ZureZure 日記

瑣末な日常を Zure た視線でやぶにらみ

今日の食欲

子供たちが春休みとなった。

女房の親父さんの体調が、近頃あんまり思わしくないらしい。



というワケで、女 3 人は女房の里へ行くことに。



(寿)



しかし、子供たちは子供たちで部活があるとか、友だちと遊びに行く約束してるとか、そんなんがあり、一週間で帰ってくる。

女房は 2 日ほど遅れて帰ってくることに。



つかの間のひとり。

有意義に使わねばならん、と思っていても仕事がちょこちょこ忙しく、結局はメシやら洗濯やらもせねばならず、面倒なダケ(笑)



昨日の夜。

会社から帰ってきて、日々荒漠が進行していくオレの家。

散乱した新聞とか、脱ぎっぱなしのスウェットやら T シャツ。

腐敗し、かつ発酵しつつある、洗ってない食器類。



が、そんなんは一度にまとめて、子供らが帰ってくる前日にやればいいのである。

そう割り切ったオレは、とりあえずフロに入り、ビールを呑んだ。

「ニッポンプレミアム」は、やはりウマい(幸)



次に「カクテルパートナー・ジントニック」を呑む。

すっきりさわやかで、これまたウマい(福)



ここでヤメておくべきだった。

しかしちょい酔いがまわり、早くも正常な判断力を失いつつあったオレは、次の瞬間「フォアローゼス」のボトルを握りしめていた。

とりあえずロックで。



「うまひ」



(絶頂)



晩メシ用に買っておいた各種冷凍食品やらお総菜の類をむさぼりつつ、 DVD 見ながらどんどんどんどんフォアロゼは消費され、ボトル 2/3 がなくなったところで、オレも事切れた。



ハッ!



目が覚めたのは明け方だった(爆)



子供らが帰ってくるのは今日なのである(笑)



この荒みきった家の中を見られでもした日にゃぁ



「ママ、スゴかったヨ、おうち… んもう、スゲェ散らかってるしさぁ… 食器なんか全然洗ってないから、何か腐ってるみたいだしさー ゴミも出してないみたいで、玄関に置きっぱなしだし」



と女房にご注進に及ぶこと必定である(怖)



オレは呑みすぎてがんがんする頭を抱えつつ、とりあえず食器を食洗機にブチ込み、ゴミをまとめ、新聞を束ねつつ、掃除機かけつつ、タバコの吸い殻捨てつつ、雨戸あけて空気入れ替えて…

何とか終了。

ホッとしたオレ。



そんなオレの視線の向こうには、光り輝くチキンラーメンが。



オレの場合。

こうやって、許容量を超えた酒を飲んでしまった場合、翌朝



ものスゴく腹が減る



(笑)



自分でも不思議なのだが、酒呑み過ぎて戻してしまっても、胃の中がカラになり、吐き気もおさまったところで



猛然と腹が減る



(爆)



喰っちゃいましたヨ、チキンラーメン

呑み過ぎて頭痛い、っつうのに(笑)



しかしこんな程度でおさまるオレの食欲ではなかった。

会社最寄り駅についた途端、目に入った駅前マクドナルド。



ま、まさか…

天使のオレが 「いーかげんにしろヨ! チキンラーメン喰ったんダロ!」 と叫ぶが、悪魔のオレ、いやコアのオレ(笑)が、



「いーじゃないっすかー 駅前マックって、新装開店してから、まだ入ったコトないじゃん。どんなんだか見たいじゃん。入っちゃえ、入っちゃえ!」



と、いとも簡単に天使のオレを押さえ込み、ピンフォール勝ち。

朝の定番である 「ソーセージエッグマフィンセット」 完食。



心も腹も豊かになったオレは、口笛でも吹きそうな勢いで会社への道をスキップする。



11 時 30 分。

「オレは早番」と勝手に決めているオレは、時計の針が 11:30 を正しく刺した瞬間、会社の上のフロアにある社員食堂に突撃。



「朝っから常人の倍、喰っちゃったからなぁ…(笑) ひ、昼は簡単に済まそう…」



「特製 塩カルビどんぶり 中華スープ付き」



悪魔、いやコアのオレが天使のオレを殴り倒し、オレは気がつくと塩カルビどんぶりを注文していた。



しかも大盛り



orz



しかし出されたどんぶりには、メインであるはずの塩カルビの量が少ない。

「あんだヨォ… 大盛りつったらメシだけかヨ… ちったー塩カルビも多めに入れるとかしろヨ」

とコアのオレが吶喊し、ふと目に入った「鶏の唐揚げ」



もはや天使のオレは一言も発するコトなく、コアのオレが何のためらいもなく唐揚げを取り、さらにハムサラダもトレーに乗せ…



完食



が、思ったほどの満足感が得られない。

食後、社内のコンビニでブルーベリーヨーグルト購入、完食。

さらに 3 時のオヤツ用に「プチチーズケーキ」と「ダブルドーナツ」購入。



大丈夫か、オレ…



(吐血)