ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

膨張パック

皆さんは、使わなくなった古いスマホ、どうしてます…?

オレの手元にも3台ほどあり、いずれも引き出しの奥で眠っていた。

が、それももったいないので、よくネットの記事などにありがちな「古いスマホを置き時計にする」にしていた。

 

f:id:kota-s:20200426083538j:plain

こんな感じ。

 

簡単そうに思える「スマホの置き時計化」だが、時計というからには、常に電源ONである必要があるし、もちろん画面も常に点灯していなければならない。

この両方が共存する設定が、機種によっては存在しない。

そもそもが想定外の使い方だから(笑)

 

このあたりを補正するアプリをいくつか落としてきて、けっこう試行錯誤しながら、やっとスマホ置き時計が実現した。

使ったスマホはhTCのISW12HT

時刻が進むとデジタル時計のフリップが ぱらり… と動いたり、美しいお天気画面がリアルタイムに変化するというギミック満載。

 

しかも、毎正時には ボーン… というクラシカルなチャイムが鳴る。

こんな機能があったんだ(笑)

 

そんなワケで、非常に満足していたのだが、先週、ついに画面がつかなくなってしまった。

たぶん一年以上は、常に画面ONだったワケだから、液晶画面も寿命だろう。

 

で、電源ケーブルを外し、手にとってみたら、筐体が半分開いている。

( ・ω・)…?

 

f:id:kota-s:20200426084621j:plain

おわかりいただけるだろうか。

バッテリーがパンパンに膨張していて、それが筐体をこじ開けていたのだ。

 

f:id:kota-s:20200426084711j:plain

お、恐ろしい…

よよよ、よかった、破裂する前に気がついて(日頃行良)

 

ずぅ~っと、電源ONだったワケだから、バッテリーに過度な負荷がかかって、こんなんなってしまったんだネ。

ネットで調べてみたが、この状態で電力供給を続けた場合 破裂しない/破裂する 発火しない/発火する と正反対の内容の記事ばっかりで、何が正しいのかわからなかった。

しかし、このまま使い続ける勇気もなく、膨らんだバッテリーをはずし、また引き出しの奥へ。

 

でも、これ何かに似てるよネ…

f:id:kota-s:20200426085107j:plain

あ…

(笑)