ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

NFC チャンピオンシップ どうした、パッカーズ?!

誰も予想し得なかった、この試合結果。

NFCチャンピオンシップは37対20で、サンフランシスコ49ersの勝利となった。

 

f:id:kota-s:20200126120415j:plain

ラヒーム・モスタート

圧巻だったのは、49ersのRBラヒーム・モスタート。

何と206ラッシングヤードで、もうほとんどWR並み。

タイタンズのデリック・ヘンリーも180ヤードを超えるラッシングヤードを記録したが、それをも上回る、んもう驚愕絶句の走りっぷり。

 

しかし、それを支えていたのは、49ersのオフェンスラインの働きである。

 

f:id:kota-s:20200126121102j:plain

カイル・ユーズチェック

そのひとり。

FBのカイル・ユーズチェック

FBって、ホントに地味なポジションであり、脚光を浴びるコトも少ないのだが、この人は実にいい仕事をする、プロフェッショナルだと思う。

この試合でも、ユーズチェックのブロックがキレいに決まり、モスタートが外側に切れ込んだランがあった。

 

f:id:kota-s:20200126121341p:plain

普段はこんなやさしい笑顔(笑)

 

もうひとり。

TEのジョージ・キトル

f:id:kota-s:20200126121631j:plain

ジョージ・キトル

TEは時にはレシーバー、時にはブロッカーのチーム最大のジョーカーであるが、この試合では、レシーブ回数も確か1回だけだったかナ…

目立つ活躍はしなかったが、ユーズチェック同様にモスタードの強烈ランを支援するブロックが随所に光ったと思う。

 

f:id:kota-s:20200126121910j:plain

この人も普段はこんなにやさしい(笑)

 

おかげでQBのジミー・ガロッポロはほとんどパス投げることもなく(笑)、ただ後ろにトスしてるだけ(爆)

 

 

そして意外だったのが、パッカーズである。

試合前は、どちらも固いディフェンスラインが活躍し、点の取り合いのようなハデな試合展開ではなく、むしろ少ない得点で推移するタイトな展開かと思っていたが、まぁ開けてビックリでした(笑)

 

前半はディフェンスラインがほとんど機能せず、モスタートに走りまくられるし、第2クオーターだったか、センターがボールを自分の内ももに当てて落としてしまうという、これまたほとんど前代未聞のミス。

NFLって一流選手ではムリ、超一流でなければなれないと思っているのだが、その超一流の選手たちでも、こうした凡ミスを犯してしまう。

もちろん超一流とはいえ、人間なんだから、必ずミスは犯すもの。

 

人間って複雑だナァ(笑)

 

最後はアーロン・ロジャーズ乾坤一擲のロングパスだったが、49ersのシャットダウンコーナー、リチャード・シャーマンにインターセプト

f:id:kota-s:20200126123050j:plain

リチャード・シャーマン

その前は、リチャード・シャーマンにWRダバンテ・アダムスをわざとマッチアップさせ、まんまと65ヤードのロングゲインを稼がれたが、さすがに同じことは二度させないよネ。

 

 

かくしてNFCサンフランシスコ・49ersが勝利し、いよいよAFCチャンピオンのカンザスシティ・チーフススーパーボウルの大決戦。

でもオレは確信している。

勝利はチーフス。

 

モスタートのランはこの試合ほどは出ない。

となると、チーフスのオフェンスと49ersのディフェンスの力勝負になるだろうが、今年のチーフスの激烈オフェンスはちょっと尋常じゃないし、49ersのディフェンスがどこまでガロッポロを守れるか、ってのがポイントかナ…

 

そして肝心なのはタイムマネージメントだよネ。

超アグレッシグなオフェンスで得点を積み重ねて、相手チームを突き放しても、時間を上手に消費しないと、そう。

あの時のスーパーボウル、あの時のファルコンズのように、25点差をひっくり返されるという、悲劇に見舞われる。

 

オレは一生忘れないぜ(恨)

 

その時、ファルコンズの超アグレッシグオフェンスを作ったのが、カイル・シャナハン。

そう、49ersの現HCである。

 

f:id:kota-s:20200126124222j:plain

頼みますヨ、ホントに…

 

f:id:kota-s:20200126124424j:plain

第54回スーパーボウルフロリダ州マイアミのハードロック・スタジアムで開催