ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

NFL 2021 Week5 KC vs BUF

f:id:kota-s:20211013171523j:plain

カンザスシティ・チーフスバッファロー・ビルズとの一戦。

この試合は見るだけで、ブログ記事にするつもりはなかったのだが…

 

f:id:kota-s:20211013171851j:plain

チーフス、どうしちゃったの…?

第4週の時点で2勝2敗、去年までの『何やっても勝てる気がしない』感が消滅。

第5週はここまで絶好調のビルズ戦であり、チーフスとしてはこれまでのいやなムードを消すためにも、絶対に勝ちたい一戦だったのに。

 

f:id:kota-s:20211013172353j:plain

マホームズにいつものキレッキレ感がない。

らしくなく、アンダーニースのパスが多かったが、今シーズンはインターセプトが多く、それを防ぐために低めにパスを投げているのか?

この試合でも合計4つのターンオーバーを喰らい、これじゃぁ勝つのは難しいだろう。

 

f:id:kota-s:20211013172747j:plain

エースWRのタイリーク・ヒルは徹底的にダブルカバーされていたが、ランをまったく使わず、パスばっかりなので、こうなるのも当然だよネ。

でも、何でランを出さないの?

RBいないですか?

 

しかも、この試合を見て知ったのだが、チーフスはディフェンスが絶不調。

総合でリーグ31位、つまりビリから2番目。

オフェンスではマホームズのアクロバティック投法が不発、しかもインターセプト多め、主力選手は徹底的にマークされ、得点力が低下してるのに、ディフェンスも守りきれてない。

これはキビしいナァ

 

f:id:kota-s:20211013173258j:plain

アンディ・リードもさぞかし悩ましいところだろう。

 

それに対してビルズは攻守のバランスがとってもいい。

解説の村田さん曰く、ビルズのDLはうまくローテーションしていて、もっとも使われている選手でも、55%程度であり、ということは、試合が後半になっても、レギュラーのラインマンたちが、割と体力を温存した形でマホームズに対してラッシュをかけられる。

いくらマホームズがトリッキーな動きでラッシュをかわしても、彼とて人間。

そらぁ限界はありますよネ。

 

f:id:kota-s:20211013174019j:plain

ビルズのエースQBであるジョシュ・アレン

この人は、本当にいいQBになったよネェ~

 

確か2018年のドラフト1巡指名だったと思うけど、徐々に力をつけてきて、今やビルズの大黒柱となった。

肩も強いし、身体がデカくて足が速い(+長い)ので、走らせてもいい。

実際にこの日の試合では70ヤードぐらい走ったのじゃなかろうか。

 

終わってみれば38対20という3ポゼッション差をつけ、ビルズの大勝利。

3大クラウドノイズのひとつ、チーフスのホームであるアローヘッドスタジアムでの勝利だけに、ビルズの皆さんの帰り道が心配だったが,

 

f:id:kota-s:20211013174732j:plain

さすがビルズマフィア。

アローヘッドでこういうことができるとは(笑)

 

これでビルズはAFC東地区において4勝1敗で堂々の首位。

かたやチーフスはAFC西地区で2勝3敗の最下位、信じられん…

まぁまだ5週なので、これからチーフスもがんがんアジャストしてくるだろうし、まだまだ先はわからないけど、なお信じられないのは…

 

f:id:kota-s:20211013175519j:plain

チャージャーズが首位ですヨ(核爆)

今年はレイダース、ブロンコスもいいけど、頭ひとつ抜き出たかっこだよネェ~♪

 

f:id:kota-s:20211013175954j:plain

そらぁファンも盛り上がりますヨ。

オレもこの中に混ざりたい(笑)

 

f:id:kota-s:20211013180150j:plain

ごちそうさまでした。