ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

台湾ひとり旅 その 5

今日は台湾高速鉄道(台湾新幹線、略称「高鐵」)に乗って台北に戻る。

台南は朝っからいい天気。

ホテルの窓から見える広告塔の温度計は、朝 7 時の時点で早くも 27 ℃(笑)

まぁ 「熱帯」 地方だからナァ…





それでも喰うモノは喰わねば。

メシは喰わねど高楊枝なんて、オレにはできない ヾ(^^;「武士」





ホテルから台南駅まで歩いても 10 分足らずなので、キャリーを引きつつ駅までの道を歩く。

すいません、早くも汗ダラダラなんですが…(肥)





到着。

いや~ 堂々とした立派な造りですナァ…





何となく昔の日本の駅を思わせる。



さて。

高鐵のチケットは WEB で予約しており、乗車前にチケットを受け取らねばならん。

ドコで受け取るのかな…

あ、アレかな…



カウンターに並び、 WEB での予約確認証を見せると、カウンターの女の子、一瞬きょとん。

な、何かイヤな予感がするゾ…(笑)



「ここは國鐵の台南駅ですから、高鐵の台南駅で受け取ってください」



ε=(・ω・ノ )ノ ソーナノ…?!

(爆)



そう。

浅はかなオレは、この台南駅から高鐵も出るのだと、勝手に思い込んでいたのである(笑)



聞けば、ここから高鐵・台南駅までタクシーで 30 分ほどかかるという。

めっちゃラッキーなコトに、駅のまわりをブラブラするつもりで、 1 時間近く前に駅に着いてたんだよネ。

荷物は預かり所に預けて、昨日は行けなかった駅の反対側に行こうと思ってたので。



こうなったら、そんな悠長なコトは言ってらんネェ(笑)

幸い駅前なのでタクシーはたくさん。

さっそく乗り込むと、運ちゃんが 「何時の高鐵に乗るんだ?」 と。

「10 時 15 分っす」



運ちゃん苦笑い。

んじゃぁ飛ばすヨ、と(爆)





高速に乗りやがんの(笑)

そんなに遠いんかい!

いや、でも 1 時間も前に来てよかった…

これ、普通に来てたら絶対乗れないよナァ…(幸運)





高鐵・台南駅はこんなに立派だった(笑)





中もこの通り、宇宙ステーションを思わせる近未来的サイバー空間(笑)





何とか無事にチケットを受け取れた。





あぁ… 間に合ってよかった(安堵)





一昔前の日本の新幹線という感じです。

しばらく車窓を眺めていたが、いつしかうつらうつら…

どっかのクソガキが大騒ぎしやがって、それで目が覚めた(`Д´)



MRT に乗り、前半に泊まった優美ホテルへ。

今度はコンドミニアムみたいな部屋じゃなくて、普通の部屋にしてもらおう(笑)





そうそう♪





デカッ!



しかし… である、



この部屋、このようにドア近くにもう 1 個ベッドがあって…(笑)





こんな感じで仕切りがあって、要するにベッドルームがふたつだと(笑)

下宿屋か!

まさかドミトリーじゃないだろうナ!

(笑)



さらに笑えたのがフロ。



こ、これは…





真四角のバスタブ…(爆)



こんなん初めて見ました(笑)

何というか、バスタブなんかじゃなくて真四角の風呂桶だよネ。

これはぜひお湯を張って入ってみよう♪



日本みたいに ざぶーん! としたいところだけど、あくまでも 「バスタブ」 なので、これやったら洗面所が水浸しになるからナ…



さて、そんなんもしてらんネェ!

おみやげ買いに行かなきゃ…



家族とか会社の連中とか…

こういう時には免税店が一番。

今は免税店だから安い、というコトもなくなったが、いわゆるおみやげ的なモノはここに行けば、たいていは買えるからネ。

面倒がなくていい。



MRT を乗り継ぎ、免税店へ。

女房から 「こういうのがほしいです」 と言われていたモノもあった。

子供たちへのおみやげもお揃いにした。

会社の連中には名物・パイナップルケーキで十分(笑)





けっこう降ってきちゃったナァ…

何か猛烈な台風が来てるんだよネ。

こりゃムリもないヤ…



けっこうな大荷物になってしまったが、 MRT を乗り継ぎ、乗り継ぎ、やっとホテル最寄り駅まで。

とっくに昼を過ぎているので、腹も減った…

何にしようかな…

あ、ここでいいや。





おなじみ小龍包♪

パクッ! と食べると、熱々のスープが飛び出てめっちゃうまい(福)





それからタマゴチャーハン。

これもけっこうウマかったが…



しまった…

チャーハンは晩メシにすべきだったか!(笑)



小龍包: 120 台湾ドル 約 360 円

チャーハン: 90 台湾ドル 約 270 円

ごちそうさまでした。



とりあえずこんなんでメシ喰って、ホテルに戻ってきたのが午後 3 時。

めっちゃ中途半端。



おみやげを置いて、キャリーに詰め…

ふと外を見ると、外は嵐直前のような雨と風。

何だか外出るの、やんなっちゃったナ…(笑)



何となくベッドに横になり、読みかけの文庫本を読んでたら…

やっぱりというか、案の定というか、それとも狙っていた、と言うべきか(笑)

寝てしまった(爆)



目が覚めて苦笑い(笑)

メシ喰いに行くか…



台湾最後の晩メシだよナァ…

いつもの安食堂じゃなくて、ちょっと張り込もうか。

やっぱり冷たいビールを飲みながら、ウマい料理を食べたいし。



というワケで、オレは近くにある 矢印国賓大飯店 に向かった。



ここはオレが作る台湾ツアーでは、台北の定宿だったんだよネ。

ってか、台北ではここしか泊まったコトがない。

設備もサービスも超一流だし、ロケーションもいい。



そうそう…

台北に 1 ヶ月ぐらい置きっぱなしにされて、ずっと仕事してた時もあったけど、その時もここに泊まってたっけ… ( ==)遠イ目



このホテルは四川料理がおいしいので、さっそく 14F の四川料理レストランに行ってみると…

全部貸し切りになっていて、地元企業のパーティが行われていた。

仕方ないので、 2F の広東料理のレストランへ。



昔は、このレストランでよくメシ喰ったけど、あの時のマネージャはまだいるかな…

何て名前だっけ…(笑)





お約束(笑)

台湾にいるから言うワケじゃないけど、この台湾ビールってウマいっす。

程良くホップが効いていて、苦味が切れる。

ホントに 「ラガー」 って感じがしまつ。





えびと金華ハムのたまごとじ。





広東風海鮮焼きそば



冷えたビールをゴクッ!

料理をパクッ!

……(絶句)



やはり人として食卓に向かう以上は、ビールは必須だネ。

で、また日本に帰れば発砲酒どころか第三のビールの日々だ、と

i!i!i!i!i!i! ○| ̄|_ i!i!i!i!i!i!



お値段はしめて 1,188 台湾ドル。

3,500 円ぐらい…?

文字通りケタが違った(笑)



さて。

あの真四角のバスタブ風呂桶にお湯がたまったようなので、入ってこよう。



明日は最終日。

一番行きたかったところに行く。



朝から昼ぐらいまでは、そこにいられると思うのだが、もうちょっと時間が欲しかったナァ…

だったら、昼寝なんかしてネェで、さっさと行けばいいじゃん! っつう話し(爆)