ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

iTMSの邂逅

バカ売れデジタルオーディオ iPod のもうひとつの立て役者。

iTunes Music Store

ネットによる楽曲配信の大手であります。



PC で取り込んだ MP3 ファイルを iPod に流し込むには、 iTunes を使うのが吉と言えるでしょう。

こーゆーメーカーお仕着せのアプリケーションがそんなに好きではない、へそ曲がり・天の邪鬼・根性歪曲・性格宙返りのオレは、当初はコレを使わずに別のオンラインソフトを使っちょりました。



が、今の iPod に買い換えた時に試しに iTunes を使ってみて、その利便性に驚き 「iPod には iTunes しか使わせネェゼ、他のアプリとか使えるモンなら使ってみナ!」 的な Apple の高圧的・寡占的・独り占め的な戦略に驚嘆した(笑)



前にも書きましたが、 iTunes Music Store から落としてきた楽曲データは素の MP3 ではなく、暗号化された M4P というファイルになっちょります。

一応エクスプローラでも 「ファイル」 としては認識されるのですが、コレを他のデジタルオーディオ機器にコピーしても再生するコトはできません。

まぁ一度 CD に灼いちゃえば素の MP3 になっちゃうんで(笑)、他の機器でも再生できるようになりますが、ココはおとなしく iTunesiPod というのが吉かな、と。



こうした楽曲配信サイトの最大のポイントは、何と言ってもダウンロードできる楽曲数の多さにつきます。

この前、下の子に某デジタルオーディオプレーヤーを買いまして、そこのメーカーが主宰する配信サイトにも行ってみました。

んで、オレの携帯を替えたのを機に某キャリアが運営する配信サイトにも行ってみたのですが…



話にならん



とっても貧弱。

「欲しい!」 と思う曲がまったくなかったっす。

もっともオレの好みは相当特殊なんで(笑)、そんなマイノリティかつコアなヤローのために配信数を増やすコトはできないんでしょうけどネ。



何回も書きましたが、こういう状況は決してユーザーの益にはならないと思うんですよネ。

各配信サイトが大同団結して、共通のユニークな ID でダウンロードできる、そんな風にならないと 「一人勝ち」 か 「共倒れ」 つまり 「All or nothing」 になりはしないか、と。

この辺は書き出すと長くなるんで(笑)、今日の本題に行くっす(笑)



ネットの徘徊にも飽きると iTMS に行って、何かおもしろそうな曲はないかと探すのが常でありまして、こうやってけっこうな曲を iTMS からダウンロードしてきました。

中には



「あぁぁ! この曲、 CD で持ってた…」



というのもあるんですが(笑)、



「聴きたいんだが、 CD 買うほどのファンじゃないし、ちょい好みが特殊で TSUTAYA にも置いてないし…」



という曲を落とすのが多い。



開設当初の iTMS は、他のサイトと同様に貧弱の極みでして 「ダメだ… こりゃ…」 とかって思ったモンですが、加速度的に充実して来、今では



「こんな曲もあるのかぁ~!」



というホドのビックリ度(笑)



これであの某レーベルが参加すれば、もう最強の配信サイトになるんですけどネ。

一時は去年の夏あたりに参加か! というような憶測も流れたようですが、やっぱり 「憶測」 だったようで(笑)



「あのレーベル」 は、 iPod との競合製品を出してる関係上、自分のクビを絞めかねない iTMS への参加はやっぱり難しいようで。



で、この前も iTMS を何となく見てまして。

このコンテンツのひとつに 「Just for you」 というのがありまして、今までに自分が購入した曲とかクリックした曲、そうした履歴から



「きっとコイツは、こーゆー曲が好きに違いない」



Apple が断定したアルバムを数枚ピックアップしてくれるワケで。



まだβ版みたいなんですが、



「コ、コレは… 魂の琴線袈裟切り袈裟切られぇぇ~!」



と吶喊してしまうのもあれば



「興味ないっす。うっす。この前買ったのはただの気まぐれっす。マジで取らないでほしいっす。うっす」



というのもあり(笑)



しかしまぁ 考えてみれば便利な世の中になったというか 「筒抜け」 というか…(笑)



