり入りません。

オマケに T さんから 「チャーざる喰ってきたでしょ」 と、一発で見ぬかれた(爆)



二時間という予約時間はとっくに過ぎているのに、頼めば頼んだだけお酒が運ばれてくる剛毅なお店で、オレも 「暑い」 と言ってる割には途中から熱燗にスイッチ(笑)

お店の中でも、このテーブルが一番年齢層が高かったが、それでも一番うるさいという(笑)




(画像提供 M さん)

散々騒いだ後、二次会へ。

ココでも美味しいビールをたらふく呑んだが、そろそろ記憶が怪しくなり、皆さんにお別れのあいさつをしたのか、しないのか、よくわからんうちに、気がついたら新宿駅のホームに立っていた(笑)



とっくに終電はなくなっていたので(笑)、そんなら上野あたりに出て、またマンガ喫茶で 「カバチタレ」 の続きを読もうかと。

これまた久しぶりに深夜の上野界隈をさまよっていたら、何だかいい感じのお店があり、ふらりと入ってしまった。



結局、このバー風の居酒屋(居酒屋風バー?・笑)でひとり呑み。

で、カウンターで思わず寝てしまったらしく(爆)、お店の人から 「お客さん、そろそろ…」 と声をかけられ ( ;゚ロ゚)ハッ! と気づいたら朝だった(笑)



さすがにガンガンする頭を抱え、フラフラで帰宅。

幸い女房はすでに仕事に出かけた後であり、子どもたちもまた起きていなかったので、そそくさとシャワーを浴び、寝っ転がって WOWOW 見てたら、狙いすましたかのように熟睡。



はい、日曜日は廃人でしたとも。

齢ヲ考エロヨ、齢ヲヨ…

!i!i!i!i!i ○| ̄|_ !i!i!i!i!i