ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

自爆の方程式

この前、こうじさんとホイール交換会をやった時のこと。

オレの FF 山口・F6R を履いたこうじさん曰く:

「40 キロ過ぎたあたりで、フッ… と軽くなりますよネ」



そうそう。

確かにそんな感じはあります。



もっとも 40 キロ超で巡行なんて、オレのようなド貧脚ではそうそうできるモンではないのだが、この前の週末。

暴風突風爆風という、自転車乗りにとって 【諸刃の剣トリオ】(笑) の追い風の時に 「うああああ」 とペダルを踏んで、 40 ~ 50 キロの巡行を堪能したワケだが、そん時も フッ… と軽くなった瞬間、思わずギアを上げてしまい、また 「うあああああ」

で、またギア上げて 「うあああああ」 と地獄の悪循環に入りかけた時、風向きが急変しつつ脚も終わったという(笑)



それからは、すっかり酸っぱくなった脚を引きずり、ヘトヘトになって帰宅したワケだが、要するに自分の限界を超えるとその分、自分に返ってきますヨ、という実に当たり前のコトながら、ディープホイールという 【自己満足】 パーツを履いてると、その分の跳ね返りも倍以上だという怖い話(笑)