ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

At Vance

便利ですよネ、 iTunes

スタート当初はまるでほしい曲がなく 「ダメじゃん 使えないじゃん」 とかって思ってたんですが、スゴい勢いで充実しだし、今ではアタシの音楽ライフになくてはならない存在に(笑)



これでずいぶん昔の曲を仕入れました。

「まさかこんなのはないだろう」

とかって検索したらバッチリあったり、逆に 「なんでこの人の曲がないですか(泣)」 というコトも(笑)



ちょっと前のこと。

「まさかこんなのはないだろう」

をコンセプトに(笑)、いろいろ探してみまして、ふと思い出した曲。



スコーピオンズの来日公演を収めたライブ盤 「Tokyo Tapes」 に収録された 「Fly to the Rainbow」

ウリ様の叙情的かつ HR 的なギターがごっつう印象的で、録音したカセットテープはどっかにいっちゃったモノの、曲だけは頭の中で鳴っているという、ありがちなパターン(笑)



さっそく iTunes のパワーサーチで曲検索。



あった



(笑)



「おおお!(寿)」



と思ったのも束の間。

あったのはスコーピオンズではなく 「At Vance」 というバンドの同名曲。

せっかくなんで聴いてみた(笑)



かっちょいい



(爆)



iTunes の視聴は 30 秒しか聴けないんだが、それでも グッ! と来ました(笑)



At Vance って、全然知らないバンドなんで、さっそくぐぐりぐぐられ。

ドイツのバンドなんですネェ…

同じドイツ出身のスコーピオンズの曲を探してて、偶然ドイツのバンドの曲がヒットするというのも、何かの縁だろうか…

何でも 「メロディックスピードメタル」 もしくは 「ネオクラシカルメタル」 に分類されるようだが、その違い、っつうか区別というか、意味がよくわかりません(笑)

まぁかっちょよけりゃぁ何でもいいや、というコトでいつものように安易に購入(笑)



いや、なかなかいいです、コレ。

ちょいとリズムがバタバタしつつも、展開がかったるいところがありますが、オーラフ・レンクのギターはかなりいいですネ。



今までどちらかというとパープルとかサバスといったような、ヘビィ系が主食だったワケですが、 「メロディック」 「ネオクラシカル」 というのも初めて聴いた。

で、しつこく 「Fly to the Rainbow」 を聴いているウチに、収録アルバム全部の曲が聴きたくなり、例によって Amazon でワンクリックショッピングを敢行、さっそくデリバリーされた(笑)







「Only Human」 というタイトルのアルバム。

途中、気が抜けちゃうような箇所もありますが、トータルで見れば佳作と言える作品に仕上がっちょります。

ビバルディの 「四季」 をギターで弾いちゃうのもあり、さすが 「クラシカル」 か ヾ(^^;



でまぁ、それからドイツ関連のロック系をキーワードに、ネットをうろうろしてたんですが、ウリ様がマイケル・シェンカーやジャック・ブルースとコラボしたという、好きモンにはたまらんアルバムもあるんですネ。

「Live at the Castle Donington」 というアルバムですが、こんなんもあるなんて全然知らなかった。



曲も UFO やクリームのチューンも演っているようで、今度酔っぱらったら堂々ワンクリックショッピング敢行の予定(笑)