で、おもしろそうなアルバムがありました。

80 年代の HR/HM の名曲をいろんなミュージシャンがカバーしてるヤツで、オジー・オズボーンの名曲 「Mr.Crowley」 を 「王者」 が演ってるという…



個人的に 「王者」 はそんなに好きではないのですが、オリジナルで聴かせたランディの魂のプレイを王者がどのように料理するか、そんな興味がありました。

iTMS では 30 秒間の試聴もできるんですが、曲によってはサビの部分のコトもあれば、イントロから 30 秒という時もある。



で、この曲の場合は 「イントロから 30 秒」 でして、知ってる方は知ってるように荘厳かつ叙情的なキーボードでのイントロが 30 秒流れたダケでした(笑)



ギターはどないやねん ギターは…



(笑)



どーしよーかなぁ…

この続きも聴いてみたいしなぁ…



しかし前にもエアロスミスの 「Dream on」 をロニー・ジェームス・ディオと王者がコラボしてカバーした曲を、やっぱり興味に負けてダウンロードしてしまい、ロニーのボーカルはやはりよかったが、オレ的にはどうしても王者のソロがダメだった記憶が蘇り…



むむぅ~…



ポチ



あぁぁ あぁぁ!



と思う間もなくオレは 【購入する】 ボタンをクリックしていた(爆)



しょーがないので聴いてみる ヾ(^^;ジャ、買ウナヨ



えぇ~っと…

まぁハードディスクの肥やしかな…(爆)



ダメだ…

やっぱり生理的に王者のギターはダメっす…

オレの友だちにもたくさんの王者ファンはいますが、オレ的にはやっぱりアウトだった。



って、わかってたハズなのにネ(笑)



んで、前々から女房に頼まれていた Level42 の 「Something about you」 があったので、こいつもダウンロード。

もうちょっとおもしろいモンはないかと、徘徊は続く。



Dio



おお!



売れない B 級バンド 「エルフ」 からリッチー・ブラックモアに見いだされ 「Rainbow」 でその名を轟かせた 「絶対音感ボーカリスト」 ロニー・ジェームス・ディオのソロバンド。



ロック・ボーカリストとしては、フレディ・マーキュリーと並んである意味での最高峰だと思っちょるワケですが、サバス脱退以後は何となく疎遠になってしまい、まったく聴いてませんでした。



さっそく 「We Rock」 を試聴。

「We Rock」 って曲自体、全然知らなかったのですが(笑)、とりあえず試聴した限りでは…



ロニーは相変わらずいいシンガーだし、ギターのビビアン・キャンベル(?)、ベースのジミー・ベイン(?)  ……すいません、記憶が曖昧です(笑)…… もかっちょいいっす。

が、しかし。

もっとも印象的だったのがドラマーのヴィニー・アピス。



( ・ω・) ヴィニー・アピス…?



あ、カーマイン・アピスの弟君…?

そう言えば、昔なにかのインタビューにカーマイン・アピスが答えて曰く



「オレの弟もドラマーになったケド、何か変なドラム叩いてたヨ」



(笑)



いや、アンタもヒトのコトは言えまい…(爆)



そうか…

カーマイン・アピスの弟だったのか…



道理でやたらに手数が多く、やかましいドラミングで(笑)



特にバスドラのアタックが独特っす。

こんなドラムを叩くヒトと言えば…



八玉のレ△ンさん…?



(核爆)



でも、スキデス。

こーゆースタイル(笑)



バンド演ってるヒトには、ドラマーに対してまた別の求めるところや好みとかあるんだろうが、オレ個人的にはこういうテクニカルでアタックが強いドラムって好きです。



日本ではチビさんは別格にしてもレオンさんとか、あるいは元ノヴェラの西田龍一さんあたり。

ちなみにノヴェラのオリジナルメンバーである秋田鋭次郎さんは、 3 年前のハードロックサミットでの再結成の時に初めてその音に触れまして、全体のボリューム、特にスネアの破裂感がすさまじく、ドラマーのモノ凄さを肌で感じたのでありました。



また海外ではイアン・ペイスコージー・パウエルと並んで好きなドラマーがカーマイン・アピスであり、その思わぬ邂逅に今まで忘れていたバンド 「Dio」 がクローズアップップされてきまして…



むむ…



Dio の CD 大人買い…?



(笑